XM™での残高確認とマイナス時に起こる事

XMでの口座残高の見方

FX(為替証拠金取引)をする際、資金管理や口座残高がいくらか、という事は非常に重要になってきます。

さて、XMの残高の確認方法ですが特に難しいことはなく、XM口座開設をした方なら誰でも閲覧可能です。

XMのサイト公式ページに行き、そこからログインします。

まだアカウントを持っていない場合はアカウントを作成します。

そして自分の個人ページのホーム画面に口座情報が表示されるのですが、このように入金額に応じてすでに取引口座残高、証拠金合計が表示されるようになっています。

 

XM残高確認

 

さらに取引画面に行かなくてもここで入金ボーナス額や口座開設キャンペーンボーナス開催中に口座開設された方は、口座開設ボーナス分も確認する事ができます。

XMではハイレバレッジを用いてこの口座資金よりもより大きな額の取引が可能で、最大レバレッジ888倍となります。

つまりレバレッジに応じた額がトレード資金となります。

そこから下にスクロールすることで口座残高のほか、必要証拠金や余剰証拠金、証拠金維持率、有効証拠金、未実現損益などを確認することができます。

 

XM残高の見方

 

また、出金などして現金化してしまった場合はそれに応じてその分の資金が引かれて残高が変更されます。

XMで口座残高がマイナス額になってしまった場合

国内FX業者と比較しても海外FX業者はゼロカット制度を採用しているところが多いのですが、海外業者であるXMももちろんゼロカットシステムを採用しており、例え口座残高がマイナスになってしまったとしても

借金をする心配がありません。

ゼロカット制度(追証カット制度)とは、為替の急激な変化に対してFX業者の強制ロスカットが間に合わず、マイナス分を顧客に請求することを避ける仕組み、FXサービスです。

普通のFXならばどのような大損害をしても財産がマイナスになってしまうことはないのですが、この仕組みがないせいで借金をしてしまうケースもあり得てしまうのです。

これはFXトレーダーにとってリスク管理の点においても歓迎される制度となります。
追証がないと安心して取引できるのでストレスも軽減されます。

そのため追証などもありません。

追証は委託証拠金率が最低保証金維持率を下回った時に追加で保証金をFX口座に預け入れなければならないことを指します。

反対に国内FX会社だとゼロカット制度がない場合が大多数です。なので9.11やサブプライムローン問題、リーマンショック、ギリシャショックや東日本大震災のような社会全体を巻き込むような大恐慌、大災害が

起こった場合にその会社が多額の損失を追ってしまった場合、トレーダー側にまで莫大な借金を抱えてしまう可能性があります。

しかしXMではそのような事態に陥っても追加証拠金などを入れる必要はないのです。

口座残高が表示されない場合

注意事項としては口座残高が表示されないという事があります。

口座残高が表示されない場合は休眠口座、または凍結口座などされてしまっていて会員ページにそもそも行く事ができないからかもしれません。

この場合はXMにメール、電話、ライブチャットサービスに質問や問い合わせましょう。

XMは日本語対応をしているのでこのようなトラブルの際にも安心です。

まとめ

XMでの口座の残高確認は非常に簡単にできます。

また万が一利益がマイナスになってしまったとしてもゼロカット制度があるため借金とはなりません。

このようなシステムが整っているおかげで投資家やトレーダーが安心してFXトレードを進めていく事が可能となります。

是非優良業者と名高いXMでのトレード口座開設を検討してみてください。

海外FXオススメ

コメント欄

コメントを残す

*