海外FX 信託保全

海外FXの信託保全に関しての質問があったので、

それについて回答していきます。

法律で信託保全が義務付けられている国内FX業者と違って、

海外FX業者では信託保全するかどうかの判断は管理業者の方針に一任されています。

信託保全とは

顧客から預かった資産(証拠金)を信託銀行などの第三者機関に管理を委託して、資金を保全する資産管理方法です。

仮にFX会社が突然倒産したとしても、顧客資産は信託銀行にて保全されているので、預入資産の全額が法律に基づいて返還される仕組みとなっています。

国内業者でFX取引するトレーダーにとっては当たり前となっている信託保全ですが、海外業者では完全なる信託保全のFX取引業者は比較的少なく、分別管理か一部信託保全のシステムを採用する業者が主流となっています。

分別管理(分別保管)とは

FX業者の経営資金と顧客から預かった資産を分別して管理する方法です。

ただし、口座の資金管理はFX業者が行うので、もし倒産してしまった場合には顧客の預入資産は債権者に差し押さえされてしまい、返金されない可能性があります。

ですので、分別管理では倒産リスクを完全に排除できないことを認識しておいてください。

一方、海外FXで最近増えてきたのが条件付きの一部信託保全。

一部信託保全とは

信託銀行などに預ける方法ではなく、海外FX業者が投資家補償基金(ICF)に加盟することで、FX業者が倒産した時でも顧客の預入資産が一定額まで保全されるシステムです。

補償額は最大2万ユーロ(約250万円)まで。

全額ではないものの2万ユーロまで資産が保全されるのであれば、個人レベルのFXトレーダーにとっては十分な額と言えるのではないでしょうか。

キプロスの事情

ちなみに、キプロス証券委員会(CySEC)の金融ライセンスを取得している海外FX業者は、すべて投資家補償基金への加盟が義務付けられています。

まとめ

海外FX業者での口座開設を考えている方は、その業者が分別管理を採用しているのか、一部信託保全を採用しているのか、それとも他のシステムを採用しているのか、安全性と信頼性において資金管理方法はとても重要な部分なので必ず内容を確認してから選ぶようにしてください。

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメントを残す

*

キャッシュバック