海外FXに多いNDD方式

NDD方式について

本日は海外FXに多いNDD方式についてご説明します。

FXの注文方式には大きく分けて2種類あります。

NDD方式とDD方式です。

NDD方式とはNo Dealing Desk方式の略です。

・ディーラー不在の取引

NDD方式はディーラーを介さない注文方式です。

DD方式では顧客とカバー先の間にFX業者のディーラーが入ります。

・注文がカバー先に直行

DD方式の場合、顧客の注文を全てカバー先に流しているわけではありません。

一旦自社で注文を溜め、一定量の注文が溜まるまでカバーしない場合や顧客同士の注文をぶつけて相殺させることもあります。

DD方式の場合、顧客とカバー先の間にFX業者のディーラーが入ります。

一方NDD方式はディーラーを介さない方式ですので、顧客の注文は自動的にカバーされます。

複数のカバー先の提示レートの中から最良のレートで注文が執行されます。

・FX会社は手数料で利益を得る

NDD方式では業者と顧客は利益相反関係にはありません。

FX業者はインターバンクなどカバー先のレートに自社の手数料分のスプレッドを上乗せして配信し手数料で利益を得ます。

NDD方式のメリット

・透明性が高い

DD方式の場合は顧客とカバー先の間にFX業者のディーラーが介在しますので透明性に欠けます。

ここで言う透明性とは、ディーラーなどが介在し顧客に不利な注文執行をされていないかなどです。

一方NDD方式では、顧客とカバー先の間にディーラーは介在せず自動的に注文がカバー先に流されるので取引の透明性が確保されています。

・FX会社の呑み行為がない

DD方式の場合、カバーするかしないかはFX業者の判断に委ねられます。

カバーしないで顧客の注文を呑む方式をOTC方式と呼び、OTC方式では顧客と業者が利益相反関係になるのでスキャルピングは嫌われます。

利益相反関係のFXブローカーをOTC業者と呼びDD方式の中にOTC方式が含まれています。

スキャルピングが何故嫌われるのかというのを簡単に説明します。

① サーバーへの負荷がかかる

これは実際に負荷がかかりますし、理由の一つではありますがあくまでも建前上使われることが多いです。

② 顧客の注文を呑んでいた場合、損失を被る可能性が高い

スキャルピングは必ず顧客が勝つわけではありませんが、インターバンクより狭いスプレッドを提示している国内業者ではエッジのある短期売買の手法で利益を出しやすいです。

③ マリー取引の判断がしづらくなる

マリー取引とはカバー取引の一種で顧客同士の注文をぶつけることを指します。

仮に同じタイミングで100枚の買い注文と100枚の売り注文があったとします。

通常100枚の買いと100枚の売りに対してそれぞれカバー取引を行うべきですが、両方の注文をぶつければカバーを行う必要はありません。

両方の注文をぶつけて相殺させた場合、カバー先に注文を流しませんので本来は提示しているスプレッドからカバー先のスプレッドを引いた分がFX業者の利益ですが、この場合FX業者は顧客が支払うスプレッドを丸々儲けることが出来ます。

このような理由からOTC方式のFX業者では、スキャルピングや利益を上げるトレーダーは嫌われます。

一方NDD方式では、FX業者は手数料収入で利益を得ますので呑み行為は行いません。

そのため顧客と業者は利益相反関係にはありませんので、スキャルピングを歓迎しているNDD業者も多くあります。

NDD口座の種類

NDD方式の口座タイプには大きく分けて2種類あります。

・STP口座

STPとはストレート・スルー・プロセッシングの略です。STP方式では顧客の注文は銀行やリクイディティプロバイダーなどのカバー先に流します。

STP方式の約定力はFX業者のカバー先に依存しますので、STP口座を利用する場合はカバー先の多さやカバー先の流動性を考慮する必要があります。

ECN方式では顧客同士の注文をマッチングさせることが可能なためスプレッドが狭くなりやすいですが、STP方式では顧客の注文はカバー先にそのまま流されますのでカバー先のスプレッド+FX業者の手数料分のスプレッドが、顧客が負担するスプレッドになりますのでECNに比べてスプレッドが広くなる傾向があります。

