海外FXの本は内容を吟味した上で購入しよう

海外FXで継続して利益を出していくためには、常に新しい知識や情報を入手していく事が重要です。

今ではFX人気の影響もあり様々な情報媒体が存在するので、簡単に情報を得る事が可能となっています。

しかし最近ではむしろ多くの情報が蔓延しすぎており、特に海外FXに関するFX書籍には中身の無いものもあり、内容をしっかり吟味して購入しなければ無駄な出費となってしまう恐れがあるのです。

そこでこの記事では、有益な情報を得ることができる書籍を選ぶポイントや、おすすめの入門書などの情報を徹底解説していきます。

海外FXの本について

・情報はインターネットで調べられる時代

最近ではインターネットが普及していることもあり、FXトレードに関する大部分の情報はインターネットによって調べる事が可能となっています。

情報を簡単に検索できる手軽さや、コストパフォーマンスを考えるとインターネットはかなり優秀です。

しかし、だからといって書籍がダメといっているわけではありません。

インターネットの情報というのは信憑性が無い情報も大変多く、見極めることも中々難しいです。

特に、最近では海外FXのアフィリエイターなどの増加により信憑性の無い情報は増えています。

そのため、しっかりとした情報を知りたいならばインターネットよりも書籍の方がおすすめです。

 

・本ならまとまった内容を学べる

インターネットと違い、本ではまとまった情報を得ることができるというメリットがあります。

例えば、「海外FXの入門書」というタイトルならば、海外FXの口座開設方法などの初歩的な事から取引の方法まで一連のまとまった情報を一冊で入手する事が可能です。

また、読み手に分かりやすいように書かれている書籍ならば、内容が把握しやすいというメリットもあります。

・初心者は入門書で知識をつける

海外FX初心者がインターネットで情報を得ようとする場合、最初は単語やFXの知識が乏しいため内容を把握する事が難しいです。

そのため、初心者の方は、まず海外FXの入門書で一定の知識をつけることをおすすめします。

入門書の場合、インターネットと違って「読み手が初心者」ということをわかった上で内容を表現しています。

そのため、単語一つ一つに説明が書いてあったり、絵や図で分かりやすく解説していたりと利用者が理解しやすいように様々な工夫が施されている書籍が多いです。

インターネットの情報の多くは、文章の構成や表現に関して素人の方が作成しているケースがほとんどであり、たとえ初心者に向けて情報をまとめていたとしても伝わりやすさは限界があります。

その点、本ならばプロが作成していますので、情報のわかりやすさは確実にインターネット以上です。

いくら有益な情報が書いてあったとしても内容が分からなければ意味がありません。

ですので、まずは入門書である程度の情報を蓄えましょう。

 

・おすすめの入門書

海外FXの入門書と言ってもかなりの数が出版されているので、どの本を購入していいか分からない方も多いでしょう。

そこで、内容が分かりやすく知識もつく、おすすめの入門書をいくつかご紹介させていただきます。

 

超ど素人が極めるFX

FXの知識が全く無くても問題なく読める入門書です。

・初心者はまず何をすべきか?

・経済指標とは?

・初心者でも勝てる投資手法

などの情報を解説しています。初心者でもわかるように図やイラストを用いていてる点もおすすめポイントです。

はじめての人のFX基礎知識&儲けのルール

本書の筆者は10年以上にわたって外国為替ディーラーとして活躍してきた山岡和雅氏となっています。

派手な色分けなどは行なわれていないですが、本の内容は初心者でもわかるように噛み砕いて執筆されています。

・商品知識

・FXの基礎知識

・資金管理能力

などの情報を解説しています。

無駄な部分をそぎ落とした、FXに関する基礎情報が詰まっている一冊です。

マンガでまるっとわかる! FXの教科書

こちらは「文章が苦手」という方に是非おススメな一冊です。

堅苦しい感じは無く、要点も集約していますのでかなり分かりやすくなっています。

・FXの原理

・FXの準備を行なう方法

・FX取引のタイミングや分析力の養い方

などの情報を徹底解説しています。

こちらは用語集も掲載されていますので、FXに関する多くの単語を勉強することも可能です。

 

・役に立たない本を購入しないように注意

今では海外FXに関する多くの本が出版されていますが、残念ながら中にはあまり役に立たない本もあります。

そのような本の購入を避けるために、いくつかのポイントをご紹介していくので見ていきましょう。

分析手法の名前を挙げるだけで使い方紹介がない

FXトレードに関する本というのはかなりの数が出版されていますが、残念なことに中身の薄い本も非常に多いです。

中でも「分析手法の名前を挙げるだけで使い方紹介がない」本は、読み手としてもどのように取引を行なっていいかわからないので全く意味がありません。

読み手が求めてるのは「どのように取引を行なったら勝率が上がるのか?」であって「分析手法の紹介」を受けたいわけではないのです。

ですので、購入すべきは「このような分析手法があり、相場がこのような状況になった場合に用いて取引をし、このように利益が上がる」といったように、しっかりと分析手法から、用いるタイミング、結果の予測まで事細かに記してある書籍です。

トレード手法等の具体性にかけている

本の中には、実際に自分が行なってきた取引方法を紹介した書籍も多いです。

しかし、本の中には「具体性」にかけているものも多く、本質が見えなかったり、一部が非常にあやふやに表現されていたりするケースも少なくありません。

ですので「このような相場の動きに合わせて、このような取引方法を行なっていく。相場が急変したらこのような処置を取ることによってリスクマネージメントできる」といったように、「取引のタイミング」「取引方法」「リスクの管理方法」の3つのポイントをしっかりと説明している書籍を購入するのがおすすめです。

内容が古い

本によっては単純に載っている情報が古いものがあります。

海外FXや国内FXもそうですが、投資というのは常に最新の情報が出回っていくので、古い情報はどんどん効果が薄れていきます。

そのため、FXで勝っていくためには極力最新の情報を取り入れる必要があり、内容の古い本は避ける必要があるのです。

特に、発刊が古い書籍などを購入する際には注意しましょう。

知っている内容ばかり記載されている

海外FXを始めたばかりならばまだしも、ある程度経験を積んできたらFXに関する知識も増えてきます。

すると、目に付いてくるのが「誰でも知っている内容をだらだらと載せている本」です。

せっかくお金を出して本を購入するのに、知っている情報が載っている本を買っても意味はありません。

そのような自体を避けるためには知りたい情報をまとめ、関連する書籍の目星をつけておくことをおすすめします。

最近ではインターネットで書籍に書いてある、ある程度の内容を知ることもできますし、通販サイトのレビューなどを見れば購入者の反応を見ることも可能です。

購入予定の本の情報を簡単に調べておくだけで、はずれ書籍を購入する可能性はグッと減るのです。

 

・内容の詰まった本を購入しよう!

海外FXの本の中にはページだけが厚く、内容は非常に薄い書籍が多数存在します。

そのような本を購入しないためにも、本のタイトルだけで購入を決めるのではなく内容を少しでも調べておく事が重要です。

まずは、購入予定の本をネットで検索してみることをおすすめします!

 

 

タイタン9つの理由

XMで資産を増やす方法

タイタンとXM対決

コメント欄

コメントを残す

*