AXIORY(アキシオリー)の検証評価

axiory

AXIORY(アキシオリー)の特徴

■日本マーケットを意識したサービスと極狭スプレッドが魅力の新興海外FX業者

ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)に金融ライセンス登録する『AXIORY(アキシオリー)』。

2014年で日本居住者に対する海外FXサービスを停止した「Pepperstone(ペッパーストーン)」の後継ブローカーとして注目を集める新興海外FX業者のひとつです。

実際、取引システムやサポート面など日本市場を意識した日本人トレーダー向けの海外FXサービスが充実しており、Pepperstone利用者の多くが『AXIORY』を乗り換え海外FX口座として選択しています。

取引口座タイプは、取引手数料無料の一般的トレーダー向けの「AXIORYスタンダード口座(STP方式)」と、極狭スプレッドを提供する「AXIORYナノスプレッド口座(ECN方式)」の2種類をスタンバイ。

提供する平均スプレッドの狭さは海外FXブローカーの中でもトップクラスと評判。最大レバレッジは400倍で取引方法や口座の種類によるレバレッジ制限はありません。

また、追証なしのゼロカット保証を採用。顧客資産は全額信託保全なのも安心して海外取引できるポイントでしょう。

Axiory公式サイト⇒
Axiory公式サイト

あわせて読みたい

◆海外FX業界No.1のトレード環境を実現する2種類の口座タイプ

『AXIORY』の取引口座(アカウント)の種類は、STP方式を採用した「スタンダード口座」とECN方式を採用した「ナノスプレッド口座」の2種類。

海外ブローカーとしての標準的な能力を備えた「スタンダード口座」は取引手数料が無料。

どちらかと言えば一般のトレーダー向きなので、取引コストを考えてもFXトレード歴のない初心者の方はまずこちらのアカウントで口座開設することをオススメします。

一方、海外FX会社最安値の手数料($3.0/1ロット)で取引できる「ナノスプレッド口座」は、米ドル/円・ユーロ/米ドル・ユーロ/円といったメジャー通貨が0.1pips~と驚異的な低スプレッドを提供。

海外FX比較しても、スキャルビング派のFXトレーダーにとっては最高のパフォーマンスが期待できるアカウントです。

また、MT4プラットフォームやEA(FX自動売買ソフト)の利用など、リアル口座のスペックがそのまま試せるデモ口座も用意(有効期限は最終ログイン日より30日)。

トレード口座の種類や通貨別、投資スタイル、投資金額などの状況に応じて複数のデモ口座を開設することができます。

◆FXトレーダーの利便性を追求したトレーディングツールを導入

『AXIORY』では、世界No.1の実績と利用率を誇る「MetaTrader4」(MT4/メタトレーダー4)をメインのトレーディングツールに採用しています。

また、数年前には最先端のGUIを搭載したFX取引プラットフォーム「cTrader」を導入。

「cTrader」はロンドンのSpotware Systems Ltdが開発したトレーディングツールで、素早い注文処理を可能にするなど本物志向のプロトレーダーから圧倒的な支持を得ています。

どちらのツールも、「スタンダード口座」と「ナノスプレッド口座」の両方での利用が可能。

最適化された海外FXツールはマルチプラットフォームに対応しており、海外FX利用者が理想とする快適なトレーディング環境を提供してくれます。

◆1/1000秒の実行スピードにこだわった高い約定力

約定能力に関しても非常に定評がある『AXIORY』。

ロンドン、ニューヨーを中心とした世界最大規模を誇る「Equinix(エクイニクス)社」のデータセンター内にトレーディングサーバーを設置。

約定能力世界トップを目指す海外FX業者として、常に最高レベルの安定した取引環境を構築するべく、365日24時間体制でエンジニアが監視、改善に取り組んでいるそうです。

