海外FXのリスク

海外FXのもつリスクについて

日本の国内FXよりも、少額の資金で多額の利益を得ることができると注目を集めている海外FX。
日本だとレバレッジは25倍までと規制されていますが、海外だと最大3000のレバレッジをかけることが可能です。
しかし、だからといって良い所ばかりかというと、そういうわけにもいかないのが現実です。

では、海外FXにはどんなリスクがあるのでしょうか?
この記事では海外FXのリスクについてご紹介していきます。

ハイレバレッジだとリスクが大きい?

ハイレバレッジときくと、なんとなく危険なイメージを持つ方もいるのではないでしょうか?
レバレッジは自分の資金(証拠金)にかける『てこ』のようなもので、かけた倍率の分だけ取引額が膨らみます。
利益も、そして当然損益も、掛けた倍率によって額が膨らむので、リスクが大きいと考える人もいるのかもしれません。

しかし実際は、レバレッジの倍率は損益とは直接関係がないのです。
レバレッジの倍率によって変わるのは、1つの取引に必要な証拠金の額です。損益そのものではありません。

損益を考えるときに重要なのは、むしろ『ポジションと資金の管理』です。
これができない場合は確かに、掛け率が高いとリスクは大きくなります。
管理のできない無謀なFXトレーダーが増えたために、最大レバレッジが高く設定されているハイレバレッジはリスクが大きいというイメージが生まれてしまったのですが、実際はそうではないのです。

たとえば自分のFX口座に資金が100万円あるとします。ここでは1ドル=100円と仮定すると、1万ドル(100万円)分のポジションを持てることになります。

もしレバレッジ10倍の取引なら、1万ドル分のポジションを持つには証拠金10万円が必要です。ではこれが、レバレッジ100倍の取引だとどうなるでしょうか?

レバレッジが高い分、証拠金1万円で1万ドル分のポジションを持つことができるのです。
つまりハイレバレッジだと、少ない証拠金でたくさんの取引を持つことが可能です。
しかし、注意しなければならないのは「今、自分の資金がいくらか?」ということを把握しておくこと。
レバレッジ100倍の場合、1万円しか証拠金にしていないのでほかにも取引ができそうに錯覚してしまいますが、資金は100万円しかないのですからこれで一杯一杯のポジションとなります。

ですので、取引をするときは、きちんと自分の資金の上限を決め、ポジションを管理する必要があるのです。
この計算が間違いなくできてさえいれば、レバレッジの高低は損益に関係ありません。
逆に証拠金の額しか見ずにポジションを増やしていくと、資金を大きくはみ出して取引をすることになり、リスクが高まります。

追証ゼロサービス

とはいえ、やっぱりハイレバレッジだと「損した時が怖い」と考える方もいるでしょう。
しかし、ほとんどの海外FX業者では、トレーダーが証拠金以上の損失を被ることはありません。
なぜかというと『追証ゼロサービス』が基本になっているからです。

追証とは、急激なレート変動で口座の残高がマイナスになってしまった場合などに、追加で業者から請求される保証金のことです。
国内FX業者にはこの追証があるため、証拠金以上に損失が出た場合、トレーダーは不足分を請求されることになります。

しかし海外FXでは、どんなに急激に相場が変動しても証拠金以上の請求をすることがない、追証ゼロサービスが基本になっています。
つまり海外の場合、急激なレート変動で口座残高がマイナスになってしまっても、マイナス分はFX業者が負担してくれるのです。海外FXの場合、トレーダーが儲かると取引が増えるので、FX業者も儲かるというパートナー関係になっています。

このため、どんなに高いレバレッジをかけていても、トレーダーは証拠金以上の損失を被ることがありません。損失を恐れずに高いレバレッジをかけることが可能で、勝てれば大きな利益を手にすることができるのです。

ですので、『追証ゼロサービス』は海外FX業者を利用する上で確実なメリットといえるのです。
しかし、中にはこのサービスがない業者もあるので、確認を忘れないようにしましょう。

