海外FXの取引通貨単位1ロットは10万通貨

スポンサーリンク

国内FXと海外FXでの取引通貨単位

本日は国内FXと海外FXの取引通貨単位の違いについてご説明します。

・国内FX業者では1枚=1万通貨単位

国内FX業者では1枚=1万通貨単位で表記されます。(MT4は除く)

仮にドル円が1ドル100円の時に1枚購入したとします。

売却時に1ドル101円になっていた場合1万円の利益となります。

国内FX業者ではドル円の場合
1枚で100pipの利益=1万円の利益
10枚で100pipの利益=10万円の利益
100枚で100pipの利益=100万円の利益となります。

・海外FX業者では1ロット=10万通貨単位

海外FX業者では1ロット=10万通貨単位で表記されます。

仮にドル円が1ドル100円の時に0.1ロット購入したとします。

売却時に1ドル101円になっていた場合1万円の利益となります。

これは海外FX業者で主流の取引システムであるMetaTraderの仕様でMT4の標準ロットが1ロット10万通貨単位になっていたため、海外FXでは1ロット10万通貨単位の表記が普及したと考えられています。

海外FX業者やMT4で初めてトレードするFXトレーダーは国内FX業者の感覚で1枚のつもりが1ロット発注してしまい10倍の量を発注しないよう注意して下さい。

海外FX業者ではドル円の場合

0.1ロットで100pipの利益=1万円の利益
1ロットで100pipの利益=10万円の利益
10ロットで100pipの利益=100万円の利益となります。

口座通貨が円口座でも米ドル口座でも1pipsあたりの利益は変わりません。

海外FX業者だと必要証拠金が多く必要なわけではない

・海外FX業者はハイレバレッジ

海外FX業者では国内FX業者に比べ高いレバレッジを利用することが可能です。

国内FX業者は個人の場合は最大25倍までですが、海外FX業者の場合レバレッジ500倍利用可能な業者が多数存在します。

また海外FX業者の場合、追証なしのゼロカットサービスを行っている業者が多いです。

仮にゼロカット採用業者で高いレバレッジをかけて取引を行い証拠金以上負けてしまっても顧客が追加でお金を払う必要はありません。

ゼロカットサービスではマイナスになった口座残高は0に戻されます。

ゼロカットサービスとハイレバレッジを組み合わせることで週末などに選挙などで週明け大きく窓が空く可能性がある時は、A業者で買いポジション、B業者で売りポジションを同数作ることで小遣い稼ぎすることが可能になります。

また入金ボーナスを付与している海外FX業者でも業者間両建てすることで利益を出すことが可能になります。

注意点は業者によっては規約で別業者との両建てを禁止している場合などがありますので業者の規約をよく読んでから行って下さい。

また両建てしても窓が空かなかった場合や、急な変動やスプレッド拡大で両方のポジションが狩られる可能性もありますのでリスクも十分考慮した上で取引を行って下さい。

また何度もゼロカットサービスを利用していると利用可能な最大レバレッジを業者に下げられることがあります。

・最小取引通貨量は1000通貨

海外FX業者の場合、最小通貨単位は1000通貨になります。

MT4の数量に換算すると0.01ロットが最小通貨単位になります。

FX業者の口座タイプによって仕様が若干異なりますが、ほとんどの場合は0.01lotが最小通貨単位です。

・少額から取引可能

国内FX業者でドル円を1枚購入するためには約48000円必要ですが、海外FX業者のレバレッジ500倍業者でドル円1枚(0.1ロット)購入するための証拠金は20ドル(約2600円)です。

海外FX業者ではレバレッジを有効活用出来れば少ない証拠金で大きく稼ぐことも可能となります。

また海外FX業者では出金リスクの面で不安がありますので国内FX業者のように高額なお金を入金するのは躊躇してしまいます。

ハイレバレッジを活用し少ない証拠金から徐々に増やしていくのがオススメです。

・ハイレバレッジ活用が鍵

海外FXではハイレバレッジが利用出来ますが、ハイレバレッジ取引は大きく儲けるチャンスにもなりますが、失敗すればすぐに証拠金を溶かしてしまう諸刃の剣です。

大きいドローダウンになる可能性がある場所でのエントリーは出来るだけ避け、ストップをタイトに設定し10pipでもいいので手堅くエントリー出来る場所を探すのがいいのではないでしょうか。

海外FXを利用する注意点としては、ハイレバレッジで取引する際は証拠金維持率に注意しましょう。

また海外FXは金融庁の管轄外ですので出金トラブルがあった場合など泣き寝入りになってしまいますので業者選びは慎重に行って下さい。

また海外FXの利益は総合課税(雑所得)に分類されます。

課税される所得額

195万円以下         税率5% 控除額0円
195万円超  330万円以下  税率10% 控除額97,500円
330万円超  695万円以下 税率20% 控除額427,500円
695万円超  900万円以下  税率23% 控除額636,000円
900万円超  1800万円以下  税率33% 控除額1,536,000円
1800万円超 4000万円以下  税率40% 控除額2,796,000円
4000万円超  税率45% 控除額4,796,000円

総合課税(雑所得)は累進課税制で最高で45%の所得税が課せられます。

国内FXの場合は申告分離課税で一律20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%)です。

国内FXと税率が違いますので注意して下さい。

また海外FXだから税金を支払わなくてもバレないと思うかもしれませんが、100万円以上の送金は金融機関から所轄の税務署への報告義務がありますので、隠し通すのは困難です。

必ず確定申告を行うようにしましょう。

本日は国内FXと海外FXの取引通貨単位の違いについてご説明しました。

国内FXと海外FXでは取引通貨単位の表記が違います。

初めてMT4を利用される際は取引量が間違っていないか十分確認した上で発注するようにしましょう。

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座