実際にトレードしていても、国内FX業者とは比較できないほどの素早いレスポンスで注文がサクサク通る印象。約定拒否もなく、スムーズに取引できています。

また、公式サイトでは約定率(リクオート率)と約定スピードのデータが公開されているので、その優れた約定力を他の海外業者と比較することができます。

◆日本人向けの驚異的な最狭スプレッドを提供

創立当初から「海外FX会社トップの最小スプレッドを目指す!」と宣言した通り、『AXIORY』はほとんどのFX取引通貨ペアにおいて安定的に低スプレッドを提供。

$3.0(1ロット)のトレードコストでFX取引できる「ナノスプレッド口座」は、メジャー通貨ペアの米ドル/円・ユーロ/米ドル・ユーロ/円が0.1pips~。

取引手数料無料の「スタンダード口座」は、ユーロ/米ドル0.3pips~、米ドル/円0.4pips~、ユーロ/円0.4pips~。

過去、平均スプレッドが最も狭いと言われた「Pepperstone」より狭い通貨ペアも多く、スキャルピング派のFXトレーダが多い日本人にとってはそのメリットを最大限に活かしたトレードを展開することが可能です。

◆最大400倍のハイレバレッジで取引可能

『AXIORY』では8種類(1倍・10倍・25倍・50倍・100倍・200倍・300倍・400倍)のレバレッジを用意。

初心者からプロトレーダーまでそれぞれの海外FX投資スタイルに応じて選択することができます。

ただし、顧客資金を保護するという目的で証拠金残高によって設定可能なレバレッジに上限が設けられています。

【証拠金残高0~US$100,000】→ 最大400倍
【証拠金残高US$100,001~US$200,000】→ 最大300倍
【証拠金残高US$200,001以上】→ 最大200倍

US$100,000が400倍の上限なので、ほとんどのFXトレーダーが最大レバレッジを活用できると思いますが、海外FXでのレバレッジ取引は少額の資金でも大きな利益が得られるという反面、手元の資金を全部失ってしまう可能性もあるので取引には注意が必要です。

なお、取引口座の種類や取引ロットによるレバレッジ制限はありません。

◆トレーダーを損失拡大から保護するマージンコール&ロスカット

海外FXトレードの魅力は、国内業者と違ってレバレッジを利かせることで証拠金の何百倍もの資金を運用することができる点ですが、それは逆に急な相場変動などが起こった場合に大きな損失につながる可能性も秘めています。

そこで『AXIORY』では、元本の損失拡大からFXトレーダーを保護するため、証拠金維持率によるマージンコール(損失警告)とロスカット(自動決済)のガイドラインを設定。

マージンコールは証拠金維持率が50%以下になった段階で、取引ツール上より警告が行われます。具体的には「MetaTrader4」のターミナルウインドウの損益表示欄が赤色で表示されることになります。

また、ロスカットは証拠金維持率が20%以下になった段階で、最も損失の大きいポジション(建玉)から順番に強制決済が自動的に実行されることになります。

◆ゼロカット保証採用で追証の発生なし

『AXIORY』では、取引の安全性を確保するため、追証が発生しないゼロカット保証を正式に採用しています。

このゼロカット保証により、マーケットの急変動で大量の注文が集中し、設定した注文がクローズされずに証拠金がマイナスになっても、証拠金を超える損失を請求されることはありません。

例え証拠金がマイナスになっても、24時間以内に口座残高はゼロにリセットされるので安心です。

◆信託保全で入金分は全額補償

信託保全のシステムがしっかりしている点も、海外FX利用者が『AXIORY』で口座開設する決め手のひとつになっているようです。

顧客資産は信託保全先である「Sparkasse Bank」の信託口座にて分別管理。

ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)の規制を受けているので、例え『AXIORY』が破綻したとしても資産返還規約に基づいて資産は全額返金されます。

ただし、信託保全で補償対象となるのは入金した金額のみとなるので注意してください。

◆FX取引可能な全通貨ペアのリアルタイム値を公開

『AXIORY』で取引できるFX通貨ペアは、メジャー通貨からマイナー通貨まで約60種類。ちなみに、今後は70種類程度のFX通貨ペアを提供する予定だそうです。

公式サイトでは、海外FX取引可能な全通貨ペアの価格値、スプレッド値、スワップ値を口座別に公開。リアルタイムの数値が比較できるのでかなりトレードの参考になるはずです。

なお、FX通貨ペアの最低取引数はスタンダード口座、ナノスプレッド口座共に0.01ロット。

最大注文ロット(取引量)は1銘柄につき1,000ロットで、保有ポジション数に上限はありません。

また、FX通貨ペア以外にも、CFD取扱銘柄として株価指数・貴金属・コモディティーなどの金融商品を高いレバレッジでCFD取引することができます。

◆24時間リアルタイムでの口座入金が可能

『AXIORY』には、クレジットカード、デビットカード(VISA)、国内銀行送金、海外銀行送金などの入金方法があります。

クレジットカード、デビットカードの場合は24時間リアルタイムでの口座反映を実現。国内銀行口座からの送金は着金の確認後30分以内、海外銀行送金は完了後3~5営業日程度での取引口座反映となります。