突然の取引停止

ここまで、ハイレバレッジというのは、海外FXのリスクとはいえないことを徹底解説してきました。
ですが、海外FXにリスクが無いわけではありません。リスクはほかのところにあるのです。
それは、取引の安全性の低さになります。

そもそも日本では、海外の業者であっても日本の居住者を相手に金融商品取引を行う場合、日本の『金融商品取引法』に基づいた金融商品取引業の登録が必要になります。登録せずに業務を行うことは禁止されているのです。

しかし、海外FX業者のほとんどが無登録です。だからこそ規制を受けずに高いレバレッジの取引ができるわけなのですが、無登録の海外FX業者に日本金融庁から警告があった場合、その業者は日本国在住の人向けのサービスを停止することがあるのです。

こうなると、そのFX会社でのその後のFX取引は利用できなくなります。
そのため、海外FX業者を利用する場合は『突然取引停止になる』というリスクを踏まえて利用しなくてはいけません。

海外FX業者との取引では、日本の法律では守ってもらうことは不可能です。
なにかトラブルがあった場合でも、日本で登録できていない業者ですから公の機関が対応するのは困難なのです。そのため、自分でしっかりと情報を集め、業者を見極める必要があります。

その他のトラブル例

このほか、利益が出たためトレーダーが出金を求めても、海外FX業者が応じないケースなどが発生しています。
国内の仲介業者があっても「ただ仲介しているだけ」などと言われて終わってしまうケースもあるようです。

「口座を凍結された」「取引履歴から利益分を抹消されたなど、悪質な業者に対する被害の声もあります。そのため、上記のような詐欺業者を選択しないように業者選びには注意が必要です。

また、金融庁が過去に警告書を出した業者は、同庁のホームページから一覧できるようになっているので、業者を選ぶ際にはチェックしてみましょう。

リスク回避のために

「利益が出たと思ったら出金ができない・・・」「投資金も戻ってこなかった・・・」
そのような状態に陥らないよう、リスクを避ける必要があります。まず、業者の情報収集は徹底するということが大原側です。
その上で、リスクを小さくするための工夫も大切になってきます。はじめに、入金する投資資金は小さくすること。

たとえば手元に資金が100万円あったとしても、すべて入金するような使い方はしない方がよいでしょう。
さらに、入金後早いタイミングで、一度出金できるか試すこともお勧めします。
また、利益が出たらすぐに出金すること。勝ち続けていれば利益は大きくなっていきますが、なるべく細かく出金するよう心がけます。業者に預けるお金を少なくし、手元に持ちましょう。

また、日本では義務化されている信託保全が、海外FXでは業者ごとの判断で行われています。
信託保全とは、銀行と信託契約を結んで顧客資産を預けて管理する方法で、これによって会社の倒産時に顧客資産が守られます。

もちろん海外の業者も、会社の運営費と顧客資産は分けて管理しているのですが、信託保全があったほうが安全性は高いといえます。信託保全をしているかどうかも、海外の業者を選ぶときの目安の一つにしましょう。

海外FXの業者選びは慎重に!資金管理はより徹底を!

海外FXは、高いレバレッジをかけられること、追証ゼロサービスがあることから、資金やポジションの管理がしっかりできていれば、少額の資金で大きな儲けを出すことが可能です。
しかし一方で、出金に応じないなど悪徳業者がいることも確かです。
日本の法律が届かない場合が多いので、何かトラブルがあっても解決は難しいとみた方がよいでしょう。

そのため、リスクを回避するためにはトレーダー自身での業者選びや資金管理がより重要になってきます。

しかし、これらのリスクはありますが、高いレバレッジやそのほかの点をふまえても、海外FXは国内FXにはない魅力があるのは事実です。
これらのリスクを理解して、業者の情報を集めたり、こまめに出金するなどしてリスクを回避していきましょう。

海外FXオススメ

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座