海外FX口座のクレジットカードを使った入出金

海外FXクレジットカード

海外FX口座への入金

FXは証拠金がなければ取引が始まりません。その証拠金を作るのが入出金という行為です。
一番単純な国内銀行からの銀行入金以外に、海外FX口座は国内FX会社の国内口座と比べても出入金のやり方が豊富にあります。

しかしそれ上の複雑さも出てくるのが事実としてあります。
本記事ではクレジットカードを使った入出金について書いていきたいと思います。

・クレジットカードが使える

クレジットカードは商品購入の際に、一時的にカード会社からお金を借りて、後で(月末など)決済口座から支払うことができるカードです。
そのカードのポイント還元のために使っている人も多いと思います。

例えばそのポイントを使ってANAマイルなどを貯めることができたり、最近は比較的作りやすい楽天カードも人気のようです。
具体的な商品だけではなくサービスの購入にも使用でき、Webサービスの一形態であるネットショッピング、またはオンライン海外FXサイトでの入金にはクレジットカードが使えます。

カード利用スタイルに合わせた、ゴールドカードやプラチナカードなどの年会費有料の高価なクレジットカードもあり、これらはポイント還元率が高めですが、最近は年会費無料のカードも多くあります。
さて、クレジットカードを作る際には、メインカードおすすめ比較などの記事を見ると思います。

しかし海外FX口座振込やFXプリペイドカードとしてMasterCardは使えなくなってしまいました。
MasterCardは国際ブランドの中でも審査が比較的緩い会社であったため多くの海外FX会社がMasterCardのデビットカードを発行していたのですが、これを機に使用不可となってしまいました。

海外FXで国内で一番利用者が多いとされるXMのXMカードもマスターカードであったため、料ができなくなってしまいました。

海外FXトレーダーがFX取引をするにあたって欠かせないオンライン国際決済サービスであったネッテラーもMasterCardだったのですが、FXサービスを終了してしまい、海外FXでのプリペードカードとしては使えなくなってしまいました。

なのでこれから海外FXトレードを志望する方でまだカードを作っていない方はこれからは海外FX決済方法としてのMasterCardは避けた方が無難と言えます。
JCBも日本のカードなので、海外では普及率がイマイチです。そのような背景からおすすめランキングをつけるならば、Visaカードを利用カードとするのが現在おすすめとなります。

・口座名義と同一名義であること

新規口座登録時に多くの場合クレジットカードも登録するのですが、クレジットカードと口座の名義が一緒でなくてはなりません。これはセキュリティーのためです。
さらに海外FXでは入金方法と出金方法が同一でなくてはいけないというルールがあります。

マネー・ローンダリングを防止することや入金方法と出金方法の名義の整合性、キャッシュアドバンスの防止が主な理由です。

・反映が早い

クレジットカード入金ですが、ほとんどの業者が即時入金とサイトに記入しています。
入金手順もPCの入金方法一覧画面から入り、ガイドに沿ってカード情報などの必要事項を入力するだけなので簡単です。
それはある程度信用しても良く、遅くても一時間以内にFX口座に入金処理が反映されるようです。

・手数料もかからない

入金時の手数料はFXブローカーごとに様々に変わってきますが基本的には無料です。
この入金時の手数料だけとってもFX業者を選ぶ際の重要な要素となってくるのですが、取引手数料に加え入金手数料が無料の海外FX業者が増えてきているようです。

しかしクレジットカードによっては手数料が変わってくる場合があります。
だいたい初回入金が無料なところが多いのですが、送金手数料1.0%-2.4%ほどで見ておいて大丈夫でしょう。

クレジットカードへの出金

・ショッピング枠のキャンセル扱い

さて、クレジットカードはクレジットカード入金はもちろん決済方法として出金も可能です
クレジットカード出金と聞くと不思議な感じがしますが海外FXでは普通に行われていることです。

しかしそれにはちょっとしたトリックがあります。
実はクレジットカードから入金した合計額と同様の額まで出金する場合、出金はクレジットカードに返金という形でなされます。

