海外FX口座へのPaypal(ペイパル)での入出金方法

2016年9月15日にネッテラーが日本におけるサービス終了のお知らせというものをだしました。

これはFXトレーダーにとっては衝撃的な事件でした。

なぜなら多くのFXトレーダーはFX会社への入金、出金方法としてネッテラーを使用しており、手数料の面から見ても、その対応企業の多さから見ても、国内銀行送金のしやすさでもFX取引に欠かせないツールの一つだったからです。

この事件を皮切りに次々と海外FX周りの規制が強くなりました。
これは日本の金融庁の圧力が根本の原因と言われていますが、国内FX業者をできれば使ってほしいと目論む日本の金融庁のこの傾向は今後も続くとみられています。

さて、ネッテラーが終了したことにより、その代価サービスが何がいいかということが盛んに議論されていますが、今のところ決定的なものはまだ見つかっていません。

国内銀行口座を使った銀行窓口での銀行送金による銀行振り込み、または電信送金も伝統的ですが、方法の一つではあります。

しかし、昔から有名で未だに使用可能性のあるPaypalも代価サービスとして、FXトレードで使う価値はあると言えるでしょう。

今回は全世界にユーザーを持つ有名オンライン決済会社Paypal(ペイパル)について見ていきます。

スポンサーリンク

Paypalについて

・電子決済サービス

Paypal(ペイパル)はアメリカ企業PayPal社が提供する、オンライン決済サービスのことです。
実は世界最大のネットオークションの会社eBay(イーベイ)の子会社でもあり、ショッピングなどにも多く利用されています。

FXトレーダーだけでなく一般のネットユーザーにも馴染みがあり、世界で一番利用されていて知名度もある電子決済会社、ネット決済代行会社と言えるでしょう。

なので厳密には電子マネーではないのですがまるで電子マネーのように気軽に使うことができます。

世界中に1億を超えるアクティブアカウントを持つ顧客がいます。
一つの大きな特長としては会社側にクレジット情報を渡す必要がなくペイパルが仲介して代行してくれるのでトラブルに巻き込まれる心配がなくなります。

・電子メールに紐づけられた口座

サイトでの口座開設時、基本的に必要な個人情報はメールアドレスとクレジット番号などカード情報のみ、口座番号などの銀行情報を記入しなくていいので、管理も面倒臭くなく、安心です。

PayPal口座は電子メールと紐ずけされているので、たとえ不正利用があったとしてもメールですぐに知らせてくれ、すぐに発覚します。
このように非常にセキュリティ面でも優れた電子決済ツールであると言えます。

・22通貨が利用可能

もちろんPayPalは国際企業なので、全世界でつかわれており、通貨建てで支払うことも可能で、世界の主要通貨合わせて22通貨が利用可能となります。

Paypalで海外FX口座へ入金

・Paypal口座に入金

ペイパルを使うための入金手順はまず先にアカウントを作ってからペイパル口座に入金します。

残念ながら現在日本国内銀行からPaypalに入金は出来ませんが、もし米国の銀行口座をお持ちならば、そこからペイパルに入金可能です。

・Paypalへの入金方法

ペイパルの入金サービスは基本的にはクレジットカード入金となります。

面倒臭い入金手続きのようなものはありません。

クレジットカード主要な会社であればほぼどのようなカードであっても利用可能です。

FX取引口座への入金額をそのまま入金しましょう。
基本的に入金手数料というもの自体はありません。

・Paypal口座から海外FX口座へ

ペイパル口座に入金した後は対応している海外FX口座へ入金することも可能です。
カード決済完了後の口座への反映もリアルタイムなのも嬉しいところです。

・手数料がかかる

ここでの注意点は手数料無料ではないことです。
Paypalはオンラインの決済仲介サービスなので、手数料を払わなければなりません。

この時異なる為替で入金した場合為替手数料2.5%がかかります。

そして資金受け取り手数料として、「2.9~3.6% + ¥40 JPY」がまた別にかかってきます。
送金手数料は個人なら無料ですが、法人ならば3%前後かかってしまします。

Paypalで海外FX口座から出金

・海外FX口座からPaypal口座へ

開設した海外FX業者がPaypal口座への出金に対応していて、利益が出た場合、トレード口座からPaypal口座への出金は可能です。

この場合、ペイパルはビジネスアカウントでなければなりません。
ではペイパルのオンライン送金サービスを見ていきましょう。

・入金時の手数料が戻ってくる

入金〜半年以内に出金した場合にはこの手数料は返金されます。
スキャルピング手法などを駆使してFXされる方にはPaypalはお得と言えるでしょう。

・Paypal口座から出金

ペイパルの出金は日本円で円口座に限られ、為替手数料を回避することは無理のようです。

出金処理も非常に高速みたいで、入金完了してから即日に反映されることが多いみたいで、少なくとも3営業日あれば確実に反映されるでしょう。

・Paypal口座からの出金方法

ペイパル口座からの送金方法をみていきましょう。
クレジットカード出金ならば、入金した金融機関と同じ機関と同じ機関でしか出金できません。

これはクレジットカードのシステム上、取り消し扱いということでしか出金ができないからです。

しかしペイパルならばこの点はある程度融通が利き、自分の好みの金融機関が選べます。
送金先銀行情報を記入すれば国内口座に国内送金、そして国内銀行入金もできます。

・日本の銀行への送金手数料

日本の銀行から引き出す場合50,000円相当以上なら無料となります。

なのでなるべく一度に多く引き出すことをお勧めします。
日本の銀行口座への送金期間は3-6営業日くらいとなります。

スポンサーリンク

まとめ

このように手数料という点からみると決してお得なツールとは言えませんが、クレジットカードだけで入金、出金している方にとってはその方法について選択肢を広げることのできるツールと言えるでしょう。

ただ普段の買い物には文句なしで便利で安全なツールと言えるのですが、FX用のツールとしては最適とは言い難い状態です。

ペイパルでさえ最近の海外FXブローカーを取り巻く環境を見ているとどうなっていくがわかりませんが、今のところはFXサービスとして信頼の置ける決済ツールの一つであると言えます。

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメント

  1. 上田 より:

    ペイパルに対応しているブローカーは少ないですね。
    私が知っている限りではFXproぐらいです。

コメントを残す

*

海外FX口座