海外FXはなぜ稼げるのか?事例と解説

海外FX稼げる

海外FXは株式取引や国内FX取引と比べても大きな儲けを得ることができると言われています。

そう書くと、リスクも多いので損失も多い様な感じがしますが実際はそうとも言い切れません。

どの様な点で見ても海外FXは稼ぐできることができる要素が他を上回っている印象があります。

本記事では海外FXがなぜ稼ぐことができるのかということを一つ一つ見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

海外FXで稼げる要素

・最大数百倍のハイレバレッジ

レバレッジはFX通貨取引において重要な概念になっており、FXで儲ける為には欠かせないものです。

とくに海外FXの評価が高まってきているのはこのレバレッジが大きく関係します。

しかしレバレッジとはそもそもなんでしょうか?

レバレッジはFX口座に預けた証拠金をレバレッジ率に応じて、掛け金を増やすことができる仕組みです。

なので自分が本来かけることのできる資金よりもはるかに大きな額での取引が可能となるのです。

そもそも、FXは株式投資の何倍ものレバレッジをかけることができるので、

「少額の投資資金でも大きなトレードができる=見込めるリターンも大きい」

と認識がFXの人気の一因となっています。

ですが、国内FXは2010年を境にどんどんレバレッジ規制が行なわれてしまったため(法人口座は対象外)、今では最大25倍のレバレッジしかかける事が出来なくなっているのです。

最近国内FXを始められた方は知らないと思われますが、元々は国内FXブローカーを利用しても200倍や400倍といったレバレッジをかけて取引することも可能な時期がありました。

しかし、今ではその1/10以下が国内FXでは最大レバレッジとなっていますので、ハイレバレッジ取引に慣れてしまっている方からしてみれば、現状に物足りなくなってしまうことも無理はないかもしれません。

そして、国内で唯一ハイレバレッジ取引を行なう方法、それが海外FXとなっており、前述の通りハイレバレッジ取引に慣れてしまっているFX専用投資家の多くは

海外FXに転向し、また、最近では海外FXを推奨するブログ等も非常に多く、その影響で新規トレーダーも増えていることから近年ではどんどん海外FXを行う方が増加しているのです。

・追証なし

海外FXの大きなメリットとしましてハイレバ取引が可能なこと。

そして、追証がないことが挙げられるでしょう。

そもそも、追証とは国内FXで採用されている証拠金が不足した場合に起こる現象のことを指すのですが、追証は損失額の大きさによっては大幅な借金としてトレーダーに残ってしまう可能性もあるので、国内FXで最も恐ろしいのは追証と言っても過言ではありません。

しかし、その追証は海外FXでは採用していないので、海外FXで取引を行い、万が一口座の資金以上に損失が出てしまっても、トレーダーが口座資金以上の借金を被ることはありません。

これは、国内FXではありえない海外FX特有のメリットであり、このゼロカットシステムがあることによって、トレーダーは思いっきりのいい取引を行なう事が可能となります。

また、為替市場は24時間動いているので「寝ている間に大幅な損失が出ていた・・・」といったことも珍しくありません。

近年で言いますとスイスフランショックもそれに該当するでしょう。

ですが、そのようなケースでも海外FXを利用していれば追証がないので、最悪の事態(借金)は免れることができるのです。

ハイレバ取引とゼロカットサービス(追証なし)。

この二つの大きな魅力が、海外FXが人気となっている一因です。

・少額で稼げる可能性がある

ハイレバレッジ取引は、投資資金が少額でも大きく稼げる可能性がある取引方法です。

そもそも、投資を行なうためにはそれ相応の投資資金を用意する必要があり、資金は多ければ多いほど投資に有利とされています。

しかし、FXを行なう全ての方がそんな多額の投資資金を用意できるかといえばそうではありません。

むしろ生活費を削り、その中から投資資金を捻出している方のほうが多いでしょう。

そのような方でも、多額の投資を可能とするのが海外FXのハイレバレッジ取引です。

海外FXの平均レバレッジは約400倍と言われていますので、単純に考えると資金の400倍までの投資を行うことができます。

また、レバレッジは投資効率を高めることができるので、取引通貨量を抑えたとしてもハイレバレッジ取引ならば少額の資金でも無限の利益の可能性を秘めているのです。

なので例え収入が少なくても、取引口座の残高が少なくても稼げる可能性は残されています。

またスキャルピングなどで、少ない掛け金で超短期取引などの方法も資金の少ない方が儲ける方法として人気です。

海外FXが稼げる理由

ここでは上に述べたハイレバレッジを含め海外FXで稼げる理由を紹介していきたいと思います。

・海外FXの0カット制度

海外FX業者では0カット制度がないところの方が少なくなっています。

日本国内FX業者と比較すると0カット制度があるところの方が少ないのでこの差は歴然です。

そもそもゼロカット制度(追証カット制度)とは、為替の急激な変化に対してFX業者の強制ロスカットが間に合わず、損失分を顧客に請求することを避ける仕組み、FXサービスです。

