海外FX業者のVPS自動売買システム

スポンサーリンク

VPSサーバーについて

・自動売買システムに必要なサービス

本日はVPSサーバーについてご説明します。

VPSとはVirtual Private Server(仮想専用サーバー)の略です。

仮想サーバー上で自宅のパソコンと同じようにWindowsを動かすことが出来ます。

普段自宅のパソコンでMT4を起動して24時間EA(自動売買システム)を稼働させた場合、停電時や急なパソコンのトラブルで止まるリスクがあります。

VPS上にMT4をインストールしEA(自動売買システム)を稼働させた場合、急な停電時に止まるリスクなどを回避することが可能です。

また外出先からリモートデスクトップでVPSサービスに接続しトレードすることも可能です。

・自動売買システムを24時間稼働できる

MT4を利用しているFXトレーダーであればEA(自動売買システム)を利用してシステムトレードしている方もいらっしゃると思います。

EA(自動売買システム)を24時間稼働させる場合などにもVPSサービスを利用することで快適にシステムトレードすることが可能となります。

自宅のパソコンでEAを稼働させていた場合、パソコンの更新プログラムのインストールでパソコンが再起動され、起動していたMT4がシャットダウンされるなどのリスクがありますが、VPS上でEA(自動売買システム)を稼働させることでそういったリスクを排除することが可能となります。

・海外FXでは無料VPSもある

一部の海外FX業者ではVPSを無料で貸し出すサービスを行っています。

有償のVPSに比べ多少スペックは落ちますが高頻度EAなど取引回数や約定スピードが求められるタイプのEA(自動売買システム)でなければ問題なく使えるかと思います。

・無料VPSの条件は要確認

海外FX業者が提供する無料VPSを利用するには業者ごとに条件が設定されている場合がありますので必ず確認してから利用して下さい。

条件は業者によって様々ですが、最低証拠金が決められている場合や毎月規定lot分の取引をする必要があるなどの条件があります。

VPSのメリット

・自宅PCの不具合によるリスクを回避

VPSを利用することで自宅のPCが不具合などで使えなくなった場合でもVPSサービス上で動かしているEA(自動売買システム)は問題なく動き続けます。

また外出先のパソコンからVPSサービスに接続することも可能です。

・回線障害によるリスクを回避

急な停電時やネット回線のトラブルの場合にもVPSサービスを利用していれば安心です。

私も過去に停電の影響でネット回線が数時間使えなかった時がありましたが、VPS上でEA(自動売買システム)を稼働させていましたので余計な損失にならずに済みました。

・サーバー会社が管理・運営しているため安心

VPS上に保存したデータにはサーバー会社で管理・運営されていますので安心出来ます。

・海外FX業者のサーバーがニューヨークなどにある際もVPSが役立つ

国内FX業者の場合、サーバーは日本にある場合が多いですが海外FX業者のサーバーがニューヨークなどにある場合があります。その場合、日本の自宅PCから発注していると日本からニューヨークまでの距離があるので約定スピードの面で不利になります。

しかしながらニューヨークにサーバーがあるVPSを契約しMT4をインストールしVPS上から発注すれば、日本の自宅PCから発注するよりも遥かに速い約定スピードで約定させることが可能となります。

高頻度EA(自動売買システム)やスキャルピングなど1/1000秒単位を気にして取引しているFXトレーダーは必ず海外FX業者のサーバーの近くのVPSサービスを契約し取引しています。

MT4のサーバーの位置の確認方法ですが、MT4の右下をクリックするとサーバー名とサーバーまでの距離が記載されています。

何も出てこない場合はサーバー数が1つの業者です。1つの場合はサーバーに負荷がかかった場合などにサーバーダウンなどの可能性がありますので、複数サーバーがある業者の方が望ましいです。

ニューヨークにサーバーがあるFX業者のMT4を日本の自宅PCで起動した場合、何百msという表示になっているかと思います。

MSとはマイクロ秒のことで1msは1/1000秒のことです。

これをニューヨークにサーバーがあるVPS業者と契約しVPS上でMT4を起動すると0~1ms程度まで短縮出来ます。

高頻度取引タイプのEAを稼働させる場合はこの何百msの差が約定スピードを競う上で重要になってきます。

私もシステムトレードをする場合はニューヨークにあるVPS上から取引を行っています。

VPSのデメリット

・毎月コストがかかる

VPSのコストはスペックによってピンキリですが、安いVPSで月々1000円程度高いVPSで月々10万円程度のものまで幅広く存在します。

特殊な高頻度EA(自動売買システム)を稼働させる場合ですと高額なVPS契約が必要ですが、スキャルピングEA(自動売買システム)を稼働させる程度でしたら月々5000円~10000円程度払えば十分なスペックのVPSサービスを利用することが出来ます。

・海外のVPSサービスを利用する場合、英語でやりとりする必要がある

海外のVPSサービスを利用する場合、サイトが英語表記ですし、業者とのやりとりも英語になります。簡単な英語ですので苦手な方でもgoole翻訳などで翻訳しながらやりとりすれば問題なく利用することが出来ます。

スポンサーリンク

海外FX業者とVPS利用条件一覧

業者名と 利用条件

XM     5000USD以上の証拠金+毎月最低5lot以上の取引
GEMFOREX 5000USD以上の証拠金
MiltonMarkets 500USD以上の証拠金+一ヶ月間の間に1lot以上の取引を完了させる
IronFX     5000USD以上の証拠金
FBS      450USD以上の入金+2ヶ月目以降は3lot以上の取引で翌月継続利用可

いくつか無料VPSを利用出来る業者を挙げました。

多くの業者ではBEEKS FX社のVPSを無料VPSとして提供しています。

BEEKS FX社のVPSは海外では最もメジャーなVPSです。

海外VPS一覧

業者名 と サーバーの場所
BEEKS FX VPS      NYもしくはLDから選択
Vultr.com    複数のロケーションから選択可能

国内VPS一覧

業者名 と  サーバーの場所
使えるねっと      東京もしくはニューヨークから選択可能
お名前.com 日本もしくはニューヨークから選択可能

国内FX業者でシステムトレードをする場合は国内VPSを利用するのが良いでしょう。

また上記で紹介したVPS業者はFX専用VPSを提供しています。
MT4を使うことを前提としたVPSサービスなので安心して利用することが出来ます。

ほとんどの業者ではWindows2012もしくはLinuxから選ぶことが出来ます。

Linuxは玄人向けですので初めてVPSサービスを利用されるのであればWindows2012を推奨します。

本日はVPSサービスについてご説明しました。

FX業者によってサーバーの位置が異なります。日本から発注した場合、地理的に不利な場合がありますのでそのような場合はFX業者のサーバーの近くにVPSサーバーを借りてVPSから発注することで約定スピードを上げることが出来ます。

取引回数が多いEAを稼働させる予定があるFXトレーダーはVPS上で動かすことでEAのパフォーマンスがあがる場合があります。

海外FXで取引されているFXトレーダーはVPSサービスの利用を検討してみて下さい。

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座