海外FXのネッテラー(neteller)利用不可

ネッテラー

まずネッテラー(Neteller)とはなんだったのでしょうか?

ネッテラーはロンドン証券市場上場会社であるPaysafe(ペイセーフ)が運営する電子マネーでした。

簡単に言えばEwallet、オンラインウォレットのことであり、オンライン上で電子マネーを使って決済できる送金手段サービス、オンライン決済サービスの手段の一つとしてネッテラーがありました。

もちろん国や通貨を飛び越えて使える国際決済サービスともいえました。

あわせて読みたい

送られてくるNETELLERカードというマスターカードのデビットカードでカード入金や、ATMから現金引き出しの機能もありました。

日本国内業社で言えば楽天EdyやSuicaやau WALLETと類似のサービスということができます。

海外FXトレーダーの取引先FX口座への入金方法としても、出金手段としても人気を集めており、取引方法のプロセスのうちに入れていた方も多かったのです。

海外企業でありながら日本語対応もしており、非常に使いやすい送金サービスでした。

現在ネッテラー対応の海外FX業者なし

2016年9月15日にネッテラーは日本におけるサービス終了のお知らせというものをだしました。

実際はサービス自体が終了するというものではなかったのですが、日本国内からネッテラー経由でギャンブルゲーム業者(オンラインカジノ、ブックメーカー、オンラインポーカー、オンライン麻雀)などの取引システムへの入出金ができなくなりました。

そして今ではネッテラーで海外FX業者から出金をするのは極めて難しくなってしまいました。

これはAML(アンチマネーロンダリング)の法令遵守によるものです。

似たようなサービスを行う業社でSkrillも10月以降日本での利用が停止となりました。

背景として、日本人ユーザーの増加、に伴う取引量の増加、セブン銀行ATM詐欺事件などから金融庁からの圧力が高まったとみられます。

ただネッテラーの日本でのサービスが終了してしまったわけではなく、サイトで無料口座開設もできますし、マイページログインもできるようです。

しかしその際でも2016年10月以降からマイナンバーの提出が必要になるなどの対応が必要となりました。

これはネッテラーを通じた税金逃れを防ぐ方法だと考えられます。

多くの海外FX会社の口座開設でマイナンバーは今の所提出の必要はない中で、非常に珍しいケースといえるでしょう。

海外FX業社のFXDD&FXCM、ThinkForex、Pepperstoneとどれも人気があり信頼も実績もあった優良企業でしたが、近年金融庁の圧力によって利用停止、日本から撤退を余儀なくされました。

日本の金融庁の圧力というよりオーストラリアの金融庁ASICによる圧力が直接的なきっかけのようですが、そのASICに圧力をかけたのが日本の金融庁という見方もあります。

今後もこのような海外の金融サービスが日本から撤退させられるケースは続くと予想されます。

もっとも人気のあった送金サービス「ネッテラー」と、もっとも人気のあったFX会社の「Pepperstone」さえ日本から撤退してしまったので、今後どこの企業が撤退するのかは予想しにくいというのが現状といえるでしょう。

ネッテラーを利用した海外FX口座への入出金

・取引口座への反映が早かった

銀行振込送金であれば手数料が高い上に反映されるまで時間がかかりましたが、ネッテラーなら非常に高速で、平均1営業日ほどで取引口座に反映されたので、海外FXトレーダーの間で重宝されました。

ネッテラーからの出金は24時間コンビニなどででき、デビッドカードと同様の使い方ができました。

海外送金であっても国内送金手数料がかかるのみで、出金手数料などもかかりません。

相対的にまたは最小に取引手数料を抑えることができ、非常に割安だったと言えます。

・複数業者間での資金管理に便利だった

オンラインカジノ、ポーカーのサイトほぼ全てを網羅していて、数多くの通貨ペア、海外FX業者間の資金の移動にも使え、為替手数料も低く、非常に便利なサービスでした。

さらにネッテラーカードというネッテラーで口座をつくるともらえるマスターカードはオンラインでのFX口座への入金、出金が無料という海外FXでトレードをする上で欠かせないカードだったのです。

ネッテラーの運営元が最初にも述べた通りロンドン証券取引所に上場しており英国金融行動監視機構(FCA)の認可を受けていたので、取引の安全性は保証されていました。

利用者の100%の資金を信託保全されていたと言うので、経済危機などが起こっても資金が守られるという点でも安心して使うことができました。

リスク分散という面でも一つのFX業社に資金を置いておくのではなく、定期的にネッテラーに資金を移動することで、資金管理を容易にしていました。

ネッテラーからの出金と手数料

・海外銀行送金

先ほど述べたAMLのせいでネッテラーからの出金は基本的には銀行口座からの銀行送金のみとなってしまいまいした。

この場合3-5千円程度の手数料が発生してしまうため、ある程度まとまった額を出金する必要があるといえるでしょう。

・Net+カードでATMから引き出し

これは以前ではよくある出金方法だったのですが、大幅に手数料が引き上げられました。

以前は日本円の場合一律で650円だったのですが、2016年の4月17日より現金の引き出し手数料が1.75%となったようです。

ネッテラーの代替手段

ネッテラーがこのような状況になってしまった上に、大手FX会社XMからXM口座開設すると発行するFXカード出金ができるXMカードまで利用停止となってしましました。

今のところ比較してみて、代価サービスとして考えられるものは大きく2つあります。

EcoPays(エコペイズ)とOKPAY(オーケーペイ)です。

どちらも英国金融監督機関のFCAの認可の元電子マネーのサービスをしています。

FCAと言えば世界的に見ても非常に厳しい基準として有名なので、どちらも信頼できる優良企業といえるでしょう。

ただしネッテラーもFCAの認可ではあったので今後この2社がどのようになっていくかはまだはっきりとしないというのが現状です。

中でも手数料の安さをとるならば、多くのサイト記事でOKPAYは人気のようです。

しかし日本語サポートサービスは未対応ですので英語が読める必要があります。

エコペイズはプリペイドカードのecoカードによってATMから現金を引き出すことができます。

そのほかの手段としてまだまだ利用者の数は限られていますがビットコインなどが選択肢として浮上してくるのではないでしょうか。

bitpayなどのサードパーティーのビットコイン決済サービスを通したとしても手数料が1%ほどかかるだけなので、ネッテラーと比べても圧倒的に安いです。

そして送金速度も数時間で完了するなど圧倒的に高速です。

安全性もブロックチェーン技術というものを使って送金経路の情報を追跡可能なので、問題はないでしょう。

今のところの問題点としてはビットコイン自体の相場の変動が激しい点といえるでしょう。

ただ海外FXの入金目的だけならば代価手段として、そしてFX手法としてメジャーになる可能性は大いにあると言えます。

ネッテラーについてのまとめ

このように単にFXに限らず日本在住者で海外業社を使うことに対しての規制が続いています。

金融庁としても国内FX業社を使って欲しいというのが本音でしょう。

詐欺業者からユーザーを守るという役割があるため厳しいことはある程度は仕方がないのですが、このような規制ラッシュがすこしでも収まるよう祈るのみです。

だからといって海外FXがやりにくくなったのかというと必ずしもそういうわけではなく、またそれに代わる代価手段もあります。

今後どこまで国内での規制が強まるかはまだ未知数ですが、現在このような情勢であるということを念頭に置きつつ、FXブローカーおよび、入金、送金手段を選択していきましょう。

タイタン9つの理由

XMで資産を増やす方法

タイタンとXM対決

コメント欄

コメントを残す

*