海外FX ゼロカットシステム

あわせて読みたい

海外FXの最大の魅力は、何といっても大胆なハイレバレッジでのFXトレードです。

レバレッジを効かせて取引することで、少額の自己資金でもハイリターンが狙えるわけですが、その仕組みを最大限に生かしてトレードできるのが海外のFX取引です。

ご存知のように、国内FX業者での取引は最大レバレッジ25倍までと制限されています。

ところが、海外FX業者はレバレッジ規制の対象ではないため、ほとんどのFX会社で100倍~1000倍のハイレバレッジトレードが可能。レバレッジ規制されるまでの国内業者のトップレベルである300倍~400倍でさえ、もはや当たり前の世界に突入しています。

しかし、ハイレバレッジでの取引方法は大きなリターンが期待できる反面、負けた時のリスクも大きくなり、追証の可能性も高まります。

追証とは追加証拠金の略称で、投資金以上の損害が出た場合に追加で証拠金を口座に入金することです。

この追証を考えるとハイレバレッジでの取引は控え気味になりそうですが、ハイレバレッジトレードが基本の海外FXではゼロカットシステムという独自の制度が導入されており、FXトレーダーは追証を気にすることなく、海外FXのハイレバレッジを最大限に活用することができます。

海外FXにとっては今や必要不可欠なゼロカットシステムですが、簡単に説明すると、口座残高がマイナスになっても帳消しにしてゼロに戻してくれるシステムのこと。

実質的な損失は証拠金の範囲に限定されるので、極端な話、例え口座残高がマイナス1億円となっても追証を払う必要はありません。

追証が発生してもマイナス分をゼロにしてくれるので、顧客が投資金以上の損害を負うことはないわけです。

イメージ的には追証を証券会社が支払うという感じでしょうか。

また、このゼロカットシステムは、リーマンショックやギリシャショック、東日本大震災、スイスフランショックなどの有事の際に、市場が混乱してFX業者が停止または正常に機能しないケースで効果を発揮します。

これほどの非常事態が巻き起こると、ある程度の期間は注文も決済されず、ロスカットも作用しなくなります。ロスカットが作用しないと証拠金がマイナスに陥って追証となる可能性が高いわけですが、ゼロカットシステムを導入する海外FXの業者はこの変動リスクをすべて補ってくれるのです。

実際、ゼロカットシステムを採用していない国内FX会社を利用した多くのFXトレーダーが、リーマンショックなどで多額の負債を抱えたり、最悪自己破産の道を歩むケースもありました。

海外FX口座でハイレバレッジトレードを行うのであれば、ゼロカットシステムを導入しているFXブローカーを絶対に選ぶようにしてください。一部の海外FX業者ではまだ導入していない場合もあるので、リスク管理の点からも必ずサービスを比較してから口座開設することを心掛けましょう。

タイタン9つの理由

XMで資産を増やす方法

タイタンとXM対決

コメント欄

コメントを残す

*