海外FXで複数口座を持とう

国内のFX業者のレバレッジ規制の影響もあり、ここ数年は海外でFX口座を開設するFXトレーダーが急速に増えています。

レバレッジ問題だけでなく、ゼロカットシステムの導入や豊富な決済方法、取引ツール、入金ボーナスなどのキャンペーンといった国内FXではあまり提供されていない部分のサービスに魅力を感じて海外FXに取り組む方も多いようです。

また、ほとんどの海外FX業者は日本語サポートの環境が充実しており、国内業者と同じような感覚でFX取引できるのも大きなポイントになっています。

さらに最近では、海外FXで複数口座を開設するのがトレンド化。1社だけでの取引は完全に少数派で、平均して約7割のFXトレーダーが複数の海外FX業者で口座を開設しているそうです。

海外FXで複数口座を利用する理由は何なのか。よりよい取引環境を構築することにつながる複数口座開設のメリットを紹介しましょう。

みなさんご存知のように海外のFX会社にはそれぞれ個性・特徴があります。

取引システムやスプレッド、スワップポイント、取引手数料、約定力、情報分析力、各種サービス・サポートなど、業者によって提供する商品は異なるので、その目的別に複数のFX口座を使い分けることが収益アップにはとても有効な手段となります。

スキャルビング、デイトレード、スイングトレード、ポジショントレードなど、取引方法によって最も適した口座(スプレッドが狭い口座、スワップポイントが大きい口座、約定力重視の口座など)を利用することで様々なトレード戦略を練ることも可能です。

また、対象のFX通貨ペアに応じて有利な条件で取引できるし、各ポジションやそれぞれの履歴が管理しやすいので、資金面を含めて効果的に比較・分析できるという利点があります。

リスクを分散できる点も、海外FXで複数口座を開設するメリットのひとつです。

FX業者の倒産、サーバーや取引システムの不具合など、例え話ではなく過去に実際に起きていることなので、それらのリスクを回避するためにも複数の口座を保有することは重要なのです。

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメントを残す

*

キャッシュバック