海外FX 業者のスマートフォン対応状況

スポンサーリンク

海外FX業者のスマホ対応状況について

ある広告代理店の調査によると、日本人にのスマートフォン所有率がついに平均して約7割を超えたそうです。

プライベートではパソコンを使用しない方が増え、国内FXも含め、FXトレーダーの約半数以上がスマホでの外国為替取引の経験があるという調査結果もあります。

いつでもどこでもFX取引できる利便性だけでなく、iPhoneやAndoroidなどの性能アップで操作面における快適さは抜群に向上しています。

 

国内FX業者や海外FX業者においてもスマートフォン対応やタブレット対応は進んでいます。

海外FX業者のほとんどが取引システムとしてMT4を採用しています。

取引システムとしてMT4を採用しているFXブローカーの場合スマホでのFX取引にも対応しています。

MT4を使用すれば、充実のチャート機能が利用できるので、値動きの激しいFX市場でもチャンスを逃さずにリアルタイムで注文することが可能です。

また、リアルタイムレートやスプレッドなどもすぐに確認できる便利なアプリとなっています。

MT4のアプリを初めて利用する方は少し戸惑う部分もあるかもしれませんが、操作方法はシンプルで基本的にパソコンと変わらないので、何度か実践すればスマートフォンでも簡単にMT4が使いこなせると思います。

その他にも、海外FXでスマートフォンを利用したモバイル取引には、ソーシャルトレードというものがあります。

これはMT4のアプリをインストールする必要はなく、海外FX業者のサイト上のプラットホームにログインして、トレード情報を共有しながらFXができる新しい取引方法です。

ソーシャルトレードはコピートレードとも呼ばれており、プロトレーダーの面々がサイト上に公開している取引実績を参考に、自分がコピーしたいトレーダーを比較して選択。

後は選択したトレーダーと同じタイミングで取引が行われ、結果が口座に反映されるシステムです。

また、コピートレードを活用しなくても、優秀なプロトレーダーの取引履歴が閲覧できるので、売買のタイミングや取引している通貨情報も含めてかなり参考になると思います。

まだすべての海外FX業者がソーシャルトレードに対応しているわけではなく、浸透率は低いのですが、今後は主流になっていく可能性が高いので興味のある方は海外FX会社のサイトをチェックしてみてください。

スマートフォンのMT4についての解説はこちらの記事→

海外FXのスマホ・タブレットでトレードする手順

スマホ・タブレットから海外FXを始める手順をフローでご説明します。

後ほど画像付きで再度詳しくご説明します。

まずお手持ちのスマートフォンにMT4をダウンロードして下さい。

iphone端末の場合はApp Store、Androidの場合はGoogle PlayでMT4と検索しダウンロードして下さい。

 

ダウンロード後MT4アプリを起動して下さい。

 

既存のアカウントにログインをタップして下さい。

 

ご利用のFXブローカー名を入力し、サーバーを選択して下さい。

 

FXブローカーから提供されたID、パスワードを入力しサーバーを選択しサインインをタップして下さい。

残高等が反映されていればログイン完了です。

 

トレードタブの右上の+マークをタップして下さい。

取引したい通貨を選択し、数量を入力後Buy or Sellのどちらかをタップすれば注文されます。

以上がスマホ、タブレットでトレードするための手順になります。

スマホトレーダーにオススメのトレード方法

スマホでも十分トレーダー可能ですが、PCに比べれば操作性は劣ります。

そのため、スキャルピングなど短期売買はあまり向いていないと言えるでしょう。

オススメは、後ほど紹介するFX ORDERアプリを使ったトレードです。

FX ORDERアプリでは大口の注文状況やどこにストップロスが溜まっているか把握出来ます。

FX ORDERアプリ

このようにどこに大口注文の買いが並んでいるか、どこにストップロスがあるかを把握出来ます。

使い方としては、買い厚めの所を背にドル円ロング、ストップロスを狙ってドル円ショートなど使い方は様々です。

FX ORDERアプリと移動平均など他のテクニカル分析を併用することでより精度は上がるでしょう。

スポンサーリンク

MT4アプリのインストール・設定方法

スマホがiphoneの場合は、App sotre、Androidの場合はgoogle playでMT4と検索して下さい。

MT4インストール

 

