海外FXとバイナリーオプションの比較

バイナリーオプションについて

バイナリーオプションは従来型の取引を究極に簡易化し初心者でも誰でも気軽に参加できるようにした最近人気の新しい取引方法です。

ザイFXやFXブログサイト記事の体験談では、「簡単に儲けることができた」などの話をよく聞きますが、実際はどうなのでしょうか?

バイナリとはBinary、つまり二進法のことでオプションは取引のことになります。

本当に上がるか下がるかクリックで選ぶだけで、細かいルールもないので今まで株やFXなどが「難しすぎてよくわからなかった」という投資初心者の方でもきっとわかるはずです。

・上がるか下がるかの二択

バイナリーオプションのトレード方法は極めて簡単なことで知られています。
なぜならばその相場が「上がるか」「下がるか」を決めるだけだからです。

なので細かい情報分析や緻密なトレード手法などは一切要りません。

市場予想ができるかどうか、これだけがバイナリーオプションの鍵となってきます。
これにによって今までFXさらに投資経験が全くない方にも始めやすくなります。

・利益は投資額×ペイアウト

取引システムも非常に簡単です

バイナリーオプションの利益はペイアウトという仕組みをとっています。

例えば投資額を1万円でペイアウト100%で予想が的中したとすると2万円になります。

90%、80%となるごとに1万9千円、1万8千円となって行きます。
このペイアウト倍率はトレンドによって常に変動するように作られています。

・損失は投資額まで

FXのようにレバレッジなどの概念はなく、投資した金額がそのままその額で使えます。
このように非常に直感的なので、誰でも気軽に取り掛かることができます。

・1回の取引にかかる時間が決まっている

バイナリオプションでは一回の取引が始まってから終了するまでの時間が決まっておりその中の一つを自分で選択できます。
1分、3分、5分、15分、1時間、1日などが平均的です。

このように非常に短期取引ベースなことが見て取れます。
自分でいつ売るかについてまたリサーチして戦略を立てて、カットシステムでラインをセットしなおしてなどの面倒くさい手間は一切かかりません。

・取引対象が豊富

バイナリーオプションは上がるか下がるかを選ぶだけなので先物、株、通貨、資源と対象は多義に及びます。

ただし、一番みじかにあるFXと同じ通貨を選ぶ方が多いみたいです。

例えばFXみたいにドル円などの通過ペアで為替相場予想をすることも可能です。
いままで株をやっていた方は会社の値動きを決める株も手がつけやすいと思います。

FXとの違いと共通点

・FXはどれだけ上がるか下がるか

FXは選択した通貨ペアがどれだけ上下を見せるかが肝となりそれによって儲けが出てきます。

・レバレッジによる利益と損失の拡大

中でもハイレバレッジを効かせて少しの変動で利益、損失が大きくなるというのがどちらの意味でも大きな特徴となってきます。

・損切りで損失を少なくできる

なるべくリスクを減らして損失を少なくするためには「危なくなって来たら損をしてでもポジションを手放す」損切りという手法を使うといったテクニックが必要となってきます。
この損切りをどのタイミングでするのかというのがFXトレーダーの腕の見せ所になってきます。

・決済しない限り取引が続く

このようにFXの場合は「買う」「売る」。この二つをして、取引口座に反映されてからようやく取引が終わり利益が確定します。もし「買う」のみならばどんなに値上がりしようと

値下がりしようと取引は続きます。実際にはマージンコール、強制ロスカットなどがあるのでその通りにはなりませんが、これがFX取引となります。
またバイナリーオプションはこの「買う」「売る」という行為から解放されるため、約定スピードもFXと比べるとだいぶ意味が薄れてきます。

・取引対象は通貨のみ

FXは日本語でいえば外国為替証拠金取引となり外国為替を取引するものとなっています。
それに対しバイナリーオプションは上がるか下がるかを選ぶだけなので先物、株、通貨と対象は多義に及びます。

・FXと共通する点

FXとは業界的には同じ位置にいるのでもちろん共通する点も多いです。

FXと共通する点としては、FX会社を選ぶ際、国内業者よりも海外業者を選択した方が信託保全などの面では安全性が多いということです。
他にも出金方法、入金方法などは確認せねばなりません。

バイナリーオプションのほうが向いている人

・海外FXで損切りできず大負けする人

すべての賭け事、勝負事で同じことが言えますが、常に勝ち続けることはあり得ません。

買っているときはいいのですが負けたときにどのように行動できるかがFXにおいて成功できるかどうかの一つの指標となるでしょう。

明らかに下げトレンドなのにそのポジションをいつまでも損切りできずに保有し続けると大負けをする要因になります。
その点バイナリーオプションならば強制的に時間が立てばゲームが終了するので、損切りは辛くてできないという方にはオススメです。

・決まった短い時間で取引したい人

バイナリオプションはポジションを持たないということデメリットでもありますが、最大のメリットとなりえます。

例えばそのおかげで開いた時間に短く小遣い稼ぎがてらバイナリーオプションで稼ぐなどのつか方が考えられます。

FXは戦略的な部分が多いのでまず初めてから慣れて自分なりの方法を確立するのに非常に多くの時間がかかりますが、バイナリーオプションではその心配もありません。

・運用資産の少ない人

FXは根本的にそのFX業者の口座に多くの資産を入金した方が圧倒的に有利です。

これはFXが証拠金取引と言われていることと関係していて、資金があればあるだけ、より多くレバレッジを効かせてのFX口座の証拠金を取引金額として使うことができるため、儲けを大きく増やすためには豊富な証拠金は何より必要不可欠となります。

最低取引金額などもあり、そしてまず資金が乏しいと口座開設まで難しくなってきてしまいます。

その反面、バイナリーオプションならばレバレッジや証拠金などはなく、あるお金をかけに使うだけなので、倍率に不公平が生じず、資金面で乏しい方でも比較的平等に、そして最小資金でも始めることができます。

取引ツールの違い

FXの取引ツールは主にプログラムを用いた自動取引リピート処理をする取引ツールが多いのですが、バイナリオプションの場合はあまりそのようなプログラムは役に立ちません。

上がるか下がるかの二択なので、どちらかというと裁量トレード中心となってくるでしょう。
取引画面も非常に簡単になってくるので、そこまで高機能な取引ツールもFXトレードと比べて必要ないでしょう。

代わりに他のユーザーをフォローしてそれと同じ取引を自動で行ってくれる自動取引ツールなどのシステムトレード、オートトレードもあります。

後はトレンドが出た場合いち早く知らせてくれるシグナル配信ツールもバイナリーオプションでは非常に重要なツールとなってきます。

バイナリーオプションの場合はそのような点で業者比較をしてみてもいいでしょう。

バイナリーオプションは比較的新しい金融取引方法なのでビットコインなどの導入にも積極的です。
これなども取引ツールの違いと捉えることができます。

まとめ

比較するとFXはハイリスクハイリターンですが、バイナリーオプションはローリスクローリターン型の投資方法と言えます。

バイナリーオプションにもデモ口座があるので、まずそこで取引機会を得て、自分が向いているかどうか試してみてから始めるのもいいでしょう。

これを機にFXがどうしてもまだ難しいと感じた投資家の方も是非バイナリオプションから初めて見てください。

タイタン9つの理由

XMで資産を増やす方法

タイタンとXM対決

コメント欄

コメントを残す

*