普通のFXならばどのような大損害をしても財産がマイナスになってしまうことはないのですが、この仕組みがないせいで借金をしてしまうケースもあり得てしまうのです。

これはFXトレーダーにとってリスク管理の点においても歓迎される制度となります。

追証がないと安心して取引できるのでストレスも軽減されます。

この制度ですが国内業者ではほぼ発生してしまいます。
国内FX業者の取引規定として取引システムやサーバーなどの不具合に起因するトレーダーの損失に関する一切の責任を免責とし、トレーダーに追証するとあります。

追証分は証券会社との話し合いによって決められるといいますが、返済しない場合財産差し押さえなどの法的な手段にでられます。

よくFXトレードで莫大な借金を負ったなどという話は記事情報サイトやFXブログの口コミでよく目や耳にしますが、ちゃんとゼロカットシステムさえ整っていれば、普通あり得ない話なのです。

FXというものは性質上、預けた証拠金をすべて失い、口座残高が0になる可能性はありますが、それ以上のことは起こりません。

・海外FXの0カット制度を生かして稼ぐ

0カット制度はただ単にリスク回避に役立つだけでなく、積極的に儲けを出す手法として利用していくことも可能です。

代表的なものには「両建て」というトレード手法があり、国内FX業者では真似できないような、海外FXの2大特徴であるハイレバレッジと0カットシステムを応用したトレードシステムになります。

両建てではロングポジション(買い)とショートポジション(売り)の口座をそれぞれ用意し、FX口座に入れる資金はFX通貨ペアはドル円、ユーロドルなど基本的なものでも構いません。

両建てを注文する際、入金額はどちらも同じ額で構いません。

これでレートがどちらに動いても利益を獲得できるようにするためです。

これが両建てというFX手法の特徴となります。

どちらにもハイレバレッジでポジションしているので、必ずどちらかの口座は勝つことになり、片方は必ず利益確定になります。

しかし片方の取引口座は敗けるので、証拠金維持率が維持できなくなりマイナスになりますが、追証なしなので、どれだけ損をしても借金になることはありません。

つまり下は上限があるにもかかわらず、上はハイレバレッジでどこまででも伸びていくので、損益通算してプラスになるというのが、両建てのカラクリとなります。

しかし例えば、思ったより利益の動きが少なく、片方の口座がロスカットにならないという場合においては損得が差し引き0さらにスプレッド、手数料合わせるとマイナスにさえなる可能性があります。

さらに中途半端な動き方をして片方の口座がロスカットになるギリギリのラインを下回るような値動きをした場合、ロスカットで0になってしまうので、大損をしてしまうことになります。

このような理由から変動幅が小さいと損失が上回るので、あらかじめアメリカ雇用統計などの重要経済指標や窓が開く市場オープンを調べて、そこを狙って目標

利益を立てて両建てするのが効果的でしょう。

両建ては目標pipsを立て,ロスカット水準などをしっかりと調べ、目標利幅を計算し、戦略的にすれば効果的に儲けることができる投資手法ですが、必ず儲かる必勝法ではないことに注意しましょう。

