海外FXはギャンブル性があるのかを解説

スポンサーリンク

海外FXで一攫千金!ギャンブル性を減らす方法

日本国内のFX(外国為替証拠金取引)に比べ、少額の資金で多額の利益を得ることができると注目を集めている海外FX。

日本ではレバレッジ規制により、個人がFXを行うときのレバレッジ率は25倍までと定められていますが、海外FXの場合、上限値が数百~3000倍にまで設定できることが魅力です。

海外FXならば、海外法人が運営するFX会社(ブローカー)を利用して取引を行うことで、日本のレバレッジ規制を受けずに取引できるため、このようなハイレバレッジ取引が可能となります。

また、一攫千金を狙える海外FXですが、当然ながらメリットばかりではありません。もちろんリスクもあります。

そこで、この記事ではギャンブル性を減らしつつ、安全性や勝率を上げるための取引法などのポイントを徹底解説していきます。

海外FXなら追証なし

「海外FXでFX取引を行なうとレバレッジが大きいので、その分損失も大きくなるのでは?」

と心配している方も多いでしょう。

しかし、海外FXでは基本的に証拠金以上の損失は発生しません。

それはなぜか?海外FXには追証がないからです。

追証とは、急激なレート変動で口座の残高がマイナスになってしまった場合などに、追加で業者から請求される保証金のことです。

日本にはこの追証があるため、証拠金以上に損失が出た場合、FXトレーダーは不足分を請求されることになります。

しかし海外FXでは、どんなに急激に相場が変動しても証拠金以上の請求をすることがない『追証ゼロサービス』が基本となっています。

つまり海外の場合、ドル円などの急激なレート変動で口座残高がマイナスになってしまっても、マイナス分はFX会社が負担してくれるのです。

海外FXの場合、トレーダーが儲かると取引が増えるので、FX業者も儲かるというwin-winな関係となっています。

このため、どんなに高いレバレッジをかけていても、トレーダーは証拠金以上の損失を被ることがありません。

そのため、損失を恐れずに高いレバレッジをかけることが可能で、勝てれば大きな利益を手にすることができるのです。

勝つためのポイント

FXではレートの変動幅を利用して利益をあげるわけなのですが、海外FXの場合、特にレバレッジを高く設定できるので、大きくレートが動く前にポジションをとることが重要になります。

後述しますが、経済指標の発表時などレートが動くポイントがあるので、そのポイントを把握しておくことが大前提です。

このようなときに変動を予測し当てることができれば、一気に儲けを出すことができます。

海外FXは追証がない分、攻めのトレードをしやすいのです。

上昇トレンドの場合は、ゆるやかに上がっていくことが多いので利益が出てもあわてず、様子を見ながら決裁した方がいいでしょう。

下降トレンドの場合は一気に下がる傾向にあるので注意が必要です。

損切り幅には余裕をもたせた方がよいでしょう。

しかし、利益を出して損害を最小におさえるために、損切りは非常に重要です。

自分で損切りのルールを決めたら、ずるずると判断を遅らせずにきちんと守りましょう。

FXには、含み損が大きくなりすぎた時、それ以上損失が拡大しないよう取引を強制終了させる『ロスカット』というルールがあります。

海外FXで高いレバレッジをかける場合は、あっというまにロスカットされる可能性も高まります。

そのため、資金の余裕を保ち、運用効率を高めることが重要です。

口座に預けている資産に対して何倍の取引を行っているか示す『実効レバレッジ』を使って、レバレッジが高くなりすぎないよう、自分で見直しましょう。

実効レバレッジが低くなれば、資金に余裕が出てロスカットされにくくなります。

また、高いレバレッジの取引は、よほど証拠金に余裕がなければ、長くポジションを持ってスワップポイントを取っていくような取引には向きません。

ハイレバレッジ取引は、短期の取引に適しているといえます。

レートが大きく動きそうなポイント

利益を出すためには、レートが動きそうなポイントを狙わなければ意味がありません。

まず、1日の中にポイントとなる時間帯があります。

主だったものを日本時間で表記します。

・午前8時30分       日本経済指標発表
・午前9時          東京市場開始。午前9時55分ごろ公示レートの仲値決定。
・午前10時30分      オーストラリアの経済指標発表
・午後3時          東京オプションカット
・午後4時          ロンドンフィキシング時間
・午後4時~7時      欧州、英国の経済指標発表
・午後9時30分~11時 米国経済指標発表
・午前0時          ロンドンフィキシング時間
・午前6時          ニューヨーク取引時間終了

