海外FX業者のマージンコール

海外FXマージンコール
スポンサーリンク

マージンコールとは

・証拠金の追加要求

FX(外国為替証拠金取引)ではマージンコールというものがあります。
カタカナでマージンコールと言われるとわかりづらいですが、レバレッジを効かせた取引でその時点のレートで大きなマイナスとなる状況だった場合、証拠金の追加預け入れを証券会社から請求が出されます。これをマージンコールといいます。

・レバレッジ

レバレッジとはなんでしょうか?これはFXトレードを進めていく中で非常に重要な概念となってきます。

FXは証拠金取引と言われるように、取引会社に自分のお金を取引証拠金として取引口座に預け入れることができるのですが、その証拠金の何倍かの資金で外国為替取引をすることができます。これをレバレッジと言います。例えば10万円証拠金を預けいれてレバレッジが400倍だとしたならば4000万円の取引ができることになります。

もちろん取引額が多ければ多いほどリスクは大きいですが、チャンスにもなります。このレバレッジが日本国内FX業者だとせいぜい25倍程度でレバレッジ規制がかかってしまうのですが、海外FXだと先ほど述べた400倍くらいが相場で、中にはレバレッジ1000倍!などの国内業者が真似できないようなハイレバレッジを提供する業者もあるほどです。

・あくまで警告

マージンコールはあくまで警告なのです。つまり例えて言うとサッカーでイエローカードを出されたようなものです。

マージンコールがかかったと言うことは次はロスカット(強制決済)が見えてきますが、もしマージンコールがなかったと考えるといきなり強制ロスカットとなってしまいます。なのでマージンコールはないよりはある会社を選ぶのがベターでしょう。
さらに大きなレバレッジは魅力的ですが、そのFX企業がどの程度の証拠金維持率でマージンコールを出すのかということも合わせて見ておきましょう。

・マージンコール割合の例

しかしこの投資家にとって耳の痛いマージンコールはどのくらいの割合で起こるものなのでしょうか?もちろんFX会社によって変動するのですが、比較すると多くの証券会社はFX証拠金維持率100%以下というところが多いみたいです。そしてロスカットについてはFX証拠金維持率50%以下で行われるところが平均といえるでしょう。

ロスカットのFX証拠金維持率は低ければ低いほど良いように見えますが、考えようによっては悪くも捉えることもできます。なぜかというといざロスカットされた際に、大量に資金を失うことになるのでロスカット時の証拠金残高が非常に少なくなってしまうからです。
ロスカットとの連動に注意

・本当に怖いのはロスカット

マージンコールは追加の証拠金を補える証拠金額を持ち合わせていれば切り抜けることができるので、実際はそこまでの痛手ではないのですが、マージンコールが行われたと言うことは次はロスカットが近づいてくると言うことになります。

FX会社があらかじめ設定したロスカットレベル(必要証拠金維持率)を下回ると強制決済となって、自動的に売買が行われます。これをロスカットと言います。たいていの場合マージンコールとロスカットはセットになって連動して行われるので注意が必要です。

ロスカット条件も業者によってまちまちなのですが、証拠金維持率が50%を下回った場合にロスカット基準をセットする業者が多いみたいです。トレーダーは証拠金の大半を失うことになるので多くの損失になります。最も避けたいことですね。

・ハイレバレッジの際は注意

上でレバレッジの説明をしましたが、ハイレバレッジ取引する際はさらに注意が必要といえるでしょう。なぜならハイレバレッジをかけるということは証拠金が相対的に低くなることを指し、早めの段階でマージンコールや強制ロスカットが行われてしまうからです。

このような点から、ロングポジションをとる方よりもむしろ、スキャルピングやデイトレードなどの取引方法を用いたハイレバレッジトレードのスタイルを取る方は、取引手数料に関わるスプレッドも大事なのですが、FX会社比較をした際になるべく、ロスカット基準の低いFXブローカーで口座開設を行うべきでしょう。

すぐにマージンコールやロスカットがかかってしまってはまともな取引にならないからです。後はいつもいつも最大レバレッジで取引しないように心がけるなどの配慮も必要となるでしょう。

マージンコールの前に損切りする

・好転することはまずない

マージンコールが起こったということは好転することはほとんどなく、そのまま下がり続けます。FX投資というものには波やトレンドというものがあって、一度どちらかに傾いたらしばらくは一定してその傾向になるという特性があります。

その通貨が上がったならFXトレーダーは得をしたいのでその通貨を買いに走り、上げのトレンドとなります。逆に下がったと言うことはみんな損をしたくないのでその通貨を手放しがちになります。なので辛抱強く待っていたとしても負けにつながります。

負けだと思うと心理的に辛く売りたくない気持ちもわかりますが、自分なりの損切りのルール、ラインを作っておき、システムトレードでのカットシステムなどの機能を使って自分のラインで自動的にロスカットをするという戦略も非常に重要な手法となってきます。良い負け方は次の勝ちへと繋がっていきます。

・荒れ相場なら助かる可能性あり

その相場が荒れ相場ならばどちらに転ぶかわからないという点で助かるという可能はありますが、それでもマージンコールがかかったのにそのまま続けるのは危険です。自動トレードで自分なりの損切りライン、ルールを作って売るというのも有効な手段です。

まとめ

マージンコール自体はそこまでの打撃とはならないのですが、そこに来た時点ですでに危険ということです。特にはじめたばかりのFX初心者の人たちはここに至る前に早め早めに行動してロスカットリスクを下げるようにしていきましょう。

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座