海外FX業者のレバレッジ比較(評判に注意)

海外FXの最大の魅力ともいえるハイレバレッジトレードですが、実はレバレッジの倍率は高ければいいというものではなく、むしろリスクが伴ってしまう場合もあります。

また、海外FX業者を利用するということは国内FX業者に比べてどうしても信頼性という面では劣ってしまい、不確かな業者の口座開設を行なわないためにはレバレッジの倍率だけに目を向けず様々な情報を確認する事が重要です。

海外FX業者の中には2,000倍、1,000倍といったレバレッジを扱う業者も存在しますが、この記事では「レバレッジの倍率だけで海外FX業者を選択することは危険」ということ、そして、実際に存在する海外FX業者の情報を徹底解説していきます。

スポンサーリンク

・海外FXのレバレッジは国内FXの数十倍

本来FX取引というのは、レバレッジをかけることによって自分が用意した資金の数十倍トレードを行うことができる投資法となっています。

例えば、株式投資ならば信用取引を行なえば自己資金の3倍まで取引を行なう事ができますが、FXならば国内FX会社を利用したとしても最大25倍の取引を行なう事が可能となっています。

しかし、国内FXの最大25倍というレバレッジも十分高い倍率ですが、海外FXならばその数十倍である約500倍(平均値)のレバレッジをかけてFXトレードを行なう事が出来るのです。
比較すると、いかに海外FXの取り扱うレバレッジの倍率が高いかが分かります。

・扱うレバレッジが大きすぎるところは信頼性が不安

レバレッジの上限規制がない海外FX業者には、1,000倍や2,000倍といったレバレッジをかけることができるFXブローカーも存在します。
レバレッジのかけることができる倍率が大きいと一見非常に魅力的に感じるように感じますが、実は一概にもそうは言えません。

海外FX業者のメリットは国内FXでは不可能なハイレバレッジ取引を可能にする点ですが、その反面詐欺業者などが存在するデメリットがあるのも事実です。

基本的に、日本の金融庁に登録していない海外FX業者は日本のルールに従う必要がないのでハイレバレッジ取引を可能としていますが、詐欺業者などを利用してしまい、万が一トラブルがあった場合金融庁に相談することは不可能です。

また、「入金はできても出金ができない」「突然取引ができなくなった」などのトラブルは実際に起こっており、主に海外に本拠地を置いている海外FX業者のトラブルは多くのケースで解決に至りません。

そのようなトラブルに見舞われないためには、レバレッジの高さだけに釣られない事が重要です。
勿論、大きなレバレッジを取り扱っている全ての海外FX業者が詐欺業者であるとは言いません。

大事なのは選択する業者の信頼性です。
信頼性を見極めるためには、海外FX業者のクチコミや取引環境、海外の金融ライセンスの取得数などを確認するといいでしょう。

特に、世界的に信頼性のある『キプロス証券取引所(CySEC)』や『ニュージーランド金融市場庁(FMA)』といったライセンスを取得している業者はおすすめです。

・海外FX業者の信頼性をチェック

この項目では、実際に存在する高倍率のレバレッジを扱う海外FX業者の情報をご紹介していきます。

①FBS

FBSは元々取り扱う最大レバレッジが2,000倍でしたが、2016年3月21日には最大レバレッジを更に引き上げ、今では3,000倍までレバレッジをかけて取引を行なう事が可能となっています。

2,000倍でもかなり高い倍率ですが、更に最大レバレッジを引き上げた海外FX業者FBSとはどのようなブローカーなのでしょうか?
FBSがサービスを開始したのは2009年ですので今現在約8年の運営実績を誇ります。

また、日本の金融ライセンスは所持していませんが、ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)に認可を受け、ロシアの非営利自己規制団体(CRFIN)も取得しています。
サービスを展開している国は120カ国以上となっており、FBSを利用しているトレーダーは実に200万人以上です。

運用実績も問題なく「出金ができない」などの報告も聞いたことはないので悪質な詐欺業者などの可能性は0%に近いといえます。
何よりも、FBSは最低1ドルからの取引を行なう事が可能となっていますので、トラブル等が心配な方はしばらく少額のトレードを行い、様子を見てみるといいでしょう。

②XM

XMは実に196カ国以上でサービスを展開している海外FX業者であり、最大888倍のレバレッジをかけてトレードを行なう事が可能となっています。

サービスを開始したのは2009年と早くはありませんが、キプロス証券取引委員会に認可を受けており、2万5千ユーロ(約250万円)まで信託保全を受けることができる点はトレーダーからすると嬉しい点でしょう。

また、日本での知名度や信頼性、人気も非常に高く、最低取引量も10通貨からと海外FX初心者にも安心して利用できるシステムとなっています。

③IFCMarkets

IFCMarketsは、最大400倍のレバレッジをかけてトレードを行うことができる海外FX業者です。

2006年からサービスを開始しているIFCMarketsは10年以上の運営実績を持っており、英国領ヴァージン島の金融商品市場指令(BVI FSC)で許認可を受け、IFCグループの投資会社はCySECの認可も受けています。

また、世界各国には8万人以上の顧客を持っており、信頼性は高めです。
24時間日本語サポートを行なっている点も心強いですね。

④TitanFX

TitanFXは、最大500倍のレバレッジをかけてトレードを行うことができる海外FX業者です。
ニュージーランド証券投資委員会NZFSP(登録番号FSP388647)に許認可を受けています。

また、ECN口座に力を入れていることでもTitanFXは有名です。
他にも、TitanFXは情報の透明性を高めるため、スプレッドは最小スプレッドだけでなく、平均スプレッドも公開しています。

⑤Axiory

Axioryは、2013年にサービスを開始したベリーズ国際金融サービス委員会に許認可を受けている海外FX業者であり、最大で500倍のレバレッジをかけて取引を行なう事が可能です。

また、顧客資産は全額信託保全となっており、海外FX業者では珍しい業者となっています。
しかし、残念ながら2017年現在「入出金トラブルが相次いで起きている」という情報もあるので注意が必要です。

どうやら原因はAxioryが契約していたコルレス銀行から契約を切られた事にあるらしく、「USDが送金できない」といった現象が起きているそうです。
銀行から契約を切られてしまうと入出金のトラブルが続出し、最悪「出金拒否」「FX口座の凍結」など起きてしまう可能性もあります。

一概には言えませんが、今現在Axioryを利用することはあまりお勧めできません。
もし利用するならば、問題がハッキリと解決されてから利用するようにするといいでしょう。

⑥FXDD

FXDDは2002年からサービスを開始した老舗の海外FX業者です。
日本への参入は海外FX業界の中でも早く、知名度もかなり高めとなっています。

FXDDでは、最大400倍のレバレッジをかけてトレードを行なう事が可能となっており、日本語専門のブログや日本語による動画解説やニュース解説など非常に日本人向けのサービスが充実しています。

勿論、世界的にも信頼のある業者となっており、マルタ金融庁(MFSA)の認可を受け、世界13カ国で多くのトレーダーが利用しています。

スポンサーリンク

・リスクを見極める

海外FXでトレードを行なう場合、トレードで負けるリスクだけでなく、詐欺被害などにあってしまうリスクもあります。

リスクを見極めるためには、取引できる最大レバレッジの高さだけでなく、海外ライセンスの数や信託保全、直近のトラブルの有無、世界的信頼などの情報を知る事が重要です。

海外FXで利益を上げていくためには、まずはリスクの無い業者を選ぶところから始めましょう。

海外FXオススメ

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座