海外FXの魅力でもあるハイレバレッジ

海外FX ハイレバレッジ

海外FXハイレバレッジ

・ハイレバレッジとは

国内FX業者と比較して海外FX口座でのFXトレードの魅力的な取引方法としてまず一番に上がるのは「ハイレバレッジ」でしょう。

さて、レバレッジはFX取引を進めていく中で非常に重要な概念となってきますが、レバレッジとはそもそもなんなのでしょうか?

FXでは取引会社に自分のお金を取引証拠金としてFX口座に預け入れることができるのですが、その証拠金の何倍かの資金で取引をすることができます。

これをレバレッジと言います。例えば10万円証拠金を預けいれてレバレッジが400倍だとしたならば4000万円の取引ができることになります。

このようなトレード方法において、もちろん取引額が多ければ多いほどリスクは大きくなるのですが、その分大きなチャンスにもなります。

・国内業者とは比べもににならない

このレバレッジが日本国内FX業者だとせいぜい25倍程度でレバレッジ規制がかかってしまうのですが、海外FXだと先ほど述べた400倍くらいが相場で、中には最大レバレッジ1000倍などの国内業者が真似できないようなハイレバレッジを提供する業者もあるほどです。

すごい金利ですね。

・追証なし

さらに海外FXのもう一つの魅力として追証なしということが挙げられます。

定義的には委託証拠金率が最低保証金維持率を下回った時に追加で保証金をFX口座に預け入れなければならないことを指します。
下の0カットシステムとしばしば同じように使われる言葉です。

・ゼロカットシステム

ゼロカット制度(追証カット制度)とは、為替の急激な変化に対してFX業者の強制ロスカットが間に合わず、損失分を顧客に請求することを避ける仕組み、FXサービスです。

通常の損切りでは間に合わないケースではこのようになります。

普通のFXならばどのような大損害をしても財産がマイナスになってしまうことはないのですが、この仕組みがないせいで借金をしてしまうケースもあり得てしまうのです。
これもFXトレーダーにとってリスク管理の点においても歓迎される制度となります。

追証がないと安心して取引できるのでストレスも軽減されます。
日本業者では追証があるところが多いのですが、反対に海外FX業者はゼロカットシステムを採用していて、FXトレーダーが安心してトレードに集中できます。

ハイレバレッジ運用

・資金管理

FXの基本的でありながら最も大切ことの一つであるのが資金管理です。

もし無限にトレード口座に資金があるのなら、管理などしなくても大丈夫なのですが、FXは全てご自身の資本金に元づいて行われます。
ハイレバレッジは上で述べた通り海外FXの魅力であるのですが、それも十分な資本金があって初めて機能します。

さらに資本金が少ないということは取引口座に証拠金の追加入金しなければならないマージンコールさらにはFX業者があらかじめ設定した必要証拠金維持率を下回るとなされる強制ロスカットの被害を被りやすくなることも意味します。

常に資金のチェックを怠らないようにするという心がけから、許容損失額からロット数を計算するなどの少しテクニカルなことまでしっかりと抑えておきましょう。

・リスク管理

リスク管理をして損をしないようにするのはFXで勝ち進めていくために大切な心構えです。
むしろこれがないと勝ち続けていくことは難しいと言えるでしょう。

特設サイトを設けて口座開設ボーナス、入金ボーナスキャンペーンで釣ろうとする詐欺業者に引っかからないのはもちろん、まずFX会社の口座開設時に米ドル円の取引をするのか円口座を基本ポジションもしくはショートポジションにするのか、などの大体の方向性を決めて、スプレッド幅などの取引手数料、STP取引なのかECN取引なのか、などの基本的なFXファンドの情報を確認するところから損をするかどうかというのが分かれてきます。

そしてリスク管理で最も重要なことは、ハイリスクで攻めて大きく儲けようとするのではなく、ローリスクで平均して負けないようにすることでしょう。
このようにFXに必勝法と呼べるものはありませんが、注意すべきことをしっかりと注意し、自分なりの投資方を見るけることが、遠回りに見えて、一番勝てるFXトレーダーになる近道といえるでしょう。

重要指標発表時に稼ぐ

・数十pipsは動く

例えば主要経済指標発表カレンダーなどがオンラインなどでも上がっていますが、このタイミングでそれぞれの通貨の為替市場になんらかの変化が起こる可能性は極めて高いです。

毎回これらのタイミングで数十pipsは動くと見ておいて良いでしょう。

これらのタイミングにタイミングよく発注をかければ大きな利益を得ることができます。
FXトレーダーならば必須チェックのカレンダーです。

・ハイレバレッジなら大きな利益

重要指標を元にどちらに動くか、テクニカル分析なども用いながらトレード手法を使い戦略的に考え、自分なりに確信できたのならハイレバレッジの取引にチャレンジすべきでしょう。
そこで読み通りにトレンドチャートが動いた場合大きな利益を手に入れることができます。

・読みが外れても残高0

このような重要指標発表時に例えば運が悪く読みが逆の方向へ動いてしまったとしましょう。この場合海外FXなら0カット制度が働くのでどんなに損をしても口座残高0。

トレーダーが借金を追うということはまずあり得ません。
なのでハイレバレッジの取引にチャレンジしやすいと言うのもメリットとなります。

・国内業者なら借金地獄

しかし一方で日本国内業者の国内口座は追証なし、0カットなしとなるので大負けしたらその分だけどんどん証券会社から請求を受け借金まみれとなってしまします。
このように基本的なところから取引コストが全く変わってきてしまいます。

海外FX業者のレバレッジ一覧表

最後に代表的なFX会社のレバレッジ率を紹介いたします。

XM(エックスエム) :  1~888倍
ThinkForex(シンク フォレックス)、FXDD、FxPro(エフエックス プロ)、 :  1~500倍
TradersTrust(トレーダーズトラスト):  100~500倍

となります。

海外FXといえばXMが真っ先に上がりますが、それはレバレッジ率がこの中で最大の888倍となっていることも無関係ではないでしょう。
他に特筆すべきはトレーダーズトラストで最低でもレート100倍から始めることができるので、小学投資でハイレバレッジを掛けたい方にはぴったりと言えるでしょう。

まとめ

FXブローカーからFX口座開設の際、まず注目すべき点となるのがレバレッジ率です。

なぜならばこのために海外FXをやっているようなものだからです。

しかし一方で、気をつけなければならないことはたくさんあります。

スプレッドの狭さ、約定スピード、スキャルピング取引、FX自動売買トレードなどの取引システム、人をベースにしないECN口座、手数料無料、入金方法、出金方法、対応銀行口座、金融ライセンスを保有しているかどうか、信託保全をしているかどうか、日本語口座開設サポートや入金ボーナスキャンペーンなど挙げればキリがありません。

デモ口座である程度経験を積んだ後は、まず理想のレバレッジ率を見つつ、他の要素も見て多角的にFX会社を見ていきましょう。

海外FXオススメ

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座