・ECN口座

ECNとはエレクトリック・コミュニケーションズ・ネットワークの略です。

日本語に訳すと電子取引所取引です。

ECN方式は株の板情報をイメージしてもらうとわかりやすいかと思います。

ECN方式では市場参加者の注文が板情報として確認出来ますので非常に透明性が高いと言えます。

市場参加者が注文を出し合いマッチングした場合に注文が成立する注文執行方式です。

この市場参加者には、銀行・リクイディティプロバイダー・FXトレーダーなどが含まれます。

ECN方式の場合、FXブローカーに支払う取引手数料は外付けタイプが多いです。

どのようにしてECN方式の板情報を見るかですが、MT4業者の場合は板情報が見る専用のプラグインを配布している業者がありますのでそちらを導入することで板情報が確認出来ます。

MT5の取引システムでは板情報が確認出来ますし、Ctraderの取引システムも板情報を確認することが可能です。

あわせて読みたい

ここまでNDD方式とDD方式の違いについてご説明しました。

取引の方式としてまず、NDD方式とDD方式に分類されさらにNDD方式がECN方式とSTP方式に分類されます。

これまでの説明を読むとNDD方式の場合、顧客と業者が利益相反関係にはありません。

しかしながら、実際はNDD方式でも出金トラブルになる場合があります。

実際に私もNDD方式を謳っているFX業者で出金トラブルになったことがあります。

これは何故かと言うとNDD方式を謳っていても、実際にはNDD方式でない業者が存在するからです。

NDD方式を謳っていても、DD方式で中にはOTC方式(呑み行為)のFXブローカーが存在するからです。

ではどのようにして、本当にNDD方式を採用しているかを見分けるかをご説明します。

① エクイニクス社のデータセンター内のサーバーを利用している

エクイニクス社のサーバーは約定スピードや約定力が売りのFXブローカーで良く利用されています。

サーバーは非常に高額なのでOTC方式(呑み行為)を行って儲けようとするFXブローカーがわざわざ借りる可能性は低いです。

こうしたFXトレーダーの利益となるようなサーバーなどに設備投資する業者というのは信頼度が上がります。

② リクイディティプロバイダーやブリッジなどの情報を公開しているか

FX業者のサイトにリクイディティプロバイダーが公開されている場合もありますが、公開されていない場合でもチャットなどで問い合わせると透明性の高さを重要視している業者であれば開示してくれます。

情報が開示されない場合は、実際にはカバーしないで呑み行為を行っている可能性が高くなります。

ブリッジとは、FX業者がリクイディティプロバイダーに注文を出す際の仲介業者のようなものです。

メジャーなのはPrimeXM社というブリッジブローカーです。

海外FXをされている人なら名前くらいは聞いたことがあるかもしれません。

リクイディティプロバイダーやブリッジの情報を問い合わせても答えてくれない業者は、何か公表出来ない理由がある可能性が高いです。

見分ける目安は大きく分けてトレーダーの利益となるような設備に投資しているか、情報開示に積極的であるかの2点です。

上記の2点は本当にNDD方式を採用しているか、名ばかりのNDD方式なのか見極める目安となります。

またこの方法は詐欺業者を見分けるのにも役立ちますので海外FXで取引される際は参考にしてみて下さい。

詐欺業者を見分けるには上記の方法に加えて、金融ライセンスをキチンと取得しているか信託保全があるか出金拒否の情報がないかを加えて判断して下さい。

本日はNDD方式とDD方式の違いについてご説明しました。

国内FX業者でトレードしていると、注文執行方式などあまり知ることのない知識ですがつい先日も国内FX業者で大きな枚数で取引しているトレーダーの口座やスキャルピングを疑われるFX口座が大量に凍結される騒ぎがありました。

システムによる自動検知だったようでネットで騒ぎとなり顧客が問い合わせた結果、一部凍結が解除されたFX口座もあったようです。

国内FX業者のほとんどはOTC方式(呑み行為)ですので、顧客と業者は利益相反関係にあります。

FX取引で稼げるようになると、どうしてもこのような問題が出てきます。

国内FX業者で口座凍結を回避するにはスキャルピングなどから取引方法を変えるしかありません。

また2017年2月27日より、国内FX業者では法人口座のレバレッジが引き下げられます。

ですからFX取引で稼げるようになるとどうしても海外FXを検討せざるを得ない状況が出てきます。

この記事が海外FXを利用する方の助けに少しでもなれば幸いです。

タイタン9つの理由

XMで資産を増やす方法

タイタンとXM対決

コメント欄

コメントを残す

*