海外FXは法律で違法性があるのか

海外FX法律

「海外FXは法律的に違法なのでは?」
「海外FX口座で取引して本当に大丈夫?」
「出金はスムーズにできるの?」

FXトレードの初心者や日本国内のFX業者でしか投資経験のない方は、まだまだ海外FXでの口座開設に関して不安や間違った情報を持っている方が比較的多いようです。

結論から言えば、「海外FX=違法」という認識は大きな間違いです。

海外FXは何の法律にも抵触しておりませんし、完全なる合法です。

そもそも海外FXの業者は日本の法律に縛られていません。

所在地はもちろん、取引システムのサーバーなどもすべて海外ベース。証拠金もその国の銀行口座で管理されるので、日本の法律は海外FX業者には適用されないのです。

ほとんどの海外のFX会社が日本の金融庁の登録業者でない点も、法律的に大丈夫なのか不安になる部分だと思いますが、これに関してもまったく問題はありません。

海外FXの会社が日本で金融庁登録しない最大の理由は、レバレッジ規制などの金融商品取引法の対象になってしまうからです。

ご存知のように、国内業者での取引は最大レバレッジ25倍までと制限されています。

ところが、海外業者はレバレッジ規制の対象ではないため、ほとんどのFX業者で100倍~1000倍のハイレバレッジトレードが可能。レバレッジ規制されるまでの国内FXトップレベルである300倍~400倍でさえ、もはや当たり前の世界に突入しています。

少額の自己資金でもハイリターンを狙えるのが海外FXの魅力なのに、もし金融庁に登録してレバレッジ規制の対象になってしまっては海外FXのメリットはほぼ失われてしまいます。

このような理由からあえて日本金融庁には登録していないだけなので、その国の法律に従って取引を行っていれば、投資家が違法性を問われることはありえないのです。

ただし、海外FX口座でトレードすること自体に違法性はなくても、日本居住者である限りはFX取引で利益が出た時に税金を支払う義務があります。

税金に関しては、国内FXは申告分離課税で税率は一律約20%ですが、海外FXの税金は雑所得(総合課税)に分類され、利益額によって税率が変化する累進課税となります。

この納税義務を怠れば脱税になってしまいますが、税金を規定通りに支払いさえしていれば海外FXで外国為替取引することは法律的に何の問題もないので、安心してFXトレードを楽しんでください。

タイタン9つの理由

XMで資産を増やす方法

タイタンとXM対決

コメント欄

コメントを残す

*