海外FXは累進課税

高いレバレッジなどメリットも多い海外FXですが、国内FXと比べてデメリットも存在します。
一番、大きなものが海外FXで稼いだ利益に対する税金でしょう。

ズバリ、海外FXの税金は累進課税となっています。

国内FXであれば、利益に対する税金は申告分離課税で、ぞれだけ稼いでも約20%の税金支払いで済みます。
それに対して海外FXの場合は、利益は雑所得扱いになり、累進課税を受けることになります。

つまり海外FXでは、稼げば稼ぐほど税金で持っていかれる比率が高くなってしまうのです。
例えば、自分の給料+海外FXの利益が1800万円を超えた場合には、なんと50%も税金がかかってしまうことになります。

また、海外FXでは損益の通算処理ができません。

例えば、FXの場合、毎年利益と損失が交互になることも珍しくはありません。

1年目:200万円の損失
2年目:100万円の利益
3年目:200万円の利益

というように、年によって赤字が出ることがあってもおかしくないのです。

国内FXの場合、3年間までは損益を通算処理することができます。
つまり上記の場合、2年目までは通算で損失ですから、
利益が出た3年目に、今までの通算利益(上記の場合は100万円)に対する税金を納めるだけでいいのです。

これが海外FXの場合は、年度ごとに処理をする必要があります。

1年目:200万円の損失 → 税金なし
2年目:100万円の利益 → 100万円に対する税金発生
3年目:200万円の利益 → 100万円に対する税金発生

というように、2年目も3年目も、税金が発生してしまうことになるのです。

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座