XMのオーダーと指値の注文方法

XMでの取引注文

国内業者と比べても日本語サービスの点に置いて遜色なく、最大レバレッジが888倍、さらにゼロカットシステムボーナスなども豊富なのが海外FXブローカーのXM(エックスエム)です。

また国内FX業者のようにDD方式ではなくNDD方式なので必ず約定注文となります。

XMでの取引方法はFX解説動画などにもありますがここでも簡単に触れていきたいと思います。

海外FX業者XMでの注文、決済方法はFX自動売買もできるXMトレーダー向けのMT4/MT5(メタトレーダー)というプラットフォームを使って行います。

XMのアカウント、口座開設し、登録番号を使いログイン、サイトのホーム画面からプラットフォームを選択します。

XMオーダー方法

メタトレーダーの起動方法ですが、PCのOS、スマートフォン、タブレット、iPhoneやアンドロイドによってどのメタトレーダーを選択、ダウンロードするか決めます。

今回はどのプラットフォームでも共通のウェブトレーダーでMT4を選択します。

XMオーダー手順

その後MT4でも同様にログインします。

この時しっかりと自分のサーバーも間違えないように選択しましょう。

そしてこのような画面になります。

これがWebでのMT4の画面表示になります。

XM指値

トレーダーの口座の資金やローソクチャートなどの図も見て取ることができます。

操作方法としては新規注文していくには上の写真の赤丸の部分のアイコンをクリックします。

XMオーダー画面

そしてこのような注文画面に入って行きます。

ここで口座残高、証拠金に応じて売買注文、注文変更や決済注文をしていきます。

通貨ペアやロット数、数量などを決めることができますが、指値や注文種別などの文字が見えます。

実際の取引ではこのような細かな指定をしながら注文を出していき注文ボタンを押して確定となります。

この際実際に画面に出ている数字と実際の決済注文価格は違うので注意しましょう。

これはスプレッドやスリッページ、約定力と呼ばれるものが関係してきます。

その為にはFX初心者の方はこれらの意味を理解しなくてはなりません。

以下で詳しく見て行きましょう。

いろいろな注文方法

注文種別は大まかに指値注文成行注文逆指値注文の3つあります

これらはFXにかかわらず株式投資とも共通する取引注文方法です。

同じ注文でもどのように違うのかここでは解説していきたいと思います。

・成行注文

成行注文は金額を指定せず、チャートやグラフをみたそのままの通貨価格が注文価格となり、取引を決定していく方法です。

一番シンプルで判りやすい方法といえます。

メリットとしてはまず一番に取引が判りやすくそして最速なこと、そして取引の方法としていわゆる「マニュアル操作」な為、自由度をもたせ、急な変更にも対応可能な事が挙げられます。

またマージンコールやロスカットを防ぐ損切り注文をする際はこの成行注文が向いています。

・指値注文

一方、指値注文は売買の価格を設定して注文を発注する方法です。

あらかじめ、どの通貨をどこまで価格が下がったら買うのか、どれだけ上がったら買うのかということを設定しておき、そこに達した時点でその注文を実行します。

つまりシステムトレードや自動売買のことになります。
メリットとしては自分の思い描いた通りのトレードが行えることです。

反面デメリットとしてそこの値に達しないと取引ができないため、せっかく儲けるチャンスがあったのに逃してしまうこともあります。

この辺りを考えながら決済指値をしていくことになります。

・逆指値注文

また逆指値注文は指値注文と似ていますが、ある通貨が一定の値段以上になったら買う、一定の値段以下になったら売るということを設定して取引する方法になります。

指値注文は儲けることを主眼においていますが、逆指値注文はリスク管理、そして新たなチャンスを生み出すことに主眼を置いています。

ある程度の期間ポジションを持つ方は重要となってきます。

・OCO注文

他にも指値注文と逆指値注文の組み合わせでこれら2つを同時に発注するOCO注文というものがあります。

これはOne done,then Cansel the Otherの略になります。

簡単に捉えると指値注文での利益確保と逆指値注文の損失リスク削減のいいとこどりをしたものになります。

損益どちらも狙えるような注文方法となります。

XMのオーダーと指値のまとめ

基本的には今回紹介した注文方法を駆使して、FX会社MXでFXトレードをしていくことになります。

この注文方法を踏まえた上でまだまだその人なりのいろいろなFXの戦略があります。

FX用語解説動画、トレード手法解説動画などを見つつ勉強していきましょう。

設定したレバレッジやスプレッドなども確認しつつ自分なりのトレード方法を作っていってください。

海外FXオススメ

コメント欄

コメントを残す

*