MT4をダウンロード後、アプリを起動します。

 

MT4使い方

 

既存のアカウントにログインをタップします。

 

MT4使い方2

 

取引したい業者名を入力し、サーバーを選択して下さい。

 

MT4使い方3

ログインID、パスワードを入力しサインインをタップして下さい。

MT4使い方4

残高が反映されていればログイン完了です。

MT4アプリで、好みの通貨ペアに並べ替える方法

まず気配値をタップして下さい。

気配値

次に赤い矢印が指しているボタンをタップします。

通貨ペア並び替え

次に移動させたい通貨の赤枠の部分をタップしながら移動させたい場所まで移動させます。

今回はドル円を一番上まで移動させてみます。

移動が完了したらもう一度、赤い矢印が指しているボタンをタップして下さい。

MT4通貨ぺア並び替え方法

このように並び替えが出来ています。

普段取引する通貨順に並び替えておくと非常に便利です。

MT4アプリで注文・発注をする方法

まず赤い矢印が指しているボタンをタップします。

MT4アプリで注文・発注

次に取引したい通貨を選択し数量を入力後、Buy or Sellのどちらかをタップすれば、注文出来ます。

MT4アプリで注文・発注する方法2

事前にストップロスやテイクプロフィットを設定したい場合は、数値を入力してからBuy or Sellをタップして下さい。

MT4アプリの使い方まとめ

① スマホやタブレットにMT4をダウンロード
② 取引業者名を検索しサーバーを選択→ID、パスワードを入力しサインインをタップ
③ 残高が反映されていればログイン完了

使える投資用アプリ!海外FXアプリ3選

使える投資用アプリ!海外FXアプリ3選をご紹介します。

① MetaTrader4

MetaTrader4

既にご紹介しましたが、海外FXを行う上で必須アプリになっています。

操作性にも優れていますし、MT4をインストールしておけば、複数の海外FX業者を切り替えて使うことも出来ます。

② 羊飼いのFXアプリ

羊飼いのFXアプリ

FXを行う上で、経済指標スケジュールは非常に重要です。

羊飼いのFXアプリでは、経済指標スケジュール表、レート配信、アラート機能など便利な機能が多数あるのでスマホトレードする際はアプリをインストールしておくと非常に便利です。

③ FX ORDER

FX ORDER

FX ORDERはFX取引の大口注文の情報を見ることが出来るアプリです。

ドル円、ユーロドルなどの主要通貨ペアの売り・買い、ストップロス、NYオプションカット等の各種オーダー状況を把握することが出来ます。

このアプリでは、CFTCが毎週発表するIMM通貨先物の取り組み状況(IMMポジション)も把握することが可能です。

スマホ対応のオススメ海外FX会社

当サイト海外FXキラーでおすすめしている『Titan FX』や、有名海外FX業者の「XM」でもスマホ対応しています。

『Titan FX』の取引口座タイプは、STP方式の「Zeroスタンダード口座」とECN方式の「Zeroブレード口座」の2種類あります。

Zeroスタンダード口座は手数料無料で、Zeroブレード口座は手数料外付けタイプになります。

既に口座を持っている人はご紹介した手順通りにスマホにアプリをインストールすれば、すぐにスマホからトレードを行う事が出来ます。

外出時のポジションチェックや外出先でエントリーチャンスを逃さないためにも是非ともスマホにMT4アプリをインストールしてみて下さい。

タイタンFXのMT4ダウンロード方法→

XMのスマーフォン取引方法→

■まとめ

今回は海外FXスマートフォン対応についてご説明しました。

スマホやタブレットで取引出来るのは非常に便利ですが外出中や就寝時には損切りや利食いの指値注文をしておくのが大事です。

外出中の急な相場変動に対応出来るようにスマホやタブレットでのFX取引を可能にしておくことで、機会損失を防ぎトレードチャンスを逃さないことが可能になります。

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座