海外FXと国内FXとの違い

スポンサーリンク

海外FXってどうなの?

今海外FX(外国為替取引 )が大変人気です。海外FXブームが起きていると言っても過言ではないでしょう。ただ海外FXとはなんなのでしょうか?

もちろん海外のFX会社を使ってFXトレードしていくのだろうと言うことはわかりますが、それをわざわざする利点はあるのでしょうか?そしてデメリット、向かない人などはいるのでしょうか?

その一方国内FXと勝手が違う海外なのでどの証券会社を選んだら良いか、取引方法、口座開設方法はどうなのか、というのがFX初心者はなかなかわかりません。

リソースを集めようにも基本的には英語で書かれている、と思い込みがちなので英語が苦手な方には敷居が高いように思えます。本日はそこも含めてこの記事でお話ししていこうと思います。

国内FXとの違い

最大の違いはレバレッジの規制の違いでしょう。後ほど詳しくお話ししますが、日本国内だと最大25倍のレバレッジ規制がかかってしまいますが、海外FX取引業者、国外FX業者ではレバレッジ規制が緩い、もしくはないといったことが可能です。

また、最低入金額500円からできたりスリッページやリクオートがなかったり、追従がなかったりと国内FX業者と比較にはない魅力がたくさんあります。

他にも海外企業の方が運営の透明性が高いので、何をしているかわからない日本のFX国内業者よりも安心という声も多くあります。

ただ一つ注意しておいたほうがいいのは、よく勘違いされている方がいるのですが、税金逃れのために海外FXを始めたいという方がいるのですが、円口座でも海外FX口座でも税額控除というわけではなく、課税はしっかりとされます。ポンド円、ドル円、ポンドドル、何をしようと海外取引口座での税金は「総合課税」の対象となります。

会社員の方は20万円以上、扶養家族、年金生活者の場合は38万円以上の利益で確定申告をしなければなりません。そして総合課税の場合は利益によって税率が変わってくるので、日本と同じような感覚で行わないように注意しましょう。税金逃れをすればそれは立派な犯罪です。それをよく理解した上で海外FXを始めましょう。

レバレッジについて

FXでは取引会社に自分のお金を証拠金としてFX口座に預け入れることができるのですが、その証拠金の何倍かの金額で取引をすることができます。これをレバレッジと言います。

例えば10万円証拠金を預けいれてレバレッジが400倍だとしたならば4000万円の取引ができることになります。
もちろん取引額が多ければ多いほどリスクは大きいですが、チャンスにもなります。

このレバレッジが国内だとせいぜい25倍程度で規制がかかってしまうのですが、海外FXだと先ほど述べた400倍くらいが相場で、中にはレバレッジ1000倍!などのハイレバレッジを提供する業者もあるほどです。

前の例を使えばもし10万円の証拠金の場合なんと1億の取引ができることを指します。大きなチャンスに繋がることを理解していただけたでしょうか?大きく利益を出したいならば海外FXを選ばない手はないわけです。

追証なし

追証とは2015年に起こったスイスフランショックのような通貨危機で、為替の急激な変化に対してFX業者の強制ロスカットが間に合わず、損失分を顧客に請求する仕組みです。

普通のFXならばどのような大損害をしても財産がマイナスになってしまうことはないのですが、この仕組みのせいで借金をしてしまうケースもあり得ます。この制度ですが国内FX業者ではほぼ発生してしまいます。しかし海外FXならば追証なしまたはゼロというところも珍しくはありません。

これはFXトレーダーにとってリスク管理の点においても歓迎される点です。追証がないと安心して取引できるのでストレスも軽減されます。

スプレッドの広さ

スプレッドとは簡単に言ってしまえばFX会社のシステム上の取引手数料みたいなものですが、海外FXは日本のものと比べてスプレッドが概して狭いです。つまり1回あたりのトレードコストがかからないのです。

低資金でのトレードを始められる方、短期売買を中心にやっていかれるFXトレーダー、スキャルピングというFX手法ををやられる方はFX取引を始める上でここが肝になってくると思いますのでそういう方こそ海外FXをオススメいたします。

なぜかというと掛けることのできるレバレッジが自動的に減ってくるので、一回の取引による儲けがその分少なくスプレッドで引かれた分がダイレクトに響くからです。

場合によっては値段が上がったときに売ったのにもかかわらず、スプレッドのせいで損益通算がマイナスになってしまうなどという事もありえます。これでは計算機で計算した通りにはいきませんので注意しましょう。

英語ができなくても大丈夫

「確かに利点はわかった。けど学生時代英語苦手だったな」と思っていませんか?
海外FXでも日本語サポートがある業者がたくさんあります。
なので英語ができないからといって海外FXを諦める必要はありません。
むしろよほど英語がペラペラでない限り、もしもの時のために日本語サポートのある海外FX業者を強くオススメいたします。

口座開設時のサポートを始め、問題が起きた時のカスタマーサポート、口座が凍結した、破産した、出金できないなどの緊急の時に電話をかけて担当者と英語で全て進めていくことができるでしょうか?
日本語サポートがあるととてもスムーズにことが進むことがご想像いただけると思います。

信頼できる業者を選べば安全

ここまで利点ばかり述べてきましたが、本当に海外FX取引業者は安全なのでしょうか?これは日本でも同じことが言えますが、信頼できる業者を選ばねばなりません。

例えばXMのXM口座(Zero口座)は有名ですがそれだけで判断していいのでしょうか?

その海外FXブローカーがちゃんとタックスヘイブン以外の国で金融ライセンスをしっかりとっているか、FXブログでのコメント、評価、口コミ、総合評価、ランキングはどうなのかというようなブローカーの評判、信託保全されているか、などはその業者の安全度を図る上では重要な指標となってくるのでFX業者利用の際には是非チェックしましょう。

取引の透明性が低く、追証制度がスタンダードな国内FX業者よりも海外FXのほうがよほど安全という声もあるほどです。初回ボーナスキャンペーン、入金ボーナス、ポイントプレゼントなどは魅力的ですが、上部の情報でうっかり選んでしまわないよう気をつけましょう。

そのほかSTP取引&ECN口座やシステムトレードなどのサービスの充実ぶりも考察の対象ではありますが、基本的なところから考えていくことをお勧めします。何よりもリスク回避が先決だからです。

あと実際に使ってみた使用感というのも大切ですので、一度デモ口座を開設して体験してみては如何でしょうか?

まとめ-ギャンブル好きには向かない

このように魅力がたくさんある海外FXですが、ギャンブル的な感覚でやりたい人にはオススメできません。FXはむしろ「運」よりも情報収集をしてそれを分析する能力が重要になってくるからです。

上記のようなリスクを最低限に減らし、安全にあなたの資産を増やすこともできるわけです。そのおかげでギャンブル性を軽減でき、だからこそ普通のギャンブルとFXが違う棲み分けになっているのです。

効率よくコンスタントに資金を増やすことも可能ですし、攻めるときは高レバレッジで一気に勝負をかけるといったような戦略的に一攫千金が狙えるのがFXです。あなたも試してみませんか?

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座