海外FXが魅力的な理由

ここ十数年で人気が爆発的に高まったFX取引。

少ない資金でも現実的に多くのリターンを求める事が可能なFXは、今では専業の投資家だけでなくサラリーマンの方や主婦の方まで、多くの方がトレードを行っています。

しかし、国内ではFXに対し多くの規制がかかってしまっている状況であり、個人投資家にとっては「国内FXは満足できない」という方は多く、その反面海外FXに移行する方が増えています。

スポンサーリンク

海外FXの魅力(メリット)について

そんな人気の海外FXですが、国内FXと比べてどのような魅力があるのでしょうか?
この記事では、海外FXの魅力について徹底解説していきます。

・国内では不可能なハイレバレッジトレード

国内業者を介してトレードを行う場合、最大25倍のレバレッジをかけて取引を行なう事が出来ますが、実は日本国内FXでも200倍や400倍といったハイレバレッジ取引を行なう事が可能な時期がありました。

しかし、2010年にレバレッジを抑えるFXレバレッジ規制ができてしまい今現在の「25倍」に落ち着きました。
ですが、今でも400倍や500倍といったハイレバレッジ取引を行なえる方法が存在します。それが海外FXなのです。

海外FXは日本のルールではなく海外のルールで取引が行なわれます。

そのため、日本の規制は適用外ですのでハイレバレッジ取引が可能となっているのです。

単純に考えると、ハイレバレッジ取引は投資資金の400倍や500倍といった額の取引が行なえるので、その分大きなリターンも狙うことができます。
ハイレバレッジ取引は海外FXの最大の魅力なのです。

・追証なし

ハイレバレッジトレードは投資資金の何百倍もの取引ができますが、損益もその分大きくなりますので、まさに『ハイリスク・ハイリターン』といえます。

勿論、利益だけが何百倍にも膨れ上がるなんて上手い話があるわけが無いので、相応のリスクがあるのは当然です。

しかし、同じリスクでも国内FXと海外FXには決定的に違う点があります。

それは、追証の存在です。

そもそも、国内FXにレバレッジ規制が入った理由は、ハイレバレッジトレードを行い多くの方が資産以上の損益をたたき出し、結果追証の連続で借金だけを残して市場から退場していったトレーダーが続出したためでした。

海外FXもハイレバレッジトレードですので状況は同じなように感じますが、圧倒的に違う点は「海外FXには追い証が無い」という点であり、海外FXはどれだけ損益を出しても投資資金以上の損益が出ないシステムとなっています。

例えば、100万円FX口座に入金し、強制決済が間に合わず資金以上のマイナスになった場合、国内FXならばマイナス分だけ追証が発生するのですが、海外

FXならば追証は発生せず、損益は100万円までで打ち切りとなるのです。
その結果、海外FXならば追証の恐怖が無くハイレバレッジトレードが行なう事が可能であり、これはトレーダーにとって100%メリットしかないシステムともいえます。

・約定力の高いNDDを採用

国内FX業者と海外FX業者の約定力を比べた場合、海外FX業者の方が約定力が高いです。

また、その原因もはっきりとしており、主流となっている注文執行方式が違うため約定力に差が出ています。

多くの国内FX業者がDD方式(ディーリングデスク方式)を採用しているのに対し、海外FX業者はNDD方式を採用しています。

インターバンクに直接注文を流すNDD方式の方が約定力は高く、国内FX口座では提示価格での約定率が約84%なのに対し、海外FX口座では提示価格での

約定率がほぼ100%という数値も出ているのです。

約定力が低いとトレーダーが求めた価格で約定できない事が多くなり、取引コストも上がってしまいます。

・クレジットカード入金が可能

海外FX業者の中には、国内FXではあまり馴染みのないクレジットカード入金を採用している業者があります。

クレジットカード入金は、ショッピング枠を利用しての入金となりますのでショッピング枠の金額分入金が可能です。
また、クレジットカード入金には以下のようなメリットがあります。

① ポイントがたまる
② 手数料がかからない
③ 即時反映
④ 出金が楽
特に、入金額の金額が大きいFXにとって①の「ポイントが貯まる」というメリットは有効活用しやすくおすすめです。

・MT4が使える

基本的に、多くの国内FX業者は自社開発の独自プラットフォームを採用しているのに対し、海外FX業者は世界で最も多く利用されているチャートソフト、MT4を採用しています。

MT4にはEA取引(自動売買)の機能が搭載しているなどメリットが非常に多く、何より情報の透明性が高いとされています。
それに対し、国内FX業者が採用している自社開発の独自プラットフォームは情報の不透明さがたびたび問題視されているのです。

・外貨預金できる

海外FX口座を開設すると外貨預金を行なう事が可能となります。
外貨預金のメリットは何と言っても金利の高さです。

国内の銀行口座に預金した場合、

① 普通預金『0.01%〜0.1%』
② 定期預金『0.02%〜0.5%』

といったようにおおよそ上記の範囲内の金利となります。

しかし外貨預金ならば

① 豪ドル(AUD)『0.5%~2%』
② ニュージーランドドル(NZD)『0.75%~2%』
③ 南アフリカランド(ZAR)『3%~6%』

と非常に金利が高いのがわかります。
また、為替差益を得る事も可能であり、円安になればなるほど円で払い戻す際に金額も上がります。

・CFD取引が可能

海外FXならばハイレバレッジで多くの種類のCFD取引を行なう事が可能です。

CFD取引とは世界各国の、株式・株価指数、金・銀などの貴金属、石油や天然ガス、大豆・トウモロコシなどの先物取引をレバレッジをきかせて取引を行なうことをいいます。

しかし、国内FXでは規制があるため以下のレバレッジしかかけることはできません。

① 個別株CFD:5倍
② 株価指数CFD:10倍
③ 商品CFD:20倍
④ 債券CFD:50倍

規制がある国内FXでCFDを行う場合、多くの投資資金が必要となります。
しかし、海外FXならば何百倍というレバレッジをかけて取引を行なう事ができるので少額の投資資金でも多額の取引が可能となります。

・豊富なボーナス

海外FXには多くのボーナスが用意されており、ボーナスを目的とし口座を開設する方も少なくはありません。

① 入金ボーナス:入金した金額に応じて付与されるボーナス
② 口座開設ボーナス:口座開設をすると付与されるボーナス
③ トレードボーナス:トレード量に応じて付与されるボーナスやポイント
④ リスクフリーボーナス:回数限定で損失を海外FX業者が負担してくれるボーナス
⑤ 誕生日ボーナス:誕生日になるともらえるボーナス

ボーナスの種類は非常に豊富ですが、『入金ボーナス』と『口座開設ボーナス』が最も多く採用されているボーナスとなっています。
また、業者によってボーナスの種類や内容は異なってきます。

① XM

・口座開設ボーナス:3000円
・初回入金ボーナス:50%
・追加入金ボーナス:20%
・ポイントプログラムあり
・トレードコンテントあり

② LAND-FX

・初回入金ボーナス:10%

③ FBS

・口座開設ボーナス:123ドル
・初回入金ボーナス:100%
・追加入金ボーナス:100%

以上は実際に採用されているボーナス内容となっています。
ボーナスが付与されない国内FXと比べると、破格の待遇といえるでしょう。

・海外FXが魅力的な理由、まとめ

今回、国内FXと比較し海外FXの魅力をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

海外FXは『ハイレバレッジ』『追証無し』『約定力が高い』『ボーナスが豊富』などメリットが非常に多いです。

現状国内FXに満足できていない方は、この機会に海外FXに乗り換えることを検討してみてはいかがでしょうか?

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座