海外FXで一攫千金

海外FX一攫千金
スポンサーリンク

海外FXで一攫千金

海外FXのイメージというのは人によって様々ですが、多くの方は「一攫千金」といったイメージをお持ちではないでしょうか?
しかし、世の中そう簡単に一攫千金など狙えるものではありません。
海外FX初心者がいきなりFXで利益を上げられるかといえば、当然ながら難しいと言わざるをえないのです。

しかし、海外FXには大きな利益を生むことができるポテンシャルを秘めていることは事実であり、海外FXで利益を上げたいならば「海外FXにはどのような特徴があるのか?」ということをまずは知らなくてはいけません。
そこでこの記事では、海外 FXや海外FX業者の特徴やメリット・デメリット、適切な取引を行なうための資金管理の方法などをご紹介していきます。

・海外FXのメリット

そもそも、海外FXはなぜ人気なのか?
それは、国内業者では不可能なハイレバレッジ取引を海外FX業者では可能としている事が挙げられます。
株式投資では信用取引を行なえば自分で用意している資金の3.3倍まで取引ができますが、国内FXでは最大25倍までの取引を行なうことができるようになっています。

株式投資と比べれば国内FXは非常に大きな取引を行なえるように感じますが、海外FXを利用した場合は更なるハイレバレッジ取引が可能となり、最大3,000倍というレバレッジをかけて取引を行なう事も可能となるのです。

また、海外FXの平均的なレバレッジは400倍と言われていますので、最大3,000倍というレバレッジを採用しているブローカーはあまり多くありません。
しかし、400倍でも国内FXと比べれば16倍の取引が可能となるので、十分ハイレバレッジ取引といえます。
そもそも、海外FXが「一攫千金を狙える!」と思われている最大の理由がこのハイレバレッジ取引の影響であり、少額の投資金額でも何百倍、何千倍の投資を行うことができるのでその分リターンも大きいと考えられています。

事実、数万円、数十万円といった資金から億といった金額の利益を短期間で上げた方も少なくは無く、その情報がネットで拡散され「自分にもできるかも」といった方が増加し、近年FXはどんどん人気を博して来ました。
また、海外FXのメリットはハイレバレッジ取引だけではなく、『追証なし』という国内FXでは考えられないメリットもあるのです。
本来、レバレッジをかけて取引を行なうためには証拠金(担保)が必要となるのですが、相場の動きによっては証拠金(担保)を大幅に超えた損失を出してしまう可能性もあります。

そのような場合に発生するのが追証です。
損失が出てしまい、最低証拠金維持率(担保)を下回りそうになった場合は必要証拠金(担保)を口座に入金しなければ強制的に自動決済(ロスカット)されてしまいます。
更に、万が一損失があなたの資金量を上回ってしまった場合、それはあなたの借金として残ってしまうのです。
FXを始める方はリターンに目がいきがちですが、借金を残して市場から退場していった方は一攫千金を当てた方よりも遥かに多いのです。

ですが、これはあくまで国内FXの話であり、実は海外FXの大きなメリットとしまして「追証がない」という点が挙げられます。
海外FXは追証がないので、どんなにハイレバレッジ取引を行なっても自己資金以上の損失を被ることはありません。

そのため、国内FXのように「大きな借金を背負って市場から退場」ということにはならないのです。
レバレッジ規制のかかった国内FXよりも何倍ものハイレバ取引が可能であり、追証がない分大きな借金を被ることもない。
海外FXが人気なのは、国内FXにないメリットが多数あるからなのです。

・一攫千金はギャンブルになる

海外FXはレバレッジの高さから「一獲千金を狙える!」と思われがちですが、そもそもそのようなギャンブル性の高い発想では海外FXで継続して利益を上げることは難しくなります。
なぜなら、一攫千金を狙うためにはそれ相応の一発狙いの取引方法を採用する必要があり、そうなりますと、それはもはや投資ではなくギャンブルとなってしまうからです。