初回最低入金額は20,000円(US$200)。入金手数料は20,000円(US$200)以上の場合は無料。20,000円(US$200)未満の場合は1回につき1,500円(US$15)となります。
※銀行送金による入金の場合、振込手数料は利用者の負担。

また、出金方法はクレジットカード、デビットカード(VISA)、海外銀行送金などに対応。

出金手数料は20,000円(US$200)以上の場合は無料。20,000円(US$200)未満の場合は1回につき1,500円(US$15)が必要です。
※銀行送金による出金の場合、受取銀行・経由銀行の手数料が別途発生。

◆FX口座開設方法はオンラインで最短30分

『AXIORY』のトレード口座開設は審査をオンラインで行うので、申し込みから最短30分の手続きで口座開設完了します。

土日・祝日を除く平日であれば16:00(日本時間)までに申し込みを完了すれば当日中に海外口座を開設することが可能です。

申し込みに必要な証明書類は本人性確認書類(写真付き)と現住所確認書類の各1点。証明書類もすべてオンラインで認証が完了します。

なお、AXIORY口座開設時の初回最低入金額は20,000円(US$200)。口座開設費用、口座維持費用は必要ありません。

◆サポートはFXに精通したスタッフが完全日本語対応

メール、ライブチャット、電話(コールバック)といったサポートに関してはすべて日本語対応。国内FX業者と同等のサポートを受けることができます。

FX全般に精通した専属スタッフがスタンバイしているので、トレードや入出金方法でトラブルが発生しても問題ありません。

また、『AXIORY』では高度なテクニカル問題や苦情に対応するためプロフェッショナル・アンサーサービスを用意。どんな難問でも上級オペレーターが丁寧に回答してくれるので安心です。

もちろん、公式サイトや入出金管理用のポータルサイト、各種海外FXツールも日本語化されています。

◆『AXIORY』の会社情報

【正式名称】Axiory Global Ltd.
【本社所在地】No. 5 Cork Street, Belize City, Belize
【金融ライセンス登録】IFSC (International Financial Services Commission) No.IFSC/60/255/TS/16
【創業年度】2013年
【日本語サポートデスク】FAX:(03)6735-7063 / Mail:jpsupport(at)axiory.com

Axiory公式サイト⇒
Axiory公式サイト

あわせて読みたい

XMで資産を増やす方法

タイタンとXM対決

コメント欄

コメント

  1. ビタミンABC より:

    こんにちは。
    大変詳しいようですので、とても参考になります。
    ちょっと良く分からない部分がありましたので、質問させて頂きます。

    「AXIORY」や「BIGBOSS」などにも記載があるのですが、
    分別保管や信託保全の説明にございます、
    「ただし、信託保全で補償対象となるのは入金した金額のみとなるので注意してください。」
    とは、どういう意味なのでしょうか?
    口座を作って最初に入金した分だけが補償されるが、
    トレードで儲かった部分については補償がされないという意味なのでしょうか?
    だとすれば、トレードして利益を出したら、毎回一度国内に出金してから、
    再度「AXIORY」や「BIGBOSS」などの口座へ送金しなおさなければ、
    分別保管や信託保全の補償対象にならないということなのでしょうか?

    無知な質問ですみません。
    現在、海外FX会社を探しておりましたところで、
    こちらの海外FXキラーさんのサイトをみつけまして、
    勉強になるなと読んでおりましたところでした。
    もし、よろしければ教えて頂けると幸いです。
    お忙しくなければ、ご返答よろしくお願いいたします。

    1. 海外FXキラー より:

      ビタミンABCさん、コメントありがとうございます。
      通常はその口座に入っている金額全体に対して上限2万ユーロまで信託保全されるのがユーロ圏でのきまりになっているはずです。
      ですので、儲かった分とか最初に入金した分という仕分けはないはずです。
      また、分別管理というのはその会社が自社で行っているもので第三者に依頼していないので信託保全とは異なりますね。
      コインチェックがどうやらこれにあたるようです・・・。
      明確な回答ができす申し訳ありません。
      よろしくお願いします。

コメントを残す

*