海外FXで10万円を稼ぐ方法

海外FXの魅力

本日は海外FXで日給10万円稼ぐ方法にスポットを当ててご紹介します。

・ハイレバレッジ

海外FXの魅力は何と言ってもハイレバレッジの取引が行えるのが魅力です。

国内業者では現在レバレッジ25倍が最大ですが、海外FXではレバレッジ500倍の業者が沢山あります。中には最大レバレッジ3000倍の業者も存在します。

Brexit相場やトランプ相場で円安の流れに乗り、ハイレバレッジを活かし大きく金額を稼ぎ資産を増したFXトレーダーも多数います。

・追証なし

ほとんどの海外FX業者では国内業者と違い追証システムがありません。

追証なし業者では相場が急な円高などで動き口座残高がマイナスになってしまった場合でも、顧客は損失を支払う必要はありません。

マイナスになった口座残高は0に戻されます。この仕組みはゼロカットシステムと呼ばれます。

マイナスになった損失は業者が負担してくれます。何故ゼロカットシステムがあるのかというと海外FX業者の顧客は世界中に存在します。

複数の国から顧客を受け入れている場合、現実問題お金を取り立てるのが難しいです。

顧客の注文を市場に流さないOTC業者の場合、仮に口座残高がマイナスになっても業者に損失はありません。

むしろハイレバレッジで取引する顧客のほとんどはすぐにお金を溶かしてしまう貴重な顧客なのです。

顧客の注文をカバーしている業者利益相反関係でない業者FXで口座残高がマイナスになってしまった場合は、業者がそのポジションを反対売買行います。

その場合はそのマイナスは全て業者が負担することになります。

海外FXでもカバー取引を行っている業者では最大レバレッジ200倍程度に抑えられていることが多いです。

最大レバレッジ200倍で口座残高がマイナスになることはスイスフランの下限撤廃のようなサプライズが無ければほとんどありません。

損益は取引通貨量に比例

FX取引の損益は取引通貨量×pipsです。

・取引通貨量が多いほど稼げる

当然の話ですが、0.1lotより1lot、1lotより10lotの方が同じpips獲得出来るならば稼げます。

・ハイレバレッジ活用で元手を抑える

国内FX業者ではレバレッジ規制のため最大25倍なので、50万円の資金があっても最大10枚(10万通貨)くらいしかポジションを保有出来ません。

10枚で1日10万円稼ぐには毎日100pips取らないといけません。

しかしレバレッジ500倍で資産50万円あれば、最大200枚(200万通貨)程度ポジションを持つことが可能です。

海外FXでは少ない資金で大きい枚数ポジションを持てますので、手法次第では投資金を抑え資金効率良く資産を増やすことが可能です。

仮に100枚(100万通貨)で取引すれば1日10pip取るだけで1日10万円稼げます。

また複数の通貨ペアでヘッジ取引している場合もハイレバレッジ業者であれば、レバレッジを気にせずポジションを持つことが出来ます。

ドル円で10万円稼ぐ

ドル円で10万円稼ぐにはどうすればいいか勝率とリスクリワードレシオに焦点を当てて手法を絞り込んでみます。

・毎日+10pipsのチャンスはある

毎日+10pips獲得するチャンスは必ずあります。

海外FXでハイレバレッジ取引をするのであれば大きい損切り一つで証拠金を溶かしてしまう可能性があります。

そのため、+10pips獲得するためには損切りはタイトにエントリー機会は少なく信頼度が高いところでのみエントリーする必要があります。

FX取引で重要なのは勝率とリスクリワードです。

勝率とは例えば100回エントリーした場合に何回勝ったのかです。仮に100回エントリーして70回勝てば勝率70%です。

勝率は基本的に高いほうがいいですが、FX取引では逆張り取引では勝率が高く出やすく順張り取引では勝率が低くなりやすいです。

では逆張り取引の方が良いかというとそうではありません。

もう一つリスクリワードという言葉があります。

リスクリワードとは損切り幅と利食い幅のバランスです。損切り幅が10pips、利食い幅が20pipsだった場合リスクリワードは1:2となります。

リスクリワードレシオの計算方法は「平均利食い幅pips」÷「平均損切り幅pips」なので今回の場合は20÷10=2となります。

逆張り取引ではリスクリワードレシオは低くなりやすく、順張り取引ではリスクリワードレシオは高くなりやすいです。

以上のことをまとめると

