海外FXの0カットシステム

日本業者と比較して、海外FXの利点は多くあります。
取引手数料やスプレッドの狭さ、スキャルピングなどの取引方法、入金方法、出金方法、日本語対応しているかどうか、その時の入金ボーナスキャンペーンや口座開設ボーナスも考慮してもいいかもしれません。

その上、海外FX口座開設方法は国内FX口座開設と比較しても簡単と言えます。
そして何より海外FXは0カットシステムを採用しているところが多いので安心してFX取引が進められます。

スポンサーリンク

0カットシステムについて

FX業界には0カットシステムというものがあります。
ゼロカット制度(追証カット制度)とは、為替の急激な変化に対してFX業者の強制ロスカットが間に合わず、損失分を顧客に請求することを避ける仕組み、FXサービスです。

普通のFXならばどのような大損害をしても財産がマイナスになってしまうことはないのですが、この仕組みがないせいで借金をしてしまうケースもあり得てしまうのです。
これはFXトレーダーにとってリスク管理の点においても歓迎される制度となります。

追証がないと安心して取引できるのでストレスも軽減されます。

・国内FXにはない

この制度ですが国内業者ではほぼ発生してしまいます。
国内FX業者の取引規定として取引システムやサーバーなどの不具合に起因するトレーダーの損失に関する一切の責任を免責とし、トレーダーに追証するとあります。
追証分は証券会社との話し合いによって決められるといいますが、返済しない場合財産差し押さえなどの法的な手段にでられます。

・海外FXにはある

しかし国内業者と比較して海外FXならばゼロカット制度ありというところも珍しくはありません。
それどころかこれが世界的にみてスタンダードだといえるでしょう。

この点からも海外FXの公平さが見ることができます。

・証拠金以上の損失が発生しない

FXというものは性質上預けた証拠金をすべて失う可能性はありますが、それ以上のことは起こりません。
FXトレードで莫大な借金を負ったなどという話は記事情報サイトやFXブログの口コミでよく目や耳にしますが、ちゃんとゼロカットシステムさえ整っていれば、普通あり得ない話なのです。

・追証なし

0カットシステムはしばしば追証なしという言葉に置き換えられます。
定義的には委託証拠金率が最低保証金維持率を下回った時に追加で保証金をFX口座に預け入れなければならないことを指します。

この二つは基本的には同じと捉えていただいて構いません。

・国内FXだと莫大な借金を抱える可能性

その反面国内FX会社で口座開設した場合、ゼロカット制度がない場合が大多数です。なので9.11やサブプライムローン問題、リーマンショック、ギリシャショックや東日本大震災のような社会全体を巻き込むような大恐慌、大災害が起こった場合にその会社が多額の損失を追ってしまった場合、トレーダー側にまで莫大な借金を抱えてしまう可能性があります。

0カットシステムで助かる場合

・追証で借金が発生する例

通常追証は証拠金維持率、つまり口座残高が極端に低くなった場合にそのポジションを維持するために証券会社から請求されます。

これはいわゆるマージンコールという形で行われます。
マージンコールがかかった場合は追加証拠金をFX口座に入金しなければなりません。

もちろん証拠金維持率によって入金額も変わってきます。

そしてたとえその証拠金が維持できなくなってしまったとしても普通は強制ロスカット実施などがあるので、そこでFX業者によって強制決済されてしまいます。
なのでレバレッジをたくさん効かせたトレード手法をしたとして、損害が大きくなったとしても借金を背負うことはありません。

しかし取引している為替が大暴落してしまった場合、約定力の低さからロスカット注文が間に合わずその業者が大損害をこうむってしまう場合があります。
その業者の損失を補うためにトレーダー側が追証として追加支払いしなければなりません。

このケースにおいてトレーダーの口座資金がマイナス残高、つまり借金となる可能性があります。
FX業者の損失をトレーダー側が支払わなければならないというのは不条理だと言う意見は多くありますが、これが追証で借金が発生する最たるケースでしょう。

・0カットシステムで損失が抑えられる例

そのような意に反した為替の大暴落をしてしまったとしても0カットシステムのおかげで借金を背負う可能性はなくなります。
追証は証拠金残高を保つために必要な時は必要ですが、0カットシステムの名前が指す通り最大の損失でも0までで資産がマイナスになるまで請求されることはありません。

スイスフランショック時の対応例

スイスフランショックについて簡単に説明すると、2015年1月15日にスイス中央銀行のスイス国立銀行が行ってきた無制限為替介入を突然撤廃したことによるユーロスイス通貨の急変動、大暴落を指します。
ユーロスイス為替相場は一時41%ほどの大暴落をおこしました。

この際に多くのスイスフラン建てをしている投資家は大損害を被りました。
多くの日本国内FX各社はこの時損失分の追加請求を要求してきました。

しかしほとんどの海外FX業者は彼らの公言している0カット制度をきっちりと守りました。
マイナス分になったものをすべて0にリセットし、トレーダー側に追加の追証請求が行くことはありませんでした。

英国アルパリはその際に損失を被りきれずに経営破綻してしましましたが、トレーダーがその損失を被ることはありませんでした。
これが本来FXブローカーとしてあるべき姿と言えるでしょう。

スポンサーリンク

0カットシステムまとめ

FX取引で発生した借金については自己破産の免責不許可事由により自己破産は基本的にはできません。なのでFX口座を作って、マイナス口座となってしまい背負ってしまった借金で本当に苦しんでいる人がいるのも事実です。
もちろんその場合も弁護士に相談するなどして自己破産が認められる場合もあります。

しかしオススメしたいのは0カットシステムのある信頼できるFX業者を選ぶということです。
そのようなリスクを考える上でも人為介入せずコンピューターによって取引が処理されるECN口座やSTP口座でのECN取引、STP取引ができる透明性の高い海外FX業者でFX口座を開設することをオススメします。

もちろんその際もしっかりと海外の金融ライセンスを取得していて詐欺業者でないかどうか対応FX会社をチェックしておきましょう。
例えばXM、AXIORY、ランドFX、タイタンFX、トレードトラスト、エースフォレックスなどすべてスイスフランショックの時にはゼロカットシステムを適応しました。

FXの基本姿勢として口座資産の管理などのリスク管理、そして常に万が一のことを考えておくことが大事です。

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座