海外FXで安心できる業者選び

海外FXで安心して取引するために

海外FXは、国内FXよりもハイレバレッジ取引を行うことができるのが最大の魅力です。

また国内業者と違いレバレッジ規制がなくハイレバレッジ取引で証拠金以上損失が出ても口座残高が0になるゼロカットサービスも高い人気の一因となっています。

ハイレバレッジ取引はキチンと資金管理を行った上で上手く利用出来れば大きく資産を増やすことが可能です。

ゼロカットシステム採用業者ではスイスフランショックなどで口座残高以上マイナスになっても顧客が支払う必要はありません。

また入金ボーナスなど国内FX業者にはないサービスも充実しています。

しかし一方で、ブローカーによっては出金拒否や顧客資金の持ち逃げなど、海外FX業者とのトラブルが報告されることも少なくありません。

海外FXで口座開設してFX取引する場合、業者選びが非常に重要になってきます。

海外FX業者についての情報は、「金融のプロによる海外FX非営利」に詳しく記載されています。「金融のプロによる海外FX非営利」は水田忠志氏によって運営され、読者から寄せられた海外FX業者とのトラブルなどが報告されています。

こちらの記事でも、安全性、信頼性の高い優良FX業者を選ぶためのヒントを解説していきます。

海外FXブローカーの信頼性

海外FXブローカーの信頼性を確かめるには、どういったところに注意すればよいでしょうか?

まず判断要素としてライセンスの取得数が挙げられます。

世界各国では、FXを含む金融業を営むために、その国の金融監督機関の認可を受けなくてはいけません。

ライセンス取得数が多ければ、その分信頼性も増すのです。

金融ライセンス(金融免許)を取得していれば、通常、FXブローカーのウェブサイトに登録先の金融監督機関と認可番号が記載されているので安心です。

金融ライセンスを取得している海外FX業者で出金トラブルにあった場合、業者側に落ち度があった場合は、ライセンス取得元の機関や紛争解決機関に相談すると良いでしょう。

CySECなどの金融ライセンスは出金トラブルや違反者に非常に厳しいので、免許停止等の措置が取られる可能性があります。

次に、ブローカーの運営期間の長さです。

新興FX業者や金融免許がないFX業者は詐欺業者の可能性もありますので、FX口座開設には十分注意しましょう。

また頻繁に業者名を変更するような業者も注意すべきでしょう。

最近ではGallant Capital Markets社がMilton Marketsに社名変更して運営されていましたが、4/14付で倒産しました。

ただ頻繁に社名変更行う場合は、出金拒否や詐欺業者など悪評が広まった場合など何かしら理由がありますので注意しましょう。

このほか、海外FX業者の資本力や実績も安心して利用できる判断材料になります。

例えば世界的な金融グループの海外FX業者などはセキュリティやサポート、保障面でサービスが行き届いていることが多く、信頼性が高く安心といえます。

さらに安全性を見極めるために

安全性を見極めるためには、海外FX会社が登録している金融監督機関を知ることが重要です。

日本に進出している海外FX会社の登録先の国家・機関で多いのが、

1 キプロス証券取引委員会(CySEC)
2 モーリシャス共和国金融庁 (FSC)
3 オーストラリア証券投資委員会(ASIC)
4 英国領ヴァージン島(BVI)
などです。

こういったライセンスを持っていると、安全性に対して一定の評価ができます。

特にCySECのライセンスは、キプロスがEUに加入したためEU加盟国で行われている金融規制にのっとって審査されているため、安全性が高いといえるのです。

また、英国FSAライセンスも厳格な審査で取得が難しいとされており、信頼できます。
ライセンスは国ごとに審査基準が違うと書きましたが『信託保全』が基準に入っていると、なおよいでしょう。

信託保全とは、ブローカーが銀行と信託契約を結び、銀行に顧客資産を預けて管理する方法のことです。

日本では信託保全が義務化されているのですが、海外FXでは業者ごとの判断で行われているのです。

その影響か、ほとんどのブローカーが、会社の運営費と顧客資産を分けて管理する分別管理をするに留まっています。

そのため、審査基準に信託保全が入っているライセンスを持っているとより安全です。

また、サポート体制が充実していることも重要です。

日本語の対応が十分か、メールやチャットの返信はスムーズか、どの時間でもFX取引できるかなど、きちんと調べましょう。

他にも、システムの安定性も確認が必要になります。

取引の中では、経済指標発表や激しい相場変動があったとき、サーバーダウンを起こしてしまう危険性があります。

指標時のレートが他のFX業者と違わないか、レート更新速度が他のFX業者より遅くないか、複数のFX業者のレートを並べて見るだけで取引しなくても確認出来ますので、予め確認しておくと良いでしょう。

また海外FXでは出金拒否や業者トラブルが多いというのが実状です。

MXTradeは事前のアナウンスもなく日本からwebサイトへのアクセスが出来なくなりました。

入金して取引していた人は泣き寝入りになったそうです。

出金拒否などの業者情報を知るには、「金融のプロによる海外FX非営利」や海外のレビューサイトのForex Peace Armyを参考にすると良いでしょう。

「金融のプロによる海外FX非営利」は少しネガティブ寄りの記事が多いですが、ユーザーからの出金拒否情報などが報告され随時アップされています。

トレードで勝つ方法などが注目されがちですが、海外FX業者でトレードを始める場合は、まずは取引する海外FX業者が安心してお金を預けられるくらい信頼出来るのか?信託保全があるか、金融ライセンスを所有しているのか、出金トラブルが報告されていないかなど、しっかりと調査し取引環境を確保するところがスタートラインです。

ブローカー情報を調べる

海外FXはブローカーが多くありますので「どこを使ったらいいかわからない」という方は
FOREX MAGNATES(フォレックス・マグネイト社)など、FX専門家のウェブサイトを利用することをおすすめします。

フォレックス・マグネイト社のウェブサイトでは、世界各国のFX規制情報や、FX取引業者の動向などをまとめているのです。

また、日本金融庁のウェブサイトでも、危険な無登録業者の情報を随時公開しています。

ただ金融庁の警告リストは日本で金融ライセンスを取得していない海外FX業者はほとんど載っていますので、載っているからと言って必ず危険というわけではありません。

海外FXは安全性、信頼性のある業者選びが重要

海外FXはレバレッジの高さやボーナスなど魅力的な面が目立ちますが、当然ながらリスクも存在します。

そのため、海外FX業者を選ぶ際には多くの確認を行い、少しでもリスクを回避することが重要です。

海外FX業者を選ぶ確認事項としまして、まずは金融ライセンスの有無を確認しましょう。

キプロス証券取引委員会(CySEC)や英国FCAなど、審査基準の厳しいとされる国際的金融監督機関のライセンスを持っていれば、信頼がおけるブローカーといえます。

海外FX業者では資本金の多さや信託保全など顧客の資産を守るための対策が十分かどうかもチェックポイントです。

また海外FX業者を選ぶ上では、情報開示に積極的かどうなど透明性についても重要視しましょう。

このほかブローカーの運営期間や実績、サポート体制やシステムの安定性も確認すれば、詐欺業者や出金拒否トラブルを回避することが出来るので安心です。

それでも海外FX業者で取引する際は、万が一の出金トラブルに備えリスク分散して、複数の業者で取引しましょう。

海外FXを利用する場合はしっかりと情報収集し、自分でブローカーの安全性、信頼性を見極めた上で、キチンと資金管理を行いFX取引しましょう。

海外FXオススメ

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座