・ハイレバだから稼げる

上に書いたように海外FXで一番特徴的といえ、海外FXを始めようと思う理由の一番にあげられるのがハイレバレッジにあります。

ただしいつでも最大レバレッジで投資すればいいのかと言うと、決してそんなことはなく、推奨自己資金や推奨レバレッジを参考にしながら取引を進めていきましょう。

・海外FXでボーナスを使ってノーリスクトレードで稼げる

国内FX業者とも比べても海外FX会社はボーナスが豊富です。

例えば海外FXブローカーのXMを見てみると口座開設をするだけで3000円分のボーナスがもれなくもらえます。

XMの公式サイトはコチラ⇒

これは実はすごいことで、なぜなら自分の今の資金を失うことなく取引をして儲けを出すことが可能だからです。

つまりこれは名実ともにノーリスクトレードと言えるのです。

他にも100%入金ボーナスなど事実上証拠金が2倍になるキャンペーンなどもよく行っています。

XM利用者に限らず海外FXはボーナスが非常に豊富なのです。

勝っていくには知識が必要

これは、海外FXに限らず何でもそうですが、お金を楽に稼げる投資方法などそうあるものではありません。

何でもそれ相応の努力が必要であり、海外FXで勝つためにも知識等を知っていく必要があります。

例えば「損切り」と言われて何のことか検討もつかないようであればまだまだFXを始めるのに不安があります。

そこで、FXを始めたばかりの方は、まずはFXの用語サイトなどを見てFXの専門用語を知ることから始めることをおすすめします。

近年、ネットの普及により海外FXの参考文献などが簡単に見られるようになりましたが、そもそもFXの用語を知らなければ、参考文献の内容等も把握する事が難しく、それではせっかくの情報も効果半減となります。

ですので、まずはFX用語を知り、参考文献等を見てトレードを行なっていき少しずつ相場に慣れていくようにしましょう。

その後、アメリカ雇用統計などを読むなどテクニカル分析ができるとさらに勝率を上げることができます。

・アメリカ雇用統計×海外FXで稼ぐ

アメリカ雇用統計は海外FXにおける重要なデータとして広く捉えられています。

これはアメリカでどのくらい多くの人が働いていて、どのくらい多くの人が失業しているのかを示す指標で毎月発表されます。

これには全部で10つの項目があり、特にFXに関係するものは非農業部門就業者数と失業率になります。

アメリカは国民1人1人の消費がGDPの約7割を占めていると言う国柄もあるので、その国民一人一人の経済状態、すなわち雇用状態がアメリカの経済に非常に大きな影響を与えます。

特にドル円通貨ペアで取引をしているFXトレーダーにとって大変重要な指標となってきます

この様なトレードの仕方にはちゃんとした名前もついておりそれを「ファンダメンタルズ分析」と言います。

この手法にはアメリカの雇用統計だけではなく、米小売売上高、FOMCなどの重要経済指標発表から米大統領選などの政治的事件などすべてのデータを使い、FXのトレンドを分析していきます。

最近ではスキャルピングなどの短期手法が注目を浴びていますが、本来の原始的なFXの手法として、今も多くのトレーダーが使用しており、おそらくしっかりと読むことができれば一番儲ける確率が高い手法とも言えるでしょう。

・ギャンブル思考ではいつか負けて残金0

FXには以上の様なデータと経験をもとにした思考を重ねていくことが必要不可欠となります。

ギャンブル思考で運に任せ、知識もないまま取引に臨むトレーダーの方もいますが、そのようなトレードを行なっても継続して利益を上げることは限りなく難しく、

いつかは投資資金が底をついてしまいます。

海外FXで継続して勝ちたいならば、小遣い欲しさの副業だとしてもギャンブル思考で取引を行なうことは絶対に止めましょう。

・努力せずに稼げるものではない

FXは始めたばかりの初心者がハイレバレッジを用いて短期間にかなりの高額を儲けるということがよく取り上げられそのようなイメージを持っている方が多くおられるのも事実と言えるでしょう。