まず、確認しておかなくてはいけないことなのですが、FXとは投資法であり決してギャンブルの手段ではありません。
勿論、海外FXをギャンブルと捉え、一攫千金狙いで取引を行なっている方に対して異論はないのですが、「継続して海外FXで利益を上げたい」と考えているならば一獲千金という考えは捨てるべきです。
また、海外FXのメリットとしまして「国内FXでは不可能なハイレバレッジ取引を行なうことができる」という点がありますが、デメリットとしまして「一瞬で口座資金が0円になってしまう可能性もある」ということを知っておかなくてはいけません。

海外FXには追証がないので、口座に入っている資金以上にマイナスになることはないのですが、ハイレバレッジ取引はそのレバレッジの高さゆえに、少し相場が動いただけで一瞬で強制ロスカットされてしまう可能性も高く、メリットが大きい反面今まで積み上げてきた利益が一瞬でなくなることも多々あります。
ですので、海外FXはメリットばかりではなく、デメリットもあるということを知った上で取引を行ないましょう。

・海外FXはきちんと理解すれば良い投資方法である

海外FXは、多くのFXトレーダーが今現在も利益を上げている優良な投資法です。
しかし、海外FXで利益を上げるためには相応の知識を知るところから始まり、取引の経験値を積み、相場の動きを読み取る力を養っていく必要があります。
FXとは、いわゆる為替なので、「為替市場はどのような事が起きればどのような値動きをするか」というのを予想しながら通貨を売買します。

しかし、FX初心者の方は当然ながらいきなりそのようなことは予測できないので、まずは知識と経験値を少しずつ積んでいかなくてはいけないのです。
そして、FXで利益を上げていくためにはもう一つ、資金管理の徹底がかなり重要となってきます。

まずは、自分の投資用資金がどのくらいあるのかを正確に確認してみましょう。
また、この投資用資金ですが、中には借金をしてまで資金を捻出する方もいらっしゃいますがそれは絶対におすすめできません。
本来、投資というのは自分の生活を行なえる範囲で行なうものであり、借金や使ってはいけないお金などで行なうものではありません。
そのようなお金で投資をしても冷静な取引ができない可能性が非常に高く、結果的に勝率の低下に繋がってしまいます。

ですので、投資用資金は自分が生活を行なえる範囲に設定し、余裕を持って取引を行なえる常態にすることをおすすめします。
投資用資金が把握できれば、次に決めるのは取引量です。

FXで利益を上げていくためには、「損をしないこと」が大前提となり、そのためには『リスク管理』を徹底しなくてはいけません。
① 1回の取引で許容できる損失額
② 損切り幅
上記二つを決めて取引に望むようにしましょう。

1回の取引の許容できる損失額につきましては、自分の資金額の1~2%に設定することをおすすめします。
大体、その位の許容損失額でしたら精神的な負担も少ないといわれているので、その後の取引も冷静に行うことが可能です。
人というのは、損失が大きくなると「取り返さなければ」という感情が出てきてしまい冷静な取引を行なうことが難しくなります。

結果的に損失は広大してしまう可能性が圧倒的に高いので、それではリスクが増すばかりとなります。
また、そのようなことにならないためにも、予め損切り幅を決めていくことも重要です。
取引を行なう際に『利確ポイント』と『損切りポイント』を決めておくことによって相場の動きに惑わされない取引を行なう事が可能となり、同時にリスクも抑えることができます。

海外FXは、「損をしないこと」これが最も大切です。
海外FXを利用するからといって無理にハイレバレッジ取引を行なう必要はありません。

最初は少額の取引を行ない、相場に慣れてきたら取引額を上げていけばいいのです。
海外FXのレバレッジの高さは、要は「取引の引き出し量」と考えるといいでしょう。
取引の経験を積んでいけば、少しずつ「勝てるポイント」というものがわかってきます。

その際には、存分にハイレバ取引のポテンシャルを発揮しましょう。
まずは、極力リスクを避けて、自分の資金をしっかりと把握しながら適切な枚数(ポジション数)で取引を行なうことをおすすめします。

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座