海外FXで口座凍結に関する話と対処法

慣れない海外のFX会社で口座開設をし、取引を始め、初めて利益を出し、FXトレーダーとして順風満帆に思えたその矢先、口座凍結という事態に見舞われる。これは他人事ではなくあなたにも十分起こりうることなのです。

ただ、もちろんリスク管理をしっかりして不正を行わずにFXトレードをしているならその可能性をグンと減らすことも可能です。本日はどういった時に口座凍結が起こるのか、そして万が一起こってしまった時の対処法について詳しくみていきましょう。

 

本当に口座凍結になるの?

・ライセンス保有業者ではまずない

金融ライセンスというものをご存知でしょうか?これは簡単に言えば各国の金融監督機関に登録しているかどうかを示すものです。国によって基準は違ってくるのですが、認可されていないという事はそれだけ危険、と捉えてもらって大丈夫です。

 

そしてこのライセンスを持っている業者で取引を進めている限り口座凍結になることはまずありません。なので業者選びの際にはこの点に十分注意しましょう。

 

いくつかの企業は法人登録番号をさもライセンスであるかのように見せて、登録業者のようなふりをします。騙されないように本物であるかどうか金融監督機関一覧をしっかりと確かめましょう。

 

 

凍結されるケース

 

それを踏まえた上で凍結されるケースについて見ていきましょう。

 

・長期間利用していない

長期間利用されていない場合は凍結される可能性が大です。

 

・違法なトレードをした

もちろん違法なトレードをして発覚してしまった場合には凍結を余儀なくされます。

 

・ボーナスの不正取得

入金ボーナスを使って業者の規約に反するようなトレードをした場合も凍結の対象となります。裏をかくような取引をせずに真っ当に正攻法で稼ぎましょう。

 

・無登録の悪質業者だった

 

そのFX業者が国内の金融庁に登録していなかったからと言って他の国のライセンスを取得していたらそれは信用できる可能性が高いです。

 

しかし、本当に注意した方がいのは本当にどこにも登録されていないFX業者でしょう。いくらレバレッジ、取引手数料が良くても、魅力的なポイント、入金ボーナスキャンペーンを実施していたとしても、そのようなFX企業は悪質である可能性が非常に高いので注意しましょう。

 

いくつかの企業は法人登録番号をさもライセンスであるかのように見せて、登録業者のようなふりをします。

信託保全をちゃんとしているのか、約定力、約定スピードはどうなっているのか

詐欺業者に引っかからないように本物であるかどうか金融監督機関一覧をしっかりと確かめましょう。

 

・凍結されても証拠金は没収されない

 

口座の凍結と聞くと何かこの世の終わりのように、全て失ってしまったかのように思えてしまいますが、たとえ口座が凍結されたとしても入金した証拠金や資金が没収されてしまうわけではありません。ただ単に「凍結」しただけなのです。預けたお金は自分のものという認識を忘れずに、早期解決に努めましょう。

 

スキャルピングについて

 

・海外FX業者はNDDが多い

FXには大きく分けて二つの取引システムがありDD(ディーリングデスク)方式とNDD(ノンディーリングデスク)方式です。日本国内では主にDD方式が多くこれは顧客の注文が、そのまま為替市場に出されているわけではありません。

 

一方NDD方式はディーラーを介さず市場と直結してトレードでき、海外FX企業に多いです。

 

問題はDD方式が顧客が損をすればするほど業者が儲かる仕組みになっているため、スキャルピング(短期売買による取引スタイル)で顧客がじゃんじゃん利益を設けられては困ってしまうわけです。

 

・国内FXでは禁止なので凍結される

そのような理由から、国内FXでは非常に残念なことに会社のリスクが増えるためスキャルピング禁止を規約に明記しています。なのでそのようなトレードスタイルをしているとスキャルピングトレードとみなされ、凍結されてしまうのです。どうやら短期売買を志す方は海外FXよりほかないみたいですね。

 

口座凍結されたときの対処法

 

もしも凍結されてしまった時についての対処法について解説します。

 

・サポートに問い合わせる

 

まずは状況を把握するためにサポートにサポートに問い合わせしましょう。その時に日本語サポートがあると非常にスムーズです。

 

口座開設時のサポートを始め、問題が起きた時のカスタマーサポート、口座が凍結した、破産した、出金できないときの出金方法を確認するため緊急の時に電話をかけて担当者と英語で全て進めていくことができるでしょうか?日本語サポートがあるととてもスムーズにことが進むことがご想像いただけると思います。

 

 ・凍結ではなく休眠状態のことが多い

 

凍結された!と思ってよくよく見てみると単に休眠状態だったというケースがほとんどだそうです。休眠状態というものがあるということを頭の片隅に置いておいて、いざという時に焦らず行動しましょう。

 

・休眠状態ならすぐ再開される

 

そしてもしそれが休眠状態ならばすぐに再開することができます。ご自身の状態が凍結なのか、休眠なのかしっかり確かめましょう。

 

・本当の凍結は国内FX業者に多い

 

もし海外でFX口座が凍結されてしまったら慣れていないし不安だ、と思われる国内FX業者利用者の方も多いと思います。しかし本当に凍結がよく起こっているのはむしろ日本FX業者の方なのです。我々は「国内だから安心」という発想に陥りがちですが、海外企業の方が運営の透明性が高いので、何をしているかわからない日本のFX国内業者よりも安心という声も多くあります。

 

さらに例えば2015年に起こったスイスフランショックのような通貨危機で、為替の急激な変動に対してFX業者の強制ロスカットが間に合わず、損失分を顧客に請求するような仕組みがあり、これを追証というのですが、それが海外FXだとないことが多いのです。しかし日本企業ならば出金拒否されることも十分にあり得ます。

 

本当にあなたが凍結を恐れているならば是非、海外でのFX取引を検討してみることをお勧めします。

 

タイタン9つの理由

XMで資産を増やす方法

タイタンとXM対決

コメント欄

コメントを残す

*