海外FXで成功する勝ちトレードとテクニック

海外FXで勝てるトレードとテクニックとはなんでしょうか。

国内FXのトレードと比べてレバレッジが違い、取引の環境も微妙に違ってきます。

正しい情報を手に入れて実践すると、国内FXより海外FXの方が利益が増えやすく成功しやすいです。

海外FXで大きく利益を増やして成功するにはどうしたらようでしょうか。

 

海外FXで利益を増やして成功するには?

・正しい知識をインプットしよう

海外FXで利益を増やして成功する上での正しい知識とはなんでしょうか。

国内外とFX売買を分けるのではなく、投資の基本知識をインプットするのが大事です。

どんな投資であれ、トレードの方法の基本は同じです。

 

ネットで検索して知識を増やす場合、昔からあるFXチャートを見る方法や、ファンダメンタルやメジャーな経済指標をチェックするようにしましょう。

海外FXのニュースを読む場合は、できるだけ大きな規模の通信社のサイトを見るようにしましょう。

大きな規模の通信社の方が、情報がいち早く提供されるからです。

ロイターとAP通信の2社のニュースが、逐一届くように設定していると安心ですね。

 

アナログで正しい知識を入手する場合は、大きな書店でFX初心者トレーダー向けの投資方法や投資の歴史の本を探して、読んでみましょう。

莫大な利益を生んで成功した有名な投資家の自伝やインタビューの本も、参考になります。

FXに限らず投資全般のチャートを見る眼を養う専門書もあり、比較的高価な本ですが参考になりますよ。

 

 

・資金管理を徹底しよう

生活費から捻出するより元々貯めていた分から余剰資金を分けて、その資金で海外FX売買を始めましょう。

海外FXの口座に入金すると、出金するのに数日はかかるからです。

それと海外FX会社によって、ポジションの強制決済のタイミングがまちまちです。

仮にポジションがマイナスになり、さらにマイナスが膨らんだ場合、自分の気づかないうちに強制決済されないように、持っているFX口座の強制決済のタイミングを知っておきましょう。

 

 

・デモトレードや少額トレードから実践してみよう

余剰資金で投資するとしても、海外FX初心者トレーダーにはまだ精神的負担が大きいかもしれません。

デモトレードや少額トレードから実践してみましょう。

国内FX会社でもデモトレードを受付けている会社はたくさんあるので、デモトレードでFX取引を慣らしてから、海外FXに挑戦しても良いでしょう。

海外FX会社は国内FX会社と比べてハイレバレッジの会社が多いので、自然と証拠金が低額になる傾向があります。

海外FX会社は少額でもトレードが可能ですので、慣れてきたら証拠金を増やしていきましょう。

そうすると、精神的負担がだんだん減ってきて、トレードしやすくなりますよ。

 

 

・トレード日記をつけよう

海外FXのトレードの日記をつけるのは、海外FXで利益を増やし勝ち残って成功する上でとても大事です。

おすすめは、時間ごとのページがあるスケジュール帳に手書きで日記をつけることです。

時間割のようなページがあるので、メジャーな経済指標やポジションの時刻を書けます。

メジャーな経済指標の時の値動きやポジションを持った時の気持ち、1日のまとめなどを書けるので便利ですよ。

手書きなので、FXチャートや図解もさらさらと早く書き残せます。

数ヵ月後、数年後と日記を読み返して参考にすることもあるので、日記は大切に保存しておきましょう。

 

デジタルでトレード日記をつけたい場合は、スケジュールソフトに書くのが良いでしょう。

アラームを設定してメジャーな経済指標前に鳴らすのも便利ですね。

 

FXブログに記事を書いて記録を残すのも良いでしょう。

FXブログの記事を見てくれた人が自分にコンタクトをとってくれて、トレード仲間が増えることもありますよ。

 

 

・トレード日記を使って復習分析しよう

ファンダメンタル分析において、トレード日記を使って復習すると、とても効率が良いです。

例えば、大きい経済指標の月1度のアメリカの雇用統計発表時の値動きは、あとからFXチャートを見て復習してもいまいちピンときません。

ピンと来ない理由は、その時に値が飛んだりFXチャートが乱れて、海外FX会社によってもFXチャートの値動きが違うからです。

 

しかし、雇用統計発表時にリアルタイムで値動きを追って、トレード日記に記録しておくと、数ヵ月後、数年後に日記を見返した時に大いに役に立ちます。

短い時間足のFXチャートで見ると値が飛んでいるけど、長い時間足のFXチャートだときれいな値動きで、トレンド転換のサインだったということもあります。

 

アメリカの雇用統計発表だけでなく、各国の金利発表時も大きな経済指標なので、リアルタイムで値動きを追ってトレード日記をつけましょう。

 

テクニカル分析において手動でFX取引している場合、トレード日記を使って復習していると効率が良いです。

取引ミスしたり、成行で予定より多めにプラス決済できたり、押し目と戻り目をとらえられた場合、日記に残しておいて後々読み返すと、役に立ちます。

 

例えば、アメリカの雇用統計発表時に値動きが激しいので、たまたまテクニカル分析でポジションを持とうとします。

予定より押し目と戻り目をうまくとらえられなかった場合、記録を残しておくと、ポジションを持つタイミングの精度の見直しができます。

 

トレード日記を使ってトレード手法の精度を上げられるので、海外FXで利益率が上がりさらなる成功を手に入れられます。

 

 

・勝敗パターンを把握して勝ちにつなげよう

トレード日記を使って復習分析していると、どういうタイミングで勝ちやすいか負けやすいか、勝敗パターンを把握しやすくなります。

勝敗パターンの原因は、トレードの手法や海外FX売買する時間帯、ポジションの数など、トレードする人によってさまざまです。

 

大きな経済指標時にポジション調整がうまくできたか否か、自分が海外FX売買する時間帯以外に大きく値動きがあった、自分のFX取引用パソコンや海外FX会社のサーバが不安定になったなどの環境的要因、など理由はさまざまです。

 

そのような理由もトレード日記につけて分析して、勝ちにつなげて成功へ近づきましょう。

 

 

知識をインプットするためにもセミナーに参加しよう

 

・参加すれば必ず利益が増えて成功するとは限らない

海外FX取引に特化したセミナーに参加して知識を増やしましょう。

しかし、参加して満足するだけでは、必ず勝って成功するとは限りません。

 

セミナーで聞いたトレードのテクニックを参考にして、自分のやりやすいトレード手法に照らし合わせて、精度を高めていきましょう。

 

 

・知識だけでなくFXトレーダー仲間も増やそう

FXセミナーを参加すると、FXトレーダー仲間を増やせるメリットもあります。

海外FX売買はまだ国内FXと比べてマイナーで情報も少ないので、海外FXのトレーダー仲間を増やすと口コミが入って情報交換しやすくなり、励ましあえます。

成功しているFXトレーダーの中には、グループを組んで勝ち進んでいる人たちもいます。

 

海外FXで利益を増やし勝ち残って成功するために、常に新しい知識を取り入れて、自分のトレード手法の精度を高めていきましょう。

 

 

タイタン9つの理由

XMで資産を増やす方法

タイタンとXM対決

コメント欄

コメントを残す

*