逆張り取引=勝率は高いがリスクリワードレシオは低くなりやすい

順張り取引=勝率は低いがリスクリワードレシオは高くなりやすい

となります。

逆張り取引で負ける場合は小さく稼いで大きく負けるコツコツドカンで負けてしまうパターンが多いです。

順張り取引で負ける場合は損切り貧乏になって負けてしまうパターンが多いです。

以上のことを踏まえて海外FXでハイレバレッジ取引を行う場合にどのような取引スタイルが適しているかを考えます。

ハイレバレッジで逆張り取引をするとエントリーしてからトレンドが転換するまでに強制ロスカットになる可能性が高いです。

そのためハイレバレッジで取引するのであれば逆張り取引よりも順張り取引の方が適していることがわかります。

ではもう一度、順張り取引の特徴を確認しましょう。

順張り取引=勝率は低いがリスクリワードレシオは高くなりやすい。

ハイレバレッジ取引では順張り取引でも勝率が低いため大きいpipsを獲得するまでに損切り貧乏で証拠金を溶かしてしまう可能性があります。

そのためハイレバレッジの順張り取引で利益を出すには、出来るだけ勝率が高くリスクリワードレシオが高い場所のみに絞ってエントリーする必要があることがわかります。

勝率が高くリスクリワードレシオも高いエントリーポイントというのはあまりありませんが私が思いつく限りで何点かご紹介します。

①ストップロスを狙う

為替市場では損切りを巻き込むことで相場が大きく動きます。

どこにストップロスがあるかはOANDAのオープンオーダーでオーダー情報が確認出来ます。

オープンオーダーの情報はOANDAのサイトもしくはOANDAの口座開設者に配布されているインジケーターで確認することが可能です。

②ブレイクアウトを狙う

ブレイクアウトも順張り手法の王道です。

ブレイクアウトには騙しがあるため3回目、4回目のブレイクに絞ってエントリーすることで勝率を高くすることは可能です。

私が思いつく限りで、ハイレバレッジで、海外FXで取引する際に順張りで尚且つ勝率を高く出来きそうな戦略をご紹介しました。

FXブログ等で手法を紹介しているサイトがありますので、海外業者でFXトレードされる際は参考にしてみて下さい。

リアル口座で実戦する際はフォレックステスターなど検証ツールやデモ口座で検証を行った上で試して見て下さい。

・100万通貨取引で+10pipsとる

仮に100万通貨で+10pips取れれば10万円です。

・レバレッジと100万通貨取引に必要な証拠金

海外FXではレバレッジ500倍あたりが主流です。

レバレッジ500倍業者でドル円を100万通貨保有するには2000USD(約25万円)必要です。

また入金ボーナスなどを活用することで少ない資金でハイレバ取引を行うことが出来ます。

国内FXでは100万通貨保有するには約500万円必要です。

初心者への注意点

・必要証拠金ぎりぎりだと強制ロスカットのリスク

ドル円100万通貨ポジションを2000USDというのは、あくまでレバレッジ500倍まで使った場合ですのでポジションを建てて損失方向に動いた場合すぐに強制ロスカットされてしまいますので、有効証拠金や証拠金維持率を常に確認し、実際にはもっと余裕を持って証拠金を用意する必要があります。

強制ロスカットラインは業者によって異なりますので、各自使用する海外FX業者の強制ロスカットラインをご確認下さい。

・-10pipsになることもありえる

+10pip狙ってエントリーした場合でも思惑通りに動かず-10pipになってしまうこともあり得ます。

エントリーポイントはフォレックステスターなど検証ツールなどを利用するか、デモ口座等で十分検証を行った上で実戦して下さい。

また仮に+10pipを狙ってリスクリワードレシオを2にするならば損切り幅は-5pipで行わなくてはなりません。

ハイレバレッジ口座でレバレッジを最大限活かしてトレードする場合は十分にエントリーポイントを絞って、連敗に耐えられるだけの余裕資金を用意した上で実戦して下さい。

勝てる手法が確立出来れば、ハイレバレッジトレードとFX複利戦略で資産を一気に増やすことも可能です。

安定したFX手法が確立出来れば複利運用を行うことで効率的に資金を増やすことが可能となります。

本日は海外FX10万円稼ぐ方法についてご説明しました。

タイタン9つの理由

XMで資産を増やす方法

タイタンとXM対決

コメント欄

コメントを残す

*