・入金額と同額までしか出金できない

そのような出金方法なので、もちろんクレジットカードではカード入金分と同額までの出金しかできません。

このことはしっかりと理解しておかないと出金したい時に出来なくて不要なパニックを起こす可能性があります。

またクレジットカード会社によってはキャンセル扱いが翌月、2ヶ月後など時期によって色々ことなって来るので、いつキャンセル分が戻って来るかどうかはご自身の申し込んでいるクレジット会社にそれぞれ問い合わせる必要があります。

Paypalも使用可能ですが、これも結局はクレジットカードベースの出金となるので、儲け分の出金とはなりません。注意しましょう。
おすすめ技としては入金額と同額の引き出しをクレジットでしておいて、海外銀行送金の出金額を最小に抑えるという方法です。

・儲けた分は海外銀行送金

さらにそういう訳なので、海外FXで儲けた資金は取引口座から国内銀行口座に海外銀行送金をしなければなりません。
そこには国内銀行送金と同様手数料がかかり、中継銀行手数料、受取銀行手数料、為替手数料など様々な手数料がかかってしまいます。

原則FX会社側が出金手数料を取ることはないのですが、このようなことから、手数料が多く発生してしまいます。
以前ならばネッテラーという便利で安価なWeb送金サービスがお得技として使えました。

ネッテラーはロンドン証券市場上場会社であるPaysafe(ペイセーフ)が運営する電子マネーでした。
簡単に言えばEwallet、オンラインウォレットのことであり、オンライン上で電子マネーを使って決済できる送金手段サービス、オンライン決済サービスの手段の一つとしてネッテラーがありました。

もちろん国や通貨を飛び越えて使える国際決済サービスともいえました。
送られてくるNETELLERカードというマスターカードのデビットカードでカード入金や、ATMから現金引き出しの機能もありました。

日本国内業社で言えば楽天EdyやSuicaやau WALLETと類似のサービスということができます。
海外FXトレーダーの取引先FX口座への入金方法としても、出金手段としても人気を集めており、取引方法のプロセスのうちに入れていた方も多かったのです。

海外企業でありながら日本語対応もしており、非常に使いやすい送金サービスでした。

しかし、2016年9月15日にネッテラーは日本におけるサービス終了のお知らせというものをだしました。実際はサービス自体が終了するというものではなかったのですが、日本国内からネッテラー経由でギャンブルゲーム業者(オンラインカジノ、ブックメーカー、オンラインポーカー、オンライン麻雀)などの取引システムへの入出金ができなくなりました。

そして今ではネッテラーで海外FX業者から出金をするのは極めて難しくなってしまいました。
これはAML(アンチマネーロンダリング)の法令遵守によるものです。

背景として、日本人ユーザーの増加、に伴う取引量の増加、セブン銀行ATM詐欺事件などから金融庁からの圧力が高まったとみられます。
日本の金融庁はなるべく国内FX業者の口座開設をして欲しいという思惑と、税金の管理を簡単にしたいと言う思惑があるため、現在多くの海外の金融関係の規制を進めています。

海外FXはハイレバレッジに加え、ECN口座やSTP口座などの自動取引を進めている会社が多く、スプレッドの狭さや、約定力の高さや取引の透明性に評価があるのですが、規制は続いています。
投資家にとっては迷惑な話ですが、今のところは海外銀行送金が現実的なようです。

まとめ

たかが出入金ですが、海外FXとなると色々な規制やルールがあり、思ったよりも上手くいかないという声をよく聞きます。

そしてよくよく考えればこのプロセスは非常に大事なことだと思い知らされます。
なぜならば入金しなければ取引が始まりませんし、トレード口座から銀行預金口座に実際に引き出さないと使えるお金とはならないからです。

このようなことから出入金がスムーズで安く、色々な選択肢がある会社が選ばれるようになるのです。

他ではビットコイン入金などが代価案として出てきていますが、まだまだ非常に浸透しているとは言えません。
様子をみつつ、一番お得な方法でFX口座に出金、入金していきましょう。

海外FXオススメ

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座