確かにそのような側面もありますが、そのようなトレーダーの大半がすぐに大損をしてしまうというケースも本当に頻繁に起こります。

ハイレバレッジを用いて爆発的に儲ける方法は概してギャンブル的な要素が強く大きく儲けられる反面、損もしやすくなってしまうからです。

FXのもう一つの側面として、FXや経済のことを勉強し、手堅く資産運用をしていくというものがあります。

これは決してすぐに大きな額を稼ぐような華やかなものではありませんが、損失のリスクを抑え地道に資産を増やしていくことが可能です。

この方法はFXに関する知識や実践学習が不可欠となるので、少なからず努力が必要となってきます。

結局のところ兼業FXトレーダーがFX副業をして小遣い稼ぎをするにせよ、FXで儲けようと思ったら努力は必要不可欠となるのです。

・利益狙うなら、決済目標がカギ

上のように戦略的に利益を狙うならば、どのような方法を使うにせよしっかりと決済目標を立てることが重要となってきます。

つまりどの値段で買って、どの値段で売るかという計画を明確に立て、それによる利益を計算し、それに従ってトレードを進めていくということです。

これにはシステムトレード、つまり自動売買を使っていく方法が有効となっていきます。

・目標獲得pips数から手法や判断基準を構築する

pips数は定義でいうと「為替レートが動く時の最小単位」となります。

よく初心者FXトレーダーでなくても間違えている人がいるのですが、これは最低取引単位とは異なり、これは言葉の通り「取引をする時の最低通貨単位」となります。

なので必ずしも最低pips(ピップス、ピップ)数で取引できるとは限りません。

例えばドル円取引通貨ペアで円口座からドル建てで例を出すと

1ドル当たり、114.99、114.00、114.01、114.02など小数点第二位のところが為替市場で動いていくこととなり、ここがpipsとなります。

このpipsはポイントと呼ばれることもあります。

そしてどのくらいpips数で値幅を稼ぎたいかどうかを自分で計算していくことがFX儲けることに直接関係してきます。

小さな幅のpips数を考えているなら、必然的にスキャルピングやデイトレードなどの手法になってきますし、大きなpips数を予定しているなら必然的にロングポジションとなってくるでしょう。

このような組み立て方もFXの一つの重要な戦略となってきます。

安易に儲かる・稼げるといったブログ記事を鵜呑みにしない

・デモ口座で試せば失敗しても安全

海外FXを始めたばかりの方は、取引の方法や値動きのスピード、約定するまでの時間など全てにおいて慣れるまでにある程度の時間を要します。

ですが、海外FXの場合多くのブローカーがデモ口座という無料で利用ができる架空の口座を用意しており、デモ口座ではリアル口座と全く同じレートの配信とスプレッドの提供を行なっているので、最初のうちはデモ口座である程度の取引の経験を積む事が可能となっています。

デモ口座といえ、市場の動きは全てリアルなものとなっていますので、違うのは仮想マネーという点だけとなっておりその他は通常のトレードと全く一緒となっています。

そもそも、いきなり実際のFX取引口座でトレードを行なっても、緊張もしますし手順も不明な点が多く、しかも市場がどのように動くのか最初は検討もつかないものです。

何より、最初はどうしても損失を出してしまう可能性のほうが圧倒的に高く、それならばトレードに慣れるまでデモ口座で取引を行なったほうがデメリットよりもメリットの方が大きいのです。

まずは、デモ口座で市場の動きや取引の方法、リスクコントロールなどを学んでからリアルトレードを行なうようにしましょう。

口座開設をするだけで稼げる

・海外FX会社で取引をするならキャッシュバックで稼げる

海外FXは実際に取引をせずとも、口座を開設するだけで儲けることも可能になってきます。

なぜならそれはボーナスやキャッシュバックという制度があるためです。

これはある特定の口座を開設しただけでもらえるもので、多くの企業では取引に使える証拠金がもらえるのですが、中には本当に現金がもらえる場合もあります。

証拠金として使えるキャッシュバックがもらえた場合でも、条件が揃えばノーリスクでトレードすることも可能となるため、実質キャッシュバックのみで稼ぐということも可能となります。

キャッシュバックについてはコチラ

ファイナルキャッシュバック公式サイト⇒
キャッシュバック

・アフィリエイト目的の情報は多い

「海外FX、キャッシュバック」などで検索するとキャッシュバック専用サイトを始め、個人投資家のブログや非常に多くのFX情報サイトが見つかります。

いずれの情報役に立つものが多いのですが、その反面それらを鵜呑みにしてしまうのはオススメできません。

なぜならばアフィリエイト目的で情報を提供している場所も数多くあるからです。

FX業界にはIB業者(イントロデューシング・ブローカ)という業者があり、簡単に言えば上に書いたキャッシュバックを提供している側の団体になります。

このIB業者はFX業者を紹介して登録してもらうことが仕事となり、いわゆるFXキャッシュバックサイトで、アフィリエイトIB業者の一種となります。

大手業者が主にIB業者となるのですが、実は個人投資家もこのアフィリエイト活動をしてこのIB業者になることが可能です。

FXに興味を持ってもらい、キャッシュバック登録する人間がいる限り、継続して報酬が得られるチャンスがあるのがこのビジネスの特徴です。

なので口座開設をしてもらうために特定業者に有利な記事を書くということもよく起こりうることなのです。

ある企業にはメリットもありますが当然、デメリットもあります。

アフィリエイト記事ではその中でメリットだけ取り上げ、デメリットを無視する傾向があります。

このような理由からアフィリエイト目的のサイトを鵜呑みにするのではなく、多角的に情報収集をし、その上でFX業者のメインサイトを確認していくという作業が必要不可欠となります。

