海外FXの年齢制限

いざ海外FX取引(FX外国為替証拠金取引)を始めようと思って、ご自身が高齢だったり若かったりした時、FX口座開設が可能かどうかイマイチわかりません。いろいろなところで様々な口座開設条件に関する情報が飛びかっています。本当のところはどうなのでしょうか?本日はそのことについて徹底解説していきたいと思います。

 

海外FXの年齢制限

・基本的にない

海外FXに基本的に年齢制限はありません。

金融先物取引業協会のガイドラインでは投資経験があろうとなかろうと、無職でも、主婦でも、学生でも、日本国籍でなくても、資産と目的さえ合致すれば誰でも個人の意思でFX会社にFX口座を開設することが可能です。

 

とはいうものの、日本国内のFXは20歳以上でないと取引口座を作れないということが一般的です。そして大人にサービスを提供するという点で、18~20歳くらいにならないと口座開設を認めないという企業も多いことも事実です。

 

18歳以上の未成年が国内で口座を開くための口座開設条件は親権者の同意、その証券会社の口座の保有や、法定代理人であることを証する書面(親権者全員と未成年者ご本人の続柄が記載された戸籍謄本(抄本)または住民票)、及び法定代理人の本人確認書類(住民票以外)を提出する必要があるなど、細かな規制と身分証明書など個人情報を記した書類が必要です。このようにつまり身分証明証が満足にまだない18歳以下の未成年者が全く自分の意思のみで新規口座開設することはほぼ不可能です。

 

いずれの場合でも審査基準として注意しなければならないのは、銀行口座と収入の有無となるでしょう。それが審査の一番のチェック項目となるからです。次は職業があるかどうかとなってきます。

 

つまり基本的にはありませんが事実上未成年が証券口座を開設することは難しくなってきます。

 

 ・業者によっては未成年のトレードを禁止

上で述べた通り、日本では成人の年齢が20歳のため、未成年のトレードを禁止しているところがほとんどです。

そして意外かもしれませんが国内FX業者と比べて海外FX業者の方が圧倒的に18歳以上で口座が作れる場合が多いのです。

それもそのはずで、アメリカの業者の場合は18歳以上であれば大丈夫なようです。アメリカの成人年齢は18歳なので、アメリカの法律ではたとえ日本で18歳だとしても、「会社員」でなくてもそれは「大人」と考えられるのです。

では17歳以下はどうなるのでしょうか?

基本的にはないと書きましたが、現実的に考えて18歳未満となると非常に難しくなってくると言うのが実際のところでしょう。ただ親の同意書さえあればできるところはできるのですが、ローリスクな取引のみ可能で、海外FXで一番の魅力となるハイレバレッジを効かせた投資ができないなどの条件付となってしまうことが一般的なようです。

 

 ・レバレッジについて

レバレッジとはどういうことかというと、FXでは取引会社に自分のお金を取引証拠金としてFX口座に預け入れることができるのですが、その証拠金の何倍かの資金で取引をすることができます。これがレバレッジと言いう取引方法です。例えば10万円証拠金を預けいれてレバレッジが400倍だとしたならば4000万円の取引ができることになります。

 

もちろん取引額が多ければ多いほどリスクは大きいですが、チャンスにもなります。このレバレッジが日本FX業者だと金融庁からの規定もあり、せいぜい25倍程度でレバレッジ規制がかかってしまうのですが、海外FXだと先ほど述べた400倍くらいが相場で、中にはレバレッジ1000倍!などの国内業者が真似できないようなハイレバレッジを提供する業者もあるほどです。

 

しかしこれは逆のケースも然りで大きな額で取引できるということは、大きな損失をする可能性があるということでもあるのです。

 

レバレッジをかけてナンピンしようとし、それが失敗してしまったとしたら、大きな損失をし、証拠金が維持できなくなる可能性もあります。それによりマージンコールや、ついには強制ロスカットの可能性まで出てきてしまいます。

 

このような海外FXの醍醐味でもあるレバレッジ取り引きの魅力が半減、それ以上になくなってしまいます。

 

一部の恵まれた人を除いて、未成年からFXを始めようとすると苦労するのはやはり資金面です。FX証券会社の査証はもちろん、ハイレバレッジを効かせられる海外FXを利用するにおいてもある程度の資本金は必要となるからです。いくらレバレッジ率が高くても金融資産が少なかったら倍にしても少しの額にしかならないので満足いく結果にならないことが多いのです。つまり資本金が少なければ少ないほどFXでは不利になってしまうのです。

 

・既婚者は

ただしたとえ国内FX業者であっても17歳以下が自分の意思でFX口座を開設する方法もあります。民法753条によれば「未成年者が婚姻をしたときは、これによって成年に達したものとみなす」とあります。そして日本では16歳の女性が結婚をすることは許されているので、結婚してしまえば、口座を作れるという会社もあるそうです。このような隠し穴をすり抜けるようにする場合はFX会社比較を一度してみる必要があります。

 

・高齢者

逆に基本的には年齢制限がないということを前提として、高齢者の場合はどうなるのでしょうか?口座審査はFX会社ごとのサイトによってまちまちなのですが、一般的には75~80歳というところが多いようです。いずれの場合も「信用取引」という部分が引っかかる場合が多いみたいですね。

 

まとめ

以上のように基本的には年齢制限なく作れるという建前はあるのですが、それはそれぞれの証券会社によるそうです。

 

この記事を読んでいてまだ17歳以下で全くの初心者だという方はまずは無理してどうにかしてFXトレードを始めようというよりも、今はバイトなどをして資金ためをしながら、一人前のFXトレーダーになるためにデモトレードで経験を積んでおくことをお勧めします。

 

例えばたとえデモトレードといってもFXコンテストなどがあり、中には上位入賞者、成績優秀者には、景品も出るものもあるみたいです。

 

そしてその中でも海外旅行券や車一台など通常のFXに遜色劣らない景品もあるほどです。ただ多くの場合はデモ取引にはスプレッドなどの取引手数料は含まれませんので注意が必要です。

 

まだ未成年の方はこれをモチベーションに、そして未来の勉強のために是非オススメします。

 

海外FXオススメ

コメント欄

コメント

  1. あいうえお より:

    個人的にはローリスクで構わないので17歳以下でfx可能な会社を紹介して欲しかったです、、、、

    1. 海外FXキラー より:

      あいうえおさん、コメントありがとうございます。
      お力になれず申し訳ありません。

コメントを残す

*

海外FX口座