海外FXでナンピンは避けるほうがいい

ナンピンについて

ナンピンとはそもそもなんなのでしょうか?

感じで書くと「難平」と書き、感じがあるということはその歴史は古いのです。今の投資取引、株式取引で使われる前に、江戸時代の米商人によってこの言葉が使われていました。

 

「難を平らにする」というのが省略系となり「難平」となりました。

 

その言葉から想像がつく通り、最初の購入価格と現在の価格の平均をだすことから始めます。

 

そしてその下がってしまった価格で同じ通貨を買い増しし、その通貨がふたたび上がった時に、プラスマイナス0にするというのが、基本的な発想です。

 

今の海外FX取引のFX手法として、ナンピン買いという売買手法について説明すると、自分が買った通貨が自分の予想とは逆の方に動いてしまったとしましょう。

 

その時点ではポジションが含み損になってしまっています。そしてその為替の相場が下がってしまっている時にさらに同じ通貨を買い増しし、同じポジションを追加で持ち、結果的にポジションの平均コストを下げられ、利益率を維持できるというのがナンピンの投資手法となります。

 

しかし、FX初心者おすすめ本やブログサイトの記事などではこぞって禁じ手として紹介されています。「下手なナンピンすかんぴん」という格言もあるほどです。その理由はなんなのでしょうか?

 

成功すればいいが失敗すると危険

・ナンピンで助かる例

ナンピンはどんな時でも悪いというわけではなく、ナンピンによって助かる場合もあります。具体例を出せばドル円取引で円安(ドル高)を予想して、為替レートが1ドル100円の時にドルを購入し、ドル建てでポジション保有したとしましょう。

 

そして自分の予想とは逆に円高方向に動き出し、1ドル99円になってしまったとします。二つの平均価格は99.50となります。なので取引値がふたたびここまで来るのを予想し、99円の時点で買い増しし、そのドル値段が99.50に上がれば、平均購入価格として利益がトントンになるという理屈になります。

 

・ナンピンで損が大きくなる例

しかし一般的にナンピンはヤバイ手法として知られています。失敗例として上の例とは逆に1ドル99円から買い増ししたけれどドンドン下がってしまったとしましょう。それは被害を救うどころか、もっと大きな損になってしまいます。

 

・レバレッジが大きいと証拠金維持できなくなる

さらに海外FXはハイレバレッジの大きな額の証拠金取引が可能です。

 

レバレッジとは何かというと、FXでは取引会社に自分のお金を取引証拠金としてFX口座に預け入れることができるのですが、その証拠金の何倍かの資金で取引をすることができます。これをレバレッジと言います。例えば10万円証拠金を預けいれてレバレッジが400倍だとしたならば4000万円の取引ができることになります。

 

もちろん取引額が多ければ多いほどリスクは大きいですが、チャンスにもなります。このレバレッジが日本国内FX業者だとせいぜい25倍程度でレバレッジ規制がかかってしまうのですが、海外FXだと先ほど述べた400倍くらいが相場で、中にはレバレッジ1000倍!などの国内業者が真似できないようなハイレバレッジを提供する業者もあるほどです。

 

しかしこれは逆のケースも然りで大きな額で取引できるということは、大きな損失をする可能性があるということでもあるのです。

 

レバレッジをかけてナンピンしようとし、それが失敗してしまったとしたら、大きな損失をし、証拠金が維持できなくなる可能性もあります。それによりマージンコールや、ついには強制ロスカットの可能性まで出てきてしまいます。

 

・マージンコール強制ロスカットの可能性

マージンコール及び、強制ロスカットとはなんなのでしょうか?

 

マージンコールとは

レバレッジを効かせた取引でその時点のレートで大きなマイナスとなる状況だった場合に証拠金の追加預け入れを証券会社から請求が出されます。これをマージンコールといいます。

 

そして強制ロスカットはご自身のポジショが、証券会社があらかじめ設定したロスカットレベル(必要証拠金維持率)を下回るとロスカット、強制決済となって、自動的に売買が行われます。これを強制ロスカットといいます。

 

トレーダーにとっては証拠金の大半を失うことになるので最も避けたいことなのですが、ナンピンをすることによってマージンコール、強制ロスカットのリスクが大幅に増えてしまします。

 

ナンピンせずに損切りする

・読みが誤っていたと諦める

FXを理解する上でトレンドという概念は重要です。

 

トレンドというものは例えばニュースでどこかの国の経済の好調ぶりが予想されたり、またはどこかの会社の株価が大暴落したりした時などに顕著に起こる全体的な傾向のことですが、FXはタイミングが何より大事ですので、このトレンドの始まりを見分けられるかどうかはFXで儲けられるかどうかにダイレクトに関わってきます。

 

そしてそれはいつ損切りをするのかに大きく関わってきます。

 

損切りとは、今のところ自分の投資がマイナスになってしまっているけれども今後さらなるマイナスを防ぐためにそのポジションを早めに手放してしまうことです。

 

これは自ら損を選ぶ行為なので最初のうちはあまり気が進まないかもしれませんが、マイナスになり始めたのにもかかわらずいつまでもそのポジションを保持していると、大損害につながるケースも大多数あります。

 

FXは勝つ時もありますが、もちろん負ける時もあります。それは誰でも例外ではありません。ただそこで重要なのは負け方になってきます。負けだと思うと心理的に辛いですが、自分なりの損切りのルール、損切りラインを作っておき、FX自動売買ソフトなどを使ったロスカット機能を使って自動的に損切りをするという戦略も非常に重要な手法となってきます。良い負け方は次の勝ちへと繋がっていきます。

 

FXの成功の秘訣はタイミングに他なりませんが、基本は「ナンピンではなく損切り」ということを肝において為替取引を始めていきましょう。

 

 

まとめ

今までナンピンがいかに危険で、避けたほうが良いのかについて書いてきましたが、ナンピンは実は成功することのほうが多いのです。なぜかというと為替相場は波のように動くので、下がったら十中八九上がります。

 

しかし、危険なのはいつ下落するかというリスクを理解せずに気軽にナンピンをしてしまうFX初心者がナンピンをしてしまうのがよくないということなのです。ベテランのFX個人投資家の中には効果的にナンピンを駆使する方もいらっしゃいます。

 

例えば、FX取引予想や、ファンダメンタルズで上昇の予想情報が出て、ロウソクチャートを見ても上昇が予想される場合はそこを買わない手はないでしょう。マーチンゲール手法などの伝統的な取引手法と組み合わせたナンピンの手法などもあります。

 

これはあくまで、まだFXというものを理解していないはじめのうちは全体の資金量のイメージがしにくく、資金管理の認識がしっかりしていないうちはナンピンのようなやり方はおすすめできません。ナンピンではなく損切りやリスク分散を基本にしてFXトレードを進めていくのがベターと言えるということなのです。

タイタン9つの理由

XMで資産を増やす方法

タイタンとXM対決

コメント欄

コメントを残す

*