XMでの原油(オイル)取引

原油取引の特徴

原油はいろいろな機械の燃料、工業製品の原料となるものでそれ自体非常に価値のあるものですが、FXの証拠金取引で金融商品、FX取引銘柄としてもFX市場で盛んに取り扱われています。

原油取引は世界の中で最も盛んに投資されているコモディティ商品となります。

他にエネルギー系の金融商品には天然ガスなどもあります。

特に原油先物と呼ばれたりします。

特徴としては、海外為替のように市場のオープンクローズなどはなく、24時間開かれた市場で絶えず価格が動き続ける事です。

この事から素早い動きが要求され、大幅な価格差で儲ける事ができ、スキャルピングやデイトレードをするトレーダーにとって非常にいい取引商品と言えるでしょう。

原油価格は短期的に大きく値動きするため、大きな利益が狙一攫千金が狙えますが、その反面非常にリスクのあるトレードにもなりやすいという特徴があります。

原油の先物商品取引ではNYダウや株価指数、株式指数や日経平均などのニュースを細かく見る必要があります。

なぜなら原油の値段は世界原油生産高、供給量などに大きく依存します。

もちろん原油減産や原油不足、生産終了などになれば原油の値段は下がってしまいます。

原油はこのような国際的なニュースに価格が大きく依存するので日々ニュースのチェックが必要なのです。

XMでの原油取引の基本情報

XM原油取引はWTI原油先物となります。

WTI(ウェスト・テキサス・インターミディエイト)はアメリカのNYMEX(ニューヨーク・マーカンタイル取引所)に上場されている企業でそこが原油の先物価格、エネルギー価格を決定していることになります。

インターミディエイト原油とも呼ばれます。

原油CDFの中にはブレント原油を原資産としているものがありますが、それとは価格レートがちがいます。

XM原油取引の利点

海外FX口座のXMではこのよう通常のFX口座での取引と同じ方法で借金のリスクなしに取引が可能となります。

どのスタンダード口座、マイクロ口座など口座タイプでも関係なしにデモ口座開設でもデモ取引可能です。

取引プラットフォームとしてはメタトレーダー(MT4/MT5)を使います。

海外FX会社であるMXで原油取引をすると海外先物取引となり、原油に対しても追証なしでハイレバレッジでの取引が可能です。

つまり最大レバレッジ888倍ほどとなり、レバレッジ規制のある日本国内FX会社では到底追随できません。

さらに値動きが激しい原油取引において約定力、約定スピードは非常に重要となってきます。

約定力は注文してから本当に注文が実行されるまでの誤差となりますが、それができるだけ短くないと、値幅に大きな誤差が出てしまい、損をしてしまう可能性があるからです。

他の海外FX業者と比較してもXMは約定力が非常に強い事が知られているのでまさに原油取引向きのFX業者という事が言えます。

また通常のXM取引口座と同じように取引プラットフォームとしてMT4やMT5が使用可能です。

もちろん取引手数料などはかかりません。

原油の限月

上で「24時間絶えず開かれている」と述べましたが、

XMではCFD先物取引(差金決済取引)では各商品ごとに限月というものがありその限月の最終取引日(満期)を過ぎるとその月での取引をする事ができません。

要するにこれは取引期限みたいなものです。

XMではこの満期日に未決済のポジションは強制決済となるので注意しましょう。

つまり月ごとには必ず決済しなくてはならないので長期的な資産運用を考えている方にはあまり向いていないかもしれません。

XMでの原油取引の方法

まず個人ページにログインし、ホーム画面のメニューから取引商品を選択します。

XM原油(オイル)取引

その後このような画面になるので、ここからエネルギーを選択します。

XM原油取引方法

ここから資金を入金して取引を開始する事が可能です。

XM原油取引

また下にスクロールすれば先物CFD商品の最低価格変動や値動きの最小値、最低スプレッド、1ロットあたりの価格や必要証拠金などを確認する事ができます。

 

XMオイル取引

その他にもタブを切り替えれば取引時間、カレンダーなどを確認し、どの取引開始日や取引期間を確認可能です。

まとめ

原油CFD取引はリスキーなトレードではあるものの、その分投資家にとって大きなチャンスがあります。

また通常のFXトレードと同じ取引口座でできるため手間もありません。

XMは国内FX業者よりもさらに豊富な口座開設ボーナスやキャッシュバックなどもあります。

短期取引を目指しているトレーダーは原油取引を候補としてXMでの口座開設と原油トレードを是非チェックしてみてください。

海外FXオススメ

コメント欄

コメントを残す

*