・アフィリエイトで稼いでいる人も

ただこの「IB業者になってアフィリエイト」で稼ぐという方法はこれを読んでいるあなた自身でもできる手法です。

「海外FXで稼ぐ」というとトレード口座を開設して通貨取引をして稼ぐということを思い浮かべる方が大半ですが、実はこの様なアフィリエイトの手法は多くの人が見逃しているものということができます。

スポンサーリンク

FXの様々な稼ぎ方の事例

FXでは上に述べた以外にも様々な稼ぎ方があり、その人その人で稼ぎ方は異なってきますが、中でも本当に高額を稼ぐ「カリスマトレーダー」という方がいます。

果たしてこれらが参考になるかはわかりませんが、一つのいい教材にはなるので少しその例を紹介していきます。

・脱税で捕まった「世田谷4億円主婦」が稼いだ方法

話は遡りますが、2007年4月にFXで4億円の利益を上げて1億円以上の脱税をしたとして世田谷区の主婦が東京国税局に告発されました。

脱税はもちろん犯罪なので、そうなってしまったことは決して褒められることではありませんが、普通の主婦が4億円稼いだということは非常に夢のある話として捉えることもできます。

では普通の主婦であった彼女は一体どの様にしてこの様な高額を稼いでいたのでしょうか?

何か門外不出の秘密がありそうですが、実は特別なことはしておらず、FXの猛勉強をしただけです。

彼女は5人ものFXの先生のもとで学び、ありとあらゆるFXの本を読みあさり、リスクを犯すことなく安全な投資スタイルを確率できたおかげで最終的に年に数億円も稼ぐまでに至ったのです。

つまりここからの教訓としては「FXに魔法の様な特別な手法はなく、地道な勉強とリスク管理によって億万長者になれる」ということが言えます。

もちろん、FXで儲けたら税金を払わないといけないということも言えると思います。

・資産104万円⇒200億円以上にした元ネトゲ廃人の手法

「CIS」という名前を聞いたことがあるでしょうか?

おそらく投資の世界で最も有名な方の一人と言えます。

CISとは有名な株式トレーダーのハンドルネームで、大学時代に始めた時点での投資資金はわずか104万円だったと言いますが、現在彼の利益は200億円を超えていると言います。

彼の発言として有名なのが「相場の3大アホ&カモ」というもので、具体的には

1.銘柄の価値が下がっていても、買値が低いからと言って問題視しない
2.含み損を損として認識しない
3.景気の良し悪しや通貨の価値で今後のレートの動向を確信する

というトレーダーは儲けることはできないということです。

これらはいずれも投資のリスク管理によるもので、彼が損失リスクにいかに注意を払っているかを読むことができるものです。

彼の場合はFXではなく株取引でしたが、教訓になる部分はたくさんあると思います。

FXや投資というと華やかに大金を一気に稼ぐというイメージがありますが、本当の成功者やCISにしても4億円主婦にしても、これらの話からはリスク管理や地道に

投資の勉強を重ねてきた方が一番強いという教訓をくみ取ることができます。

 

・ハイレバのスキャルピング手法

ハイレバレッジを用いたFX手法は短期間で大きな利益を儲けることも可能です。

特にスキャルピングなどの短期戦略的な投資手法を使えば、数時間で何百万の利益を稼ぐことも夢ではありません。

しかし上でも書いた通り、このような手法は当然ハイリスクとなりますので、かなりの計画を立てておく必要があります。

経済指標、経済カレンダー、市場のオープン、クローズなどを総合的に見て、確実にどちらかに為替値が大きく動くと読めた時のみこれを実行するのがオススメです。

さもなければ取り返しのつかないことになるのは目に見えているからです。

このようなことからも、どのような手法をとるにせよ、FXの学習、理解の努力を怠らず、経験を積んでいくことが大切となっていきます。

このような夢を持つことはモチベーションの維持にもつながるのでそれはそれで大切なことなのですが、FX取引を始めたばかりのFX初心者の方は是非デモ口座からはじめていき、FXを理解してから本番のFX口座開設をしていきましょう。

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座