海外FXは無登録業者ばかりなのか?

初心者の方にとっては海外のFX(外国為替証拠金取引)は未知の世界です。

異なる国の通貨を使って、莫大なお金を動かすのでそれだけに不安は大きいと思います。

そしてネットには様々な情報、専門用語が飛び交っており、余計な混乱を招きます。

海外FXの大きな魅力の一つとしてレバレッジを用いたハイリスク、ハイリターンなトレードがありますが、それは法的に許されることなのでしょうか?

日本人の我々がそのような賭け事みたいなことを行っていいのでしょうか?

さらに海外FX業者は無登録業者ばかりという話も巷では聞かれます。

本当に始めたばかりの投資家が安心して金融取引を進めていける海外のFXブローカーはあるのでしょうか?

本日はそこについて解説していこうと思います。

口座開設の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

海外FXは無登録業者なの?

金融庁には無登録

もちろん海外FXなので、日本金融庁に無登録なのは全然OKで国外の金融監督庁に登録している場合が大多数だからです。

それだからむしろ海外FXを使う意味が出てくるのです。

さて、金融ライセンスというものをご存知でしょうか?

海外FX業者が金融ライセンスを取得しているかどうかというのは非常に大事な指標になってくるでしょう。それによって信用度が全然異なってきて、リスクも違ってきます。

これは簡単に言えば各国の金融監督機関に登録しているかどうかを示すものです。

金融庁に無登録ならば金融ライセンスはもてません。認可されていないという事はそれだけ危険、と捉えてもらって大丈夫です。

国によって基準は違ってくるので、それがタックスヘイブンで取られたライセンスかどうかも注意して比較してみる必要があるでしょう。

レバレッジ規制

レバレッジというものも注意してみておきましょう。

FXでは取引会社に自分のお金を証拠金としてFX口座に預け入れることができるのですが、その証拠金の何倍かの資金で取引をすることができます。

これをレバレッジと言います。例えば10万円証拠金を預けいれてレバレッジが400倍だとしたならば4000万円の取引ができることになります。

もちろん取引額が多ければ多いほどリスクは大きいですが、チャンスにもなります。

このレバレッジが国内FX業者だとせいぜい25倍程度で規制がかかってしまうのですが、海外FXだと先ほど述べた400倍くらいが相場で、中にはレバレッジ1000倍!などの国内業者が真似できないようなハイレバレッジを提供する業者もあるほどです。

前の例を使えばもし10万円の証拠金の場合なんと1億の取引ができることを指します。

FXトレーダーには大きなチャンスに繋がることを理解していただけたでしょうか?

大きく利益を出したいならば海外のFX取引口座を開設しましょう。

他国や機関のライセンスはあり

最初の方でも述べましたが、日本国内の金融機関に無登録なのは大丈夫です。

ただ他の国での金融機関のライセンスをとっているかどうかは気をつけてみましょう。

もしライセンスをとっていなかったとしたら危険ですので、魅力的に見えても避けた方が無難です。

日本向けの営業禁止

そこの業者がどれだけ魅力的に見えても日本居住者へ営業をしていない場合がありますので十分注意が必要です。

利用するのは違法ではない

国内の金融庁に無登録だったり、ライセンスをとっていないFXサービスをつかったとしても違法というわけではありません。

何を危険とするかは個人次第ですが、もし犯罪を犯してしまうのではないかと恐れていた方はそれには及びません。

しかしその場合においても信託保全はされているかなどはちゃんとみておきましょう。

悪質業者もある

本当にどこにも登録されていない業者

本当に注意した方がいのは本当にどこにも登録されていないFX業者でしょう。

そのようなFX企業は悪質な詐欺業者である可能性が非常に高いので注意しましょう。

いくつかの企業は法人登録番号をさもライセンスであるかのように見せて、サイトページで登録業者のようなふりをします。

比較サイトなどで口コミ数が多く良い評価がされていたとしても、投稿者が勧誘のためのサクラという可能性もあるのでしっかりとライセンスの有無などのしっかりした情報で評価しましょう。

スプレッドの広さや入金ボーナス、サービスにつられて騙されないように本物のFX会社であるかどうか金融監督機関一覧をしっかりと確かめましょう。

出金トラブル

せっかく利益を出しても出金で引っかかってしまっては元も子もありません。

自分の国内口座とちゃんと対応しているのか、取引手数料はどうなのかなど、その業者がどのような出金方法をとっているのかつぶさに調べましょう。

出金に時間がかかるかどうかも大事な指標となるでしょう。

いざお金が必要となったときに引き出せなかったらどれだけ儲けたとしても意味がないですよね。

見落としがちですが利用の段階で大事なポイントです。

一度どのような取引方法か確認しておきましょう

そしてトラブルが起こった場合には取引業者のカスタマーサービスに連絡しなければなりませんが、海外のFXなので基本的にはその国の言葉でサービスが展開されています。

もちろんほとんどの場合英語でもサービスを受けられますが、日本語のものがあるとは限りません。

英語が得意な方は大丈夫なのですが、そうでない方は日本語ザポートがあるかどうかというのは本当に重要な要素となってきます。

インターフェースが変わらないのでなんとなく取引はできてしまうかもしれません、しかしいざ問題が起こったとしてすべて自分で英語を使って解決できるでしょうか?

安全性という意味では日本語サポートがあるかどうかというのも本当に決定的に大事になってきます。

安全度が高いライセンス

ひとえにライセンスといっても様々で、非常に安全性の高いライセンスから、あまりそうでもないライセンスまであります。

ここでは主だった二つをご紹介したいと思います。

FCA(イギリス金融行動監査機構)

非常に安全性が高く評価基準が厳しいライセンスとして有名で、それだけにここのライセンスをとっているとなると信用大です。

入金フローについて全て人為的ではなく機械的に行われなければ認められません。

そして自動化されているからこそ、安全に早く全てのフローが行えます。

なのでブローカー都合の出金拒否などは許されませんし約定スピードも速いです。

完全な信託分別保管は必須である点も安心です。

リスクを第一に考える方はここのライセンスの有無でも業者選びを考えてもいいかもしれません。

Cysec(キプロス証券取引所)

世界で最初にバイナリーオプションを支持した金融当局として有名ですが、概してライセンスの評価基準が緩いことでも有名です。

なので非常に多くのFX業者がキプロス証券取引所に登録しています。

もちろんある一定の基準はクリアしているということである程度信頼しても大丈夫ですが、必要最低限ということだけは覚えておきましょう。

逆に言えばここのライセンスも持っていないとしたら危険大です。

いかがでしたでしょうか?無登録業者といってもいろいろ種類があったり、それでだけでは判断できないというのがお分かりいただけたでしょうか?

そのほかSTP取引&ECN口座などの取引方やシステムトレードなどの取引システムといったサービスの充実ぶりも考察の対象ではありますが、基本的なところから考えていくことをお勧めします。投資は何よりもリスク回避が先決だからです。

海外FXオススメ

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座