海外FXでのスキャルピング取引コスト

海外FXには様々な取引手法が存在します。
その中でも超短期売買を繰り返す「スキャルピング」は、FXトレーダーに人気の取引手法となっています。

しかし実際にスキャルピングで利益を上げるためには、それ相応の準備と知識が必要です。
そこで、この記事ではスキャルピングの情報や、スキャルピング向きの条件、取引環境などを徹底解説していきます。

・スキャルピングとは?

スキャルピングとはFXの取引手法の一つであり、1回のトレード時間が短いことにより沢山のチャンスを作る事が可能となります。
また、ポジションの保有時間が非常に短いことから、専業のトレーダーでなくても主婦やサラリーマンの方でも行えるので人気の取引手法となっています。

スキャルピングにはメリットがあれば、デメリットもあるのでご紹介していきます。

『スキャルピングのメリット』

① 短時間でも大きな利益を狙える

スキャルピングは超短期売買を繰り返す取引手法です。

そのため、結果が出るのも非常に早く、ハイレバレッジをきかせて連勝することにより短期間でも大きな利益を生む事が可能となります。

② 専業トレーダーじゃなくても大丈夫

ポジションを長期的に保有することのないスキャルピングは、取引時間に制限のあるサラリーマンや主婦の方でも行える取引手法となってます。

③ 短期的なレンジ相場で利益を出せる

スキャルピングは短期的なレンジ相場でも利益を出す事が可能です。

『スキャルピングのデメリット』

① コストが高くなる

海外FXブローカーは、トレーダーがFX取引を行なうごとに取引手数料(スプレッド)を徴収します。
そのため、超短期売買を繰り返すスキャルピングは他の取引手法よりも取引コストが高くなるのです。

② 負けも大きい

スキャルピングは、短期間で大きな利益を生むことができる反面、連敗すると多額の損失が発生してしまう可能性もあります。
負けを減らすためにも、損切りをうまく行なう事が重要です。

スキャルピングを行なうならば、利益ばかりに目を向けずリスクヘッジを行なうことも勝つためには必要となります。

・スキャルピングの由来

超短期売買を繰り返す取引手法であるスキャルピングですが、「インディアンの頭皮を剥ぐ風習」が名前の由来となっています。

元々、北米先住民(アメリカ・インディアン)は勝負に勝った戦利品としまして敵の頭の皮を剥ぎ取る風習があり、その「薄く頭皮を剥ぐ」=「薄く利鞘を剥ぐように稼ごうとする取引手法」という意味があるようです。

ちなみに、スキャルピング(Scalping)の「Scalp」とは、剥ぎ取った頭髪に付着している頭皮のことを指しています。

・禁止にしている業者もある

FX業者の中には、スキャルピングを禁止している業者も存在します。
しかし、OTC取引を採用している国内FX業者と比較すると、NDD方式の海外FX業者の場合は圧倒的に禁止している業者は少ないです。

ですが、それでもシステムトレードを利用したスキャルピングのサーバー負荷問題などがあるため、多くはないにしてもスキャルピングを禁止している海外業者はあります。

そのため、スキャルピング目的で新規FX口座開設を行なう際には注意が必要です。

・スキャルピングするなら海外業者

海外FX業者は、スキャルピングに最適な取引環境を私達FXトレーダーに提供してくれます。
では、海外FXがどのようにスキャルピングに最適なのかをご紹介していきます。

① ハイレバレッジで高利益

海外FX業者ならば、少ない投資資金でも「ハイレバレッジ」のおかげで投資資金の何百倍という額のFXトレードを行なう事ができます。
そのため、超短期売買を繰り返すスキャルピングでも大きな利益を出す事が可能となるのです。

また、国内FX業者の最大レバレッジは「25倍」となっていますので、上限レバレッジの大きい海外FX業者の方がスキャルピングには圧倒的有利な取引環境といえます。

② ゼロカットで安心

海外FXには、メリットの一つに「ゼロカット」があります。

ゼロカットは国内業者では採用していない海外業者独自のカットシステムであり、「口座の残高以上の損失は全て業者が負担する」といったシステム内容となっています。
ゼロカットがあることで、トレーダーは「借金」という存在におびえる事なく思いっきりのいい取引を行なうことができるのです。

・スキャルピング向きの条件

海外FXスキャルピングに適した取引環境を提供してくれます。

しかし、海外FX業者も今では多くの業者が日本人トレーダーへ向けたサービスを展開しており、特徴も一長一短ですので「どの業者を選べばいいか分からない」という方もいらっしゃるでしょう。
そこでこの項目では、最良の業者を選択できるよう「スキャルピング向きの条件」をご紹介していきます。

① スプレッドが狭い

超短期売買を行なうスキャルピングは、スプレッドの狭さが最も重要といえます。
スプレッドが広いと、せっかく取引で利益を出しても取引手数料で負けてしまう可能性さえも出てくるでしょう。

また、業者のスプレッドを比較する際には、最小スプレッドと平均スプレッドのどちらも確認する必要があるので注意が必要です。
極力、最小スプレッドと平均スプレッドに開きが無い業者を選択しましょう。

② ハイレバレッジ

スキャルピングはハイレバ取引を行なうことにより、短期間でも大きな利益を狙う事が可能となります。

そのため、利用する業者を選ぶ際には各業者のレバレッジ上限にも注目するといいでしょう。
海外FX業者のレバレッジ上限は数百倍~数千倍と幅広く設定されており、上限が大きければそれだけ選択肢も増えるので有利に取引を進めることができます。

しかし、あまりにもレバレッジ上限が大きい業者の場合、中には顧客を獲得するための「ただの宣伝文句」としてハイレバレッジを謳っている「詐欺業者」も存在するので注意が必要です。

業者選択時には、信頼性を加味することも忘れてはいけません。

・通貨ペアの特徴

通貨ペアにはそれぞれ値動きに特徴があり、スキャルピングに向いているものとそうでないものが存在します。
そこで、この項目では各通貨ペアの特徴をご紹介していきます。

① ドル円

ドル/円は、基本的に「安定した値動き」をするためスキャルピングには不向きとされています。

しかし、ドル/円には「スプレッドが狭い」というメリットもあるため、スキャルピング初心者の方はまずドル/円で取引を開始するのがおすすめです。
また、米国の経済指標発表などのイベントがある場合はドル/円でも値動きが激しくなる場合があるので、その時はドル/円でスキャルピングを行なう好機となります。

② ポンド円

ポンド/円はドル/円と比べて値動きが激しく、常に値動きがあるといっても過言ではないため、スキャルピングに向いている通貨といえるでしょう。

しかし、ポンド/円は儲けやすい反面スプレッドが広い(変動幅が広い)というデメリットも存在します。
そのため、ポンド/円で取引を行なう場合はよりスプレッドの狭い業者を利用し、取引コストを抑えなくてはいけません。

・スキャルピング始めるなら取引コストの少ない業者を選択

スキャルピングを行なうならば、何にしても取引コストのかからない業者を選択する事が重要となります。

取引の勝率は経験を積まなければ上がっていきませんが、スキャルピングに適した取引環境を整えることはスキャルピング初心者の方でも行うことは可能です。
まずは、海外FX業者の情報を集めることから始めてみましょう。

海外FXオススメ

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座