XMのクレジットカード入金と電信送金のやり方

XMのクレジットカード入金

他の海外FXブローカーと同様、 投資家から評判のよい海外FX XM(エックスエム)でもクレジットカード入金も手数料無料で可能となっています。
クレジットカードを使って入金できることの利点の一つとしてその入金スピードの速さがあります。

遅くても一時間以内にFX口座に入金処理が反映されるようです。

・ポイント

他にもクレジットカードを使って入金することでそのポイントを貯めることができるため、お得に入金することができます。
例えばANAやJALのカードを使って入金すればマイルが、楽天などのカードを使って入金すれば楽天ポイントなどを貯めることができます。

・カードブランド

カードブランドについてですが、MasterCardは国際ブランドの中でも審査が比較的緩い会社であったため多くの海外FX会社がMasterCardのデビットカードを発行していたのですが、使用不可としてしまった会社も多いようです。

しかしXMでは入金方法としてマスターカードが選択可能となっています。
しかし以前発行していたマスターカードブランドのXMカードは廃止されてしまいました。

JCBに関しては国内FX業者とは違い、残念ながらXMでは対応していません。
日本では利用者が多く有名なクレジットカードの会社ですが、基本的には日本国内企業であるため、XMには対応していません。

以上のことを考え、今XMでクレジットカード入金し海外FX取引をするならばVISAカードがオススメと言えます。

・クレジットカード入金のやり方

クレジットカード入金のやり方としてはまず、XMにログイン後、会員ページのホーム画面にいき、上のメニューから入金選択します。

XMのクレジットカード入金

その後、入金方法一覧のページに行くのでそこから「Credit/Debit Cards」を選択します。

XMのクレジットカード入金

その後クレジットカード支払い方法からクレジットカード会社を選択し、入金額(通貨は円) で入金金額を選択して入金をしていきます。
その後、カード名義、カード番号などのクレジットカード情報などを打ち込んでいきます。

XMクレカ入金

・クレジットカード入金時に注意したいこと

FXに限らずクレジットカードの使用で注意しなければならないのは「実際に銀行の口座残高がなくても入金可能」ということです。
これはクレジットカードがもともと「一時的にお金を借りて使う」という制度をとっていることに原因があり、その場でお金がなくても入金ができてしまいます。

もし銀行口座に十分な資金がないままクレジットカードで大きな額を入金してしまい、FX取引で負けてしまった場合、そのマイナス分がそのまま借金になります。

XMはゼロカット制度があるので、もし取引の負けがマイナス分になったとしてもそれが借金となることはありえないのですが、クレジットカードでこのような使い方をした場合、借金をしてしまう可能性があります。

このことを頭において、できるだけ口座残高以上のクレジットカード入金をしないようにしましょう。

XMのクレジットカード出金

・クレジットカード出金において気をつけなければいけないこと

また出金手数料などはかかりませんが、国内FX口座と同様クレジットカード出金においては入金ほど自由に行かないことは覚えておくべきでしょう。
なぜならば、「入金額と同額までしか出金できない」という決まりがあるからです。

これはクレジットカードからの出金が「ショッピング枠のキャンセル扱い」として扱われることに起因するからです。
クレジットカードを使用した分からマイナスされて月末に支払いということになるためこのようなことになります。

またクレジットカード会社によってはキャンセル扱いが翌月、2ヶ月後など時期によって色々ことなって来るので、いつキャンセル分が戻って来るかどうかはご自身の申し込んでいるクレジット会社にそれぞれ問い合わせる必要があります。

Paypalも使用可能ですが、これも結局はクレジットカードベースの出金となり、トレードでの儲け分のXM出金とはなりませんので注意しましょう。
おすすめ技としては入金額と同額の引き出しをクレジットでしておいて、海外銀行送金の出金額を最小に抑えるという方法があります。

XM電信送金での入金

・XMでの電信送金のやり方 –入金-

まずXMでログインをして、ホーム画面の上のメニューから「入金」を選択します。

XM電信送金

その後入金方法一覧のページに行ったら「Bank Wire Transfer」を選択し詳細情報を見ます。

XM電信送金

その後、円口座で送金する場合の銀行情報が表示されるのでそれを元に送金を各自出金手続きを進めていきます。

・XM電信送金(入金)の注意点

電信送金における注意点としてはまず200USドル以下の送金には振込手数料がかかってしまうとうことです。
しかしそれ以上の入金の場合は銀行側で発生した手数料は全てXMが負担するということになっています。

XM口座と同一名義の口座から振り込みをする必要があるということです。
また送金の際にご自身でお使いのXM取引口座のXM口座番号を含める必要も出てきます。

XM電信送金での出金

クレジットカードが入金額と同額分しか出金できないことを考えると、利益を得た場合銀行電信送金での出金は一つ有効な手段ということができます。

・XMでの電信送金のやり方 –出金-

まずXMでログインをして、ホーム画面の上のメニューから「出金」を選択します。

XM電信送金での出金

出金方法一覧のページに行き、「Bank Wire Transfer」を選択して出金をしていきます。

XM電信送金での出金

 

そこから「資金の出金 – 銀行電信送金」のページをスクロールダウンし、受取人の名前、住所、銀行口座番号/IBAN、そして銀行名、SWIFTコード、銀行所在地、支店名、支店コードと入力していき、さらに仲介銀行がある場合はそのSWIFTコード、銀行名銀行所在地を入力し、出金額(円)と何か知らせることがあれば追記をしてリクエストをします。

 

XM電信送金での出金

 

これで申し込みは完了です。

XM口座への反映は24時間以内に完了しますが、これがFXトレーダー側の実際の銀行口座に24時間以内に反映されるわけではないので、これはそれぞれトレーダー自信が使っている口座でどのくらい時間や営業日がかかるのか調べなければなりません。

・XM電信送金(出金)の注意点

基本的に海外送金の受け入れを行っていない銀行への出金処理はできません。
具体的にはゆうちょ銀行、じぶん銀行、ジャパンネット銀行、新生銀行、みずほ銀行(インターネット支店のみ)がそれに該当します。

ポジションを保有した状態の取引口座からの出金も可能となりますが、証拠金維持率が150%を下回るような出金依頼をすることはできません。

海外FX業者XMでは銀行送金の場合、送金手数料についてはXM側で負担してもらえますが、受け取り手数料はご自身で支払わなければなりません。

また電信送金に関わらず、一度出金してしまうとそれに関わるXMからのボーナスが消失してしまうのでその点も注意して出金しなくてはなりません。

まとめ

海外FX口座の出入金に関しては実際の取引ではないため軽視されがちですが、実際取引を始めると非常に重要な要素であることを理解してくると思います。

海外FX業者XMに関わらずそれぞれの海外FX業者で出金や入金に関しては様々な規則があるのでしっかりとそれらを把握しておく必要があります。

上記で述べた以外にも国内銀行送金、ビットコインなどのトレード口座への入金方法もあります。
それぞれの手法の利点や方法を理解して、スムーズに出入金の処理ができるように確認しておきましょう。

海外FXオススメ

コメント欄

コメントを残す

*