海外FXに必勝法はあるのかを考察

海外FX必勝法
スポンサーリンク

徹底解説!海外FXに必勝法はあるのか?

・マーチンゲール法

みなさまはマーチンゲール法という掛け方を知っていますでしょうか?これは昔からギャンブルの世界で有名な掛け方なのです。単純に言えばかけて買った額の2倍の金額をかけていくというやり方です。自動的で機械的、そして数学的なやり方なので取引、またはゲーム上で特に頭を使う必要もなく、初心者でも取り組みやすいかけかたです。そして大きく儲けやすく、リスクも少ない方法であるという下馬評は未だに根強いです。

 

・資金が無限にあれば可能で現実的ではない

この方法は数学的に証明されている方法でもあるので、比較的信頼性があり、理論上では成り立ちます。つまり現実的ではないということです。実際世界、各個人個人持っている、もしくは使える資金が決まっていて、それが無限に使えるわけではありません。これは「平均すれば」負けない、という話で、細かく見ればある時は大きく負け、ある時は大きく勝つということが必ずあります。もし大きく負けた時資金を大きく上回るような負け方をしたらどうなるでしょう?FXは必ずしも計算機の上でおさまる話ではないのです。

確かにFXの投資で頭を使い理論的に攻める、という戦略は間違いではありませんが、FXはギャンブルではありません。ギャンブルというよりFXはむしろ「運」よりも円安のニュース、為替投資情報やローソク足チャートなどから情報収集をしてそれを分析する能力が重要になってくるからです。

リスクを最低限に減らし、安全にあなたの資産を増やすこともできるわけです。そのおかげでギャンブル性を軽減でき、だからこそ普通のギャンブルとFXが違う棲み分けになっているのです。効率よくコンスタントに資金を増やすことも可能ですし、攻めるときは高レバレッジで一気に勝負をかけるといったような戦略的に一攫千金が狙えるのがFXです。なのでこのような言ってしまえば「ギャンブルの手法」はFXではあまりつうようするとは言い難いです。

さらに、FXブログの記事などでFX専業投資家が書いた「必勝〜法」のようなルールにのっとり、一つの方法に固執したりこうすれば必ず勝てる、といういわゆる必勝法は残念ながら存在しません。そしてさらにいえば自分の予想に固執することにいいことは一つもありません。指値と言って売り買いの値段を決めてその値段でしか動かないという取引方法もありますが、明らかに下がり調子なのに指値ラインに従って損切りをしない、先ほど述べたトレンドが明らかなのに躊躇するなどはFXでは褒められたことではありません。

 

このように、FXはギャンブルではなく情報戦です。正確な情報を素早くキャッチして分析する能力が求められるのです。

 

できるだけ勝つために

・自分でトレードルールをつくる

それではFXで勝つ方法はあるのでしょうか?それはFX初心者本人なりのトレードスタイルを築くこと、と言えるでしょう。そしてこれが必勝法となりうる可能性を秘めているかもしれません。個人個人置かれた状況が違います。あなたがFX OL投資家なのか、FX主婦投資家、FXフリーター投資家、FX副業投資家、FXシニア投資家、FXサラリーマン投資家、またはFX無職投資家かFX学生投資家なのか、全て状況が違ってきます

資産であったり、使える時間であったり、資産運用、FX自体の目的は本当に様々です。なので他の人が成功したからといってそのやり方で成功するとはかぎりません。むしろ失敗する確率のほうが多いでしょう。試行錯誤してようやく手に入れた自分のスタイルこそがFXで勝つ鍵になることは間違いなさそうです。

一方でどのようなスタイルがあるのかも確認しておきましょう。FXスキャルピング派やFXテクニカルトレード派、FXハイレバトレード派、FXシステムトレード派、FXスイング派、FXデイトレ派などFXにもいろいろな流派もあるので、一度確認しておきましょう。

そのために自分のゴールはなんなのか今一度確認しておきましょう。ただ今の余剰資産の運用としてやりたいのか、資産がなくて短期売買で積極的に増やしたいかなどのプロセスにはじまり、どの期間でどの程度の利益が欲しいのか?

それを達成できなかったらいつまで続けるのか、またはやめるのかなど具体的に決めておきましょう。計画が具体的になればなるほどご自身のFXスタイルが定まってきて、やるべきことが見えてきて、勝てるFXトレーダーになります。

 

 

・リスクリワード

リスクリワード、またはリスクリワードレシオという言葉があり、損切りと利食いの幅のバランスを意味します。つまりここがプラスにならないと全体的に損をしていることになります。

FXで全体を通して常に勝ち続けるということは誰にもありません。もれなくマイナスに直面する時があり、その時の自分で決めた最低値を下回った時にリスク回避のために通貨を売ることを損切りといいます。

FXは勝つ時もありますが、もちろん負ける時もあります。それは誰でも例外ではありません。ただそこで重要なのは負け方になってきます。負けだと思うと心理的に辛いですが、自分なりの損切りのルール、損切りラインを作っておき、システムトレード、カットシステムなどのFXトラリピ機能を使って自動的に損切りをするという戦略も正確性に優れ、非常に重要な手法となってきます。

そしてこのリスクリワードがプラスになってこそ儲けが出てくるのです。自分なりのルールを作る時まずはここが技術的な意味で肝になってきます。自分で見つけた効果的なリスクリワードレシオがあれば、即儲けにつながるからです。

 

・資金管理

FXの基本的でありながら最も大切ことの一つであるのが資金管理です。

もし無限に口座に資金があるのなら、管理などしなくても大丈夫なのですが、FXは全てご自身の資本金に元ずいて行われます。

レバレッジとは簡単に言えば、預けたお金の何十倍ものお金で取引できるFX特有の制度ですが、国内FX業者とは違い、海外FXは預け入れたお金の何倍もの値段で取引できるハイレバレッジトレードが特徴で、資金があってこそ効果が出てくるのです。

さらに資本金が少ないということは取引口座に証拠金の追加入金しなければならないマージンコールさらにはFX業者があらかじめ設定した必要証拠金維持率を下回るとなされる強制ロスカットの被害を被りやすくなることも意味します。

常に資金のチェックを怠らないようにするという心がけから、許容損失額からロット数を計算するなどの少しテクニカルなことまでしっかりと抑えておきましょう。

 

・損をしないようにする

損をしないようにするのはFXで勝ち進めていくために大切な心構えです。そしてむしろこれがないと勝ち続けていくことは難しいと言えるでしょう。

特設サイトを設けて口座開設ボーナス、入金ボーナスキャンペーンで釣ろうとする詐欺業者に引っかからないのはもちろん、まずFX会社の口座開設時に米ドル円の取引をするのか円口座を基本ポジションもしくはショートポジションにするのか、などの大体の方向性を決めて、スプレッド幅などの取引手数料。STP取引なのかECN取引なのか、などの基本的なFXファンドの情報を確認するところから損をするかどうかというのが分かれてきます。

そして損をしないために最も重要なことは、ハイリスクで攻めて大きく儲けようとするのではなく、ローリスクで負けないようにすることでしょう。

このようにFXに必勝法と呼べるものはありませんが、注意すべきことをしっかりと注意し、自分なりの投資方を見るけることが、遠回りに見えて、一番勝てるFXトレーダーになる近道といえるでしょう。

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座