海外FX口座への入出金で使用するデビットカード(プリペイド)

海外FXデビットカード

少ない投資資金でも、ハイレバレッジ取引によって多額のトレードを行うことができる海外FXは近年人気の投資法となっています。

しかし、海外FXを利用するためには海外FXの取引口座へ入金を行う必要があり、その際に発生する入金手数料や出金手数料などを考慮すると、クレジットカードを利用して入出金を行なう事が一番効率が良い決済方法といえるでしょう。

ですが、全ての方がクレジットカードを持っているわけではありません。中にはカードの審査に通過しない方もいらっしゃいます。

そんな場合におすすめしたいのがデビットカードです。

デビットカードならば審査も無くカードを発行でき、海外FXの入出金も非常にスムーズになります。
この記事では、そんなデビットカードや海外FXの入出金の情報を徹底解説していきます。

スポンサーリンク

・クレジットカードとデビットカードの違い

世界では普及率が非常に増えているデビットカードですが、日本国内では意外にも認知率が低めです。

そんなデビットカードですが、クレジットカードと非常に近い機能を持っている優れたカードとなっている反面、若干ながらデメリットもあります。

では、デビットカードとはどのようなカードなのか?見てみましょう。

①審査が無い

クレジットカードは非常に便利ですが、過去に金融事故等を起こした経験があったりする場合は審査に通過できない可能性もあります。
せっかく便利なカードも発行してもらえなければ何の意味もありません。

しかし、デビットカードには審査が無いので100%発行してもらう事が可能です。

また、機能もクレジットカードと非常に類似しているので「クレジットカードを利用したいけど審査に通過できない」という方にはデビットカードはおすすめです。

②分割払いは不可能

クレジットカードを利用した場合、一括払いだけでなくリボ払いなどの複数回に分けた支払いが可能です。

ですが、デビットカードの場合は口座からの即時決済のみとなりますので、口座に残高がなければデビットカードを利用することは不可能となります。

また、海外FX口座に入金する場合も口座の残高分のみ入金が可能となっているので、その点は利用するにあたって注意が必要といえるでしょう。
逆に言えば、必要以上に使いすぎるというデメリットはありません。

③金融事故の心配がない

クレジットカードのリボ払いや分割払いは、大きな買い物も可能にできる非常に便利な支払い方法ですが、その反面、中には使いすぎて支払いが滞ってしまう方もいらっしゃいます。

そうなってしまった場合、信用情報機関に通達がいき、あなたの信用情報に傷がついてしまうかもしれません。
しかし、口座残高の分しか利用ができないデビットカードならば、そのような金融事故にあう心配もないのです。

また、上記のようなメリットもありますが、デビットカード一番のメリットは、何と言っても審査が一切無いことでしょう。

特に、海外FXの入出金においてクレジットカードは非常に有効であり、多くの手数料を軽減できるクレジットカードは持っていないだけでデメリットといっても過言ではありません。

ですが、クレジットカードは全ての人が持てるわけではなく、審査に通過できない人にとってはデビットカードは頼もしい味方になってくれるでしょう。

・海外FXにおけるデビットカードでの入出金

海外FXを利用するにあたって、入金方法や出金方法は多数あります。

しかし、いずれの方法も手数料がかかってしまい、海外銀行送金にいたっては最低でも2,500円以上の手数料がかかるのです。
FX取引以外にこのような出費が定期的にあるのは非常にデメリットと言えるでしょう。

ですが、デビットカード(クレジットカード)を利用した入出金の場合、手数料は無料となっていますのでこれは大きなメリットと言えるでしょう。

ちなみに、デビットカードを利用した出金の場合は「利用のキャンセル扱い」となりますので、出金できる金額は入金した金額のみです。
その代わり、出金手数料はかかりません。

入金した金額以上の出金は、他の方法を用いなければいけないので注意しましょう。

・デビットカードで入出金可能な海外FX業者

デビットカードを使っての入出金は、国内FX業者を含めて全ての海外FX業者で行なえるわけではありません。
そこで、2017年現在デビットカードを利用した入出金が可能な業者をご紹介していきます。

①Big Boss(ビッグボス)

Big Boss(正式名称 Bigboss financial)はニュージーランドに本拠を置く会社です。
インターバンク直結のNDD方式を採用した取引環境で透明性の高い取引を提供しています。
公式ウェブサイトは2016年8月現在日本語対応が完了し、顧客専用ページも同様に日本語対応しており使いやすいです。
日本円建て口座が提供されており、カスタマーサポートの日本語対応レベルは高く、堅実なサービスに人気の声が集まっています。

②XM(エックスエム)

XM は、キプロスCySEC/英国FCA/セーシェルFSA 等その他複数のライセンスを保有する Trading Point社が運営する、最も人気のある海外FXブローカーです。

最大888倍のレバレッジや約定力100%を誇る優れたトレード環境や、複数の日本人スタッフによる丁寧なサポートと充実した日本語環境、手数料がなくスムーズな入出金処理が評価され、2009年の事業開始以来、利用者を増やしてきました。

現在は、口座開設時や入金毎に付与される証拠金ボーナスに加え、取引毎に獲得するポイントなど、最も特典の多いFXブローカーとしても知られています。

また、無料の日本語ウェブセミナーやMT4チュートリアル動画の提供など、顧客サポートにも注力しておりFX初心者にもおすすめです。

③IFC Markets(アイエフシーマーケッツ)

IFC Markets は IFCM ホールディンググループの傘下企業で、2003年からFXサービスを提供しています。
同グループは投資会社を複数運営しており、銀行とのコネクションが強い点も IFC Markets で取引するうえで大きな利点になっています。

入金1ドル&100通貨単位からの取引というハードルの低さと丁寧な日本語サポートがあり、初心者にも利用しやすい海外FX会社です。
顧客資金に保険をかけたり、追証を請求しないゼロカットを採用しており信託保全も万全です。
<参考URL:http://www.kaigaifx.com/>

スポンサーリンク

・海外FX業者が発行しているデビットカード

実は、本来デビットカードの発行元は銀行となっているのですが、海外FXの入出金をより円滑にできるようにデビットカードを発行している海外FX業者も存在していました。
しかし、今現在多くのデビットカードが廃止されているというのが現状です。

これは、人気海外FX業者であるXMのXMカードや、axioryのオリジナルブランドプリペイドカードも同様であり、しかもまだまだこれから廃止されるデビットカードは増えていく事が予想されます。

では、なぜこのようになったのか?原因は発行元のマスターカードにあります。
クレジットカードの国際ブランドであるマスターカードは、海外FX業者が発行しているほとんどのデビットカードの加盟ブランドでした。

ですが、マスターカードが海外FX業者のカード発行をNGにしたことにより、デビットカードの利用も不可能になったのです。

NGにした原因はハッキリとした情報は公表されていませんが、国際ブランドの中で唯一海外FX業者に寛容であったマスターカードが発行NGにしたことは、海外FX業者がこれから先デビットカードを作成する事は非常に難しくなったといわざるをえないでしょう。

・これからは新しい入出金方法に期待

海外FXが発行していたデビットカードやプリペイドカードは、海外銀行送金などに比べれば手数料なども安く非常に便利でしたが、発行を停止された今利用することは不可能です。

勿論、クレジットカードによる入出金などは今までどおり可能ですが、クレジットカードの場合入金した金額が出金できる上限金額となってしまうので、特に出金にいたってはデビットカードの廃止はトレーダーにとって非常に痛手となります。

これから円滑にトレードを行なっていくためにも、海外FX業者には新しい入出金方法を開発していただくことを期待したいところです。

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座