海外FXで複数口座を持つメリット

FX取引という投資手法が広まっています。

最近では、国内のFX会社だけでなく、海外のFX会社に興味を持つ人も出てきました。

これは、日本のFX会社の規制が厳しい、自分の取引スタイルに適した国内FX会社がないなどの喫緊の理由もありますが、多くの場合は海外FX会社に口座を開設するほうが国内FX会社に口座を開設するよりもメリットがあるためです。

特に複数の海外FX会社に複数口座を開設することで、そのメリットを大きくできることが知られています。

海外FXで複数口座を持つメリットについて解説していきましょう。

■海外FXでは使用する業者によって長短が異なる

海外FX会社は、設置されている国も違えば、利用できる言語も違うため、当然縛られている法律も異なります。

そのため、海外FX会社はしっかりと調べることで、国内FX会社よりもはるかに好条件のトレードが出来る可能性があるのです。

海外FX会社を探す上での調べるべきポイントは以下の通り。

① レバレッジ
② 提供されているプラットフォームが豊富で使いやすいか
③ 利用できる通貨の種類が多いか
④ 取引通貨単位
⑤ 最低取引単位
⑥ スプレッド
⑦ 通貨ペア数
⑧ 手数料
⑨ 両建ての可否
⑩ 約定力や速度
⑪ 日本語のサポートはあるか

この他にもいくつかありますが、まずは今見てきた11個の項目について確認しましょう。

取引を始めて慣れてきたら、自分が必要な情報や性格も出てくると思います。

ぜひ、自分なりにアレンジしていってください。

ちなみに、日本語サポートについてですが、主要な海外FX会社はほぼすべて日本語サポートを行っていますので、安心してください。

■取引スタイルによって必要な環境は異なる

FXでは、主に4つの手法があると考えてください。

① スキャルピング
② デイトレード
③ スウィングトレード
④ ポジショントレード

スキャルピングとは、数秒・数分で取引を繰り返し、小さな利ザヤを積み重ねて利益を上げていく手法です。

場合によっては、1日3桁の取引を行う場合もあります。デイトレードとは、1日の値動きをつかんで行っていく手法で、次の日に持ち越さずその日のうちに決済を行います。

最も一般的な手法として広まっているのが現状ではないでしょうか。

スウィングトレードとは、2~3日あるいは1~2週間程度ポジションを保有して利益を出していく取引手法です。

トレンドをうまくつかむことによって、あまり労力をかけることなく大きな利益を出すことが出来ることで知られています。

ポジショントレードとは、スウィングトレードよりもさらに長い期間保有することによって、取引利ザヤではなくむしろスワップポイントを狙っていく手法です。

このように手法によって、どこに注目するのか何を求めるのかが違うことはわかったと思います。

この注目点や求めるものに対して、それに最適な取引環境を提供してくれる海外FX会社を見つければ利益も大きくなるのは当然です。

例えばポジショントレードを選択する場合はスワップポイントが大きい会社や、スワップポイントを大きく設定できる通貨ペアを提供している会社を選ぶべきでしょう。

また、取引に慣れてくると、一つの手法だけでFXを行うよりも、複数の手法を組み合わせることでより大きな利益を狙うこともできます。

そうした場合、複数のFX口座をそれぞれ海外FX会社を変えて開設していくことで、より大きな利益となるのは間違いありません。

■複数口座を開設したときのメリットについて

海外FXにおいて、複数口座開設のメリットはどのようなものでしょうか。主に3点見ていきましょう。

① リスク分散

まず挙げられるのはリスクの低減です。これは、もっと具体的には取引システムの不具合や会社の倒産が挙げられます。つまり、トレーダー個人が気を付けていてもどうしようもないものです。こうしたリスクは複数口座を開設しておくことで、ダメージを軽減できます。

② 目的や手法に合わせた口座管理

先述した通り、個人の手法によって複数口座を持つことで、その海外FX会社の特徴や長所を最大限に活かすことが出来ます。また、目的や手法に合わせて口座を管理することはそのまま履歴の管理にもつながります。より効率的な利益を生み出してこうとする場合、今までの取引履歴から傾向や対策を考えることは非常に有効です。このため複数口座によって管理をしていくことで、より利益を生み出しやすい環境が出来上がっていきます。

③ 配信情報を多数仕入れることが出来る

これは、海外FX業者に限ったことではありませんが、会員限定の情報やニュースなどが手に入れることが出来ます。海外FXだけでなく投資全般に言えることですが、情報は武器です。精密で素早い情報収集こそが利益を最大化するカギともいえるでしょう。複数口座を開設することによってこの情報収集でほかのプレイヤーよりも有利な状況で取引ができるのです。

■複数口座管理について

複数口座を開くと取引で特が大きいとはいえ、慣れるまでは管理が難しいと感じる人も多いのではないでしょうか。確かに、FXを初めて間もない人や複数口座を持つことについて検討している段階の人にとっては、多くの口座を管理しなければならないという心理的な負担を大きいと思います。ここでは、複数口座を管理する方法についてみていきましょう。

①管理用のフリーソフトを利用する

複数口座を作って管理することは、実は多くのFXプレイヤーにとっては一般的なことです。そのため、管理用のフリーソフトが出回っています。ぜひ活用していきましょう。取引が大きくなってくる、新しい取引を行いたくなってくれば拡張版の有料のソフトもありますので、ぜひ参考にしてみてください。

②自分が管理できる数の限界を知る

複数口座を開くメリットはわかっていただけたと思いますが、やはり管理しきれない量の口座を持つことはお勧めできません。管理するということに時間的なリソースが割かれてしまうと、それだけ取引に対してできることが減っていきます。管理することではなく取引することによってFXは利益を生むのです。慣れるまでは、メインの口座に加えて2つ程度、3~4個の口座から始めてみることをお勧めします。

■国内FXにはない、海外FXのメリット

国内のFX会社に比べて海外FX会社は規制も緩い場合があるため、様々なサービスを転嫁しいているところが多いです。

・口座開設ボーナス
・入金ボーナス
・取引ボーナス

といった、ボーナスがついていることもあり、国内FXと比べて、驚くほど利益を生み出していることもあります。

また、レバレッジに関してもものすごい倍率を動かせることがあります。

例えば、MXと呼ばれる非常に有名な海外FX会社がありますが、この会社のレバレッジは最大で888倍です。

利益が888倍!当然、損失も888倍になるので運用には細心の注意が必要でしょう。

XMの様々な使い方についての解説記事はコチラ→

■実際に使ってみてわかることもある

海外FX会社は調べればたくさん出てきますし、口座開設前にもある程度の情報を手に入れることが出来るでしょう。

しかし、やはり国内FX会社と比べると情報が少ないのも事実。

英語やスペイン語などの外国語に詳しければこの限りではないでしょうが、日本語での情報は少なかったり、アップデートが遅く誤っていたりする場合もあります。

やってみないとわからない部分が多いでしょう。

もしかしたら、出金の際に手数料がかかったり、トレード資金に制限がかかっている場合もあります。

■複数口座を開設することは大きなメリットを生む

複数の海外FX会社に複数口座を開設することで大きなメリットを生む方法についてみてきました。

事実、海外FXを行っている経験あるトレーダーやプレイヤーは複数口座で管理することが当たり前となっています。

ぜひ、海外FXを行う場合は、複数口座の開設を目指してみてください。

ただし、自分が管理できる適切な量をコントロールすることを忘れないようにしましょう。

タイタン9つの理由

XMで資産を増やす方法

タイタンとXM対決

コメント欄

コメントを残す

*