1日の中ではこれらの時間が主なポイントといえるでしょう。

FX市場が最も動くのは、欧州の午後と米国の午前が重なる午後9時30分~午前0時ごろです。

では週単位ではどうでしょう。

基本は、月曜に1週間の高値(安値)をつけ、金曜日に安値(高値)をつける動きがあります。

さらに時間軸を伸ばして月単位だと、毎月第一金曜午前9時30分ごろの『米国雇用統計』の発表後が重要です。

為替だけでなく、株、債権などすべてにわたってその月のトレンドを傾向づけるため、世界中が注目しています。

そのほかには、各国中央銀行の総裁の会見後、金融政策委員会の開催日、議事録の発表後などが動きやすいです。

金利の調整など、中央銀行の行う金融政策も為替レートに影響を及ぼします。

また、主要国の首脳、大統領らの発言にも影響力があります。

利上げをほのめかすような発言や、景気が拡大すると解釈できるような発言は、特に注目されるのでチェックしておきましょう。

また、特定の地域で政治的、軍事的な緊張が高まり、経済の先行きが不透明になった場合にもレートが動きます。

戦争や地域紛争、テロなどが起きている国、これに関係する国の通貨は変動が激しく、リスクが大きいので、取引を行う場合は注意しましょう。

完全なギャンブルはしないこと

高いレバレッジで一攫千金の可能性が高く、なおかつ証拠金以上の損失もない。

このように書くと、とんでもなくうまい話のような気もしますが、FXは投資ですので必ずリスクが存在します。

証拠金しかなくならないといっても、それが毎回消え続ければ当然ながら大きな損失となります。

そのため、FXで勝つためには自分の資産とレート変動のしっかりとした分析が必要です。

そして、どの海外FX会社を利用するかも気をつけながら選ぶ必要があります。

中には日本語に対応していない業者や、出金ができないなどのトラブルが起きてしまう詐欺業者なども存在するので、われわれ日本人には中々選択が難しいかもしれませんが、そのような場合は業者の口コミなどを吟味しながら選択するといいでしょう。

また、必ずしも全財産をつぎ込むようなギャンブルをしてはいけません。

特に重要になってくるのは資金管理です。自分の財産から投資に使う金額と生活費とを明確に区別し、投資に使う金額内でやりくりすることが鉄則です。

まず投資に使用できる資金の上限を決めます。

その金額をもとに、トレード額とレバレッジを決定します。0.01など小さいロット数からはじめ、徐々に上げるようにしていくといいでしょう。

許容できる損失額を決めておくことも大切です。

1日ごとに出していい損失はいくらになるのか、あらかじめ計算しておきましょう。

それを越えてしまった場合、速やかに損切りできる判断も大切です。

インターネット上を検索すると、さまざまな海外FXサイトがあります。

中には自分の実践の結果を詳細に分析し、どのような勝ちパターンがあるのか役立つ情報をまとめたものもあるので、こうした経験者の意見を参考にしながら自分の資金と照らし合わせ、無理のない投資を行いましょう。

海外FXは多額の利益が生まれる可能性大!

勝つためには資金管理や市場の分析が不可欠
海外FXでは、レバレッジ規制がない分、高いレバレッジで大きく儲けを出せる可能性があります。

追証がない追証ゼロサービスのおかげで、証拠金以上の損失が出るのを防ぐことができる利点もあります。

しかし賭けであることに変わりはなく、ギャンブル性をおさえるためには、自分の資金を適切に管理することが重要です。自分であらかじめルールを決め、しっかり守って投資しましょう。

また、レートが動くタイミングの見極めも必要です。

市場の1日の動きや国際情勢をチェックし、タイミング良くポジションを立てましょう。

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座