海外FXはスマホアプリで取引可能

海外FX スマホ

海外FXならスマホからも取引できる

FX口座開設方法を調べて、海外FXを始めようと思ったけれど、そもそもパソコンを使うのが苦手、もしくはそもそも持ってないという方もいらっしゃると思います。そのような方でもPCと比較すると気軽に始めれるのがスマートフォンを使ったFX取引方法です。スマートフォンならば今や老若男女誰もが使っていますし、指一本でタップするだけで売買が可能である点も魅力と言えるでしょう。

・スマホでFX取引をする利点

そして今までPCでしか取引されてこなかった方にも是非取引でスマホやタブレット端末を活用し口座開設されることをおすすめします。よほどのレバレッジをきさせた長期投資をされる方は関係のない話かもしれませんが、たいていのFXトレーダーの方は通貨取引は一刻一秒を争います。今まで大丈夫だったのにもかかわらず次の瞬間に大暴落、という可能性も多々あり得る世界です。特にショートポジションを取る方にはのっぴきならないでしょう。

そのような環境の中でPCだけだとたとえラップトップコンピューターだとしてもどこかのWi-fiの使えるカフェなどを見つけて、PCを開いて、という作業をしなければならないのですが、先にも述べたとうり一刻一秒を争う時それでは手遅れな場合もあります。

スマートフォンだからといって同じ取引口座ならばサービスやサポートが変わるわけではなく、入金方法、出金方法なども画面の見た目は多少違いますが、トレード方法が大きく変わるわけではありません。どの円口座から米ドル購入など通貨ペアでも可能です。

取引履歴やろうそくチャート画面もちゃんと見ることができたり、指値を決めたりという機能も使えたりします。

そんな時スマホやモバイル端末で取引ができたなら指一本でどこでもサクサク取引ができるからです。海外FXならばスプレッドなどの取引手数料も狭いですし、スキャルピングの手法をとる方は是非その導入をおすすめします。
逆に海外のFXトレードだからこそスマホでやることに意味があると言えるのかもしれません。

FXには大きく分けて二つの取引システムがありDD(ディーリングデスク)方式とNDD(ノンディーリングデスク)方式です。国内FX業者では主にDD方式が多くこれは顧客の注文が、そのまま為替市場に出されているわけではありません。

一方NDD方式はディーラーを介さず市場と直結してトレードでき、海外FX企業に多いです。

問題はDD方式が顧客が損をすればするほど業者が儲かる仕組みになっているため、スキャルピング(短期売買による取引スタイル)で顧客がじゃんじゃん利益を設けられては困ってしまうわけです。

このようなことから海外での取引は自動的に行われることが多いため、スマホを用いたスピーディーな取引が非常にやりやすいのです。

逆に、そのような理由から国内FX口座で取引をする場合は非常に残念なことに会社のリスクが増えるためスキャルピング禁止を規約に明記しています。なので短期売買でスピーディーのトレードスタイルをしているとスキャルピングトレードとみなされ、凍結されてしまう可能性もあります。どうやら短期売買を志す方は海外FXよりほかないみたいですね。

・海外FX業者ではMT4が利用可能

中でもスマホでFX取引を進める場合便利でおすすめしたいのがMetaQuotesが発信しているアプリMetaTrader4(MT4)です。業者がMT4を使っていてライブ口座ならすぐに取引を始めることができます。

・MT4はスマホアプリ版がある

MT4は利用者数世界ナンバーワンのFX取引プラットフォームです。
MT4のモバイル版は正式にはMetaTrader4Mobileと言います。もちろんタブレットでもしよう可能です。

・cTraderもスマホから利用可能

日本でも利用者がどんどん増えているFX取引プラットフォームです。
cTraderはロンドンのSpotware Systems Ltdが開発したFXアプリです。

ECN環境で実行されており、取引にFX業者が直接関わらないので、つまり約定拒否がありません。よって約定力もよくなるので、スキャルピングを中心に取引される方はこちらで取引されることをおすすめします。透明性もMT4より高いという口コミや評価が見られます。

多くの海外FX会社がこのプラットフォームを採用し始めています。cTraderのスマホ版はcTrader for iOS/Androidです。

cTraderを使用する利点は一括で決済可能が可能な点です。MT4の場合はシングルタスクと言って一つの注文がなされてから、次の注文というふうに進んでいくのですが、cTraderは一斉に注文できます。これによりスリッページの発生を抑えることができるので、より狙いどうりの取引が可能になります。

さらにMT4と比べた場合板情報が観れるというのも大きな利点といえるでしょう。これは大口注文をするときに非常に便利と言えます。VWAP価格(出来高加重平均価格)が発注以前にリアルタイムで確認でき非常に便利です。

一方透明性を重視しているためバイナリーオプションは使用不可能ということです。

MT4アプリ利用可能なOS

基本的にはMT4はすべてのプラットフォームに対応しています。しかしWindowsのものと比べてMac版の方は多少機能が制限されているそうです。

cTraderアプリ利用可能なOS

cTraderもすべてのプラットフォームに対応していますが、Macには対応しているのみで推奨はしていません。しかしモバイルであればiPhoneも推奨しています。

しかしどちらもサイトを通じたWebアプリケーションがあるので、どのようなプラットフォームであった年ても全く使えないということはなさそうです。ダウンロード方法などがわからなくてもしよう可能です。Webアプリケーションはインストールの必要性さえないのでもっとも手軽かもしれませんね。

このようなモバイルアプリの対応FX会社ですが、信託保全をきちんとしていて金融ライセンスを取っているような大手のしっかりとした会社、例えばランドFXやタイタンFXやエックスエムなどでFX口座を開いたならばどこでも大抵は使えます。逆に詐欺業者を避ける意味でもこのような会社を選らんだ方が賢い選択といえるでしょう。

まとめ

このように現在のFX取引はただ単にスマホでできるということにとどまらず、むしろスマホを有効活用したスピーディーな取引は一つの魅力といえるでしょう。今や多くの証券会社がモバイル対応をしていますし、若い世代の方はPCが使えずすべてスマホでネット生活をしているという話もきくので今後こちらの方が主流になってくるとさえいえるかもしれません。今までパソコンだけ使って取引していた方もこれを機にスマホを使った取引を検討、実施してみてはいかがでしょうか?

海外FXオススメ

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座