海外FX業者のもつライセンスの確認

スポンサーリンク

海外FX業者の所持ライセンス

初心者FXトレーダーが海外FX取引口座を作る際に、気をつけなければならないことはたくさんあります。

FX取引業者のレバレッジの高さ、スプレッドの狭さ、対応通貨、FXサービスとしての取引システムの使いやすさ、
取引手数料、出金手数料、入金手数料、信託保全があるかどうか、
ゼロカット制度があるか、日本語取引サポートあるかどうか、
口座開設ボーナスキャンペーン、入金ボーナスをやっているかどうかなどすべて大切な要素です。

しかしそれらとともに各国の金融監督機関が認めた金融ライセンスをそのFX会社が保有しているかどうかも重要な要素となってきます。

・信頼性に関わる

なぜならばライセンスはFXトレードを進めていく上で欠かせない信頼性に大きく関わるからです。

証券会社がこのライセンスを取得していると言うことは資金を勝手に使ってしまうような詐欺業者ではないということの証明になります。

お金が関わることなのでFX金融取引の信頼性や安全性は重視しなければなりません。

・ライセンスは取り消されることがある

その企業のライセンスは一度とったら、永遠に効力がある訳ではありません。
各国の金融機関ごとにそれぞれ一定の基準がありそこから外れた場合、ライセンスは取り消される場合があります。

・必ず自分で業者のページを見る

そのような理由から情報が古くなっている可能性がある他のサイトページの口コミや評価を見るのではなく、必ず自分でその企業のWebサイトに行き、その企業が海外の金融ライセンスを取得しているか確認する必要があります。

中にはいかにもライセンスを持っているかのように振舞って実は正規ライセンスを持った登録業者でない詐欺業者の可能性もあります。

それを防ぐためにもある程度有名なライセンス会社の名前は覚えておきましょう。

日本の金融庁ライセンス

・レバレッジ規制を受ける

FXでは取引会社に自分のお金を証拠金としてFX口座に預け入れることができるのですが、その証拠金の何倍かの金額で取引をすることができ、これをレバレッジと言います。

例えば10万円証拠金を預けいれてレバレッジが400倍だとしたならば4000万円の取引ができることになります。

もちろん取引額が多ければ多いほどリスクは大きいですが、チャンスにもなります。

このレバレッジが日本国内ライセンスだとせいぜい25倍程度で規制がかかってしまい大きく儲けることが難しくなってしまいます。

海外FXだと先ほど述べた400倍くらいが相場で、中にはレバレッジ1000倍!などのハイレバレッジを提供する業者もあるほどです。

前の例を使えばもし10万円の証拠金の場合なんと1億の取引ができることを指します。

大きなチャンスに繋がることを理解していただけたでしょうか?
大きく利益を出したいならば海外FXを選ばない手はないわけです。

・海外FX業者はもっていない

しかし、海外企業は日本金融庁のライセンスを持っていないことのほうが多く、ほとんど国内金融庁無登録なのです。

一つの理由として、日本のライセンスをとってしまうとセールスポイントの一つであるハイレバレッジが達成できなくなってしまうからです。

二つ目として海外FXネット証券会社に対する日本の金融庁の圧力が挙げられます。

例えば、海外FX企業ThinkForexやPepperstoneはどちらもオーストラリアの企業で利用者が多く、大人気の会社でしたが、日本でのサービスを撤退してしまいました。

さらに海外FX口座振込やFXプリペイドカードとしてMasterCardは使えなくなってしまったり、FX投資家の間で大人気であったFX送金ツール「ネッテラー」も使用中止となってしまいました。

原因は直接的ではないですが日本の金融庁の圧力と言われています。

日本の金融庁はなるべく国内FX業者の口座開設をして欲しいという思惑と、税金の管理を簡単にしたいと言う思惑があるため、現在多くの海外の日本国内のFX市場に対する規制を進めています。

しかし、海外FX業者が日本の金融庁登録なしで日本市場で金融活動するのは全然OKなので、そこは心配することはありません。

むしろ海外FXはハイレバレッジに加え、ECN取引やSTP取引などの自動取引の取引システムを進めている会社が多いので、スプレッドの狭さや、約定力の高さがあるので国内FX業者の取引より透明性が高いという評価もあります。

金融ライセンス例

・英国金融行為監督機構(FCA)

イギリス連邦金融監督庁のライセンスで非常に安全性が高く評価基準が厳しいライセンスとして金融業界で有名で、それだけにここのライセンスをとっているとなると信用大です。

入金フローについて全て人為的ではなく機械的に行われなければ認められません。そして自動化されているからこそ、安全に早く全てのフローが行えます。

なのでブローカー都合の出金拒否などは許されませんし約定スピードも速いです。
完全な信託分別保管は必須である点も安心です。

リスクを第一に考える方はここのライセンスの有無でも業者選びを考えてもいいかもしれません。

・キプロス証券取引所(CySEC)

キプロス証券取引委員会が運営しており、世界で最初にバイナリーオプションを支持した金融当局として有名ですが、概してライセンスの評価基準はあまり高くありません。

なので非常に多くのFX業者がキプロス証券取引所に登録しています。

もちろんある一定の基準はクリアしているということである程度信頼しても大丈夫と言えるでしょう。

・ニュージーランド金融市場庁(FMA)

欧州の銀行や金融商品業者が詐欺行為によって多く訴えられてきた歴史があるなか、2010年以降急速に広まりを見せているFMAです。

欧州の官僚制度のようなしがらみがなく、審査もスピーディーで、一定の信頼性があるライセンスですが、

その反面規制が甘いライセンスとしても知られているニュージーランドFSP(ファイナンシャル・サービス・プロバイダー)というものがあり、詐欺ブローカーがそこで乱立した歴史ももっています。

これは金融規制当局からの認可がある訳ではないので注意しなければなりません。
しかし2014年以降規制を厳しくし、世界基準に近いライセンスといえるでしょう。

・ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)

比較的登録が容易な金融監督庁として有名で、多くの新興海外FX会社が登録しています。
ないよりは信用できますが、取得が容易なライセンスであるということは頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク

信頼性の高いライセンス

ひとえにライセンスといっても様々で、非常に安全性の高いライセンスから、あまりそうでもないライセンスまであります。

今回紹介したなかではFCAが一番信頼性の高いライセンスといえるでしょう。

しかし信頼性が高いということはその反面規制に縛られて、顧客にとっては儲けにくくなるということとも関連してきます。

これらのことを平均して、FX取引業者一覧を参照しながらどこがベストなのか見極める必要があります。

まとめ

海外FX業者が日本の金融庁ライセンスを保持していなくても問題はありません。

しかし気をつけなければいけないのは、そのFXブローカーが海外のライセンスを持っているかどうか、さらに、どのような種類のライセンスを持っているかどうかも確認しなくてはなりません。

ご自身のFX取引スタイルや取引方法に合わせて企業、並びにライセンス選びをしていきましょう。

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座