海外FXの複利運用

複利運用という言葉をご存知でしょうか?

複利の法則を用いることによって投資の効率は非常によくなると言われていますが、海外FXの取引環境で複利運用を用いれば更なる大きな利益を狙っていけるのです。

この記事では、そんな複利運用についての情報や、取引方法、複利運用の例などを徹底解説していきます。

スポンサーリンク

・複利運用とは?

そもそも複利運用とはどのような考え方、運用方法なのでしょうか?

複利運用とは、元本のみならず元本を含めた利益も含めて資金を資産運用していくことを言います。

例えば、投資資金が100万円としてその資金を利用して10万円の利益が出た場合、投資資金の100万円のみならず利益分である10万円を含めた110万円を用いて投資を行なうことを複利運用といいます。

そして逆に、利益分である10万円は用いず、その後も投資資金である100万円のみを利用して投資を行っていく場合、こちらは単利運用といいます。
得た利益もどんどん投資することによって得る利益もその分増えていく、それが複利運用の最大のメリットです。

・複利運用は倍倍ゲーム

複利運用を用いてFXトレードを行っていく場合、利益を得れば得るほど口座の総投資資金が増加するスピードも上がっていきます。
ではここで、単利運用と複利運用ではどのくらい利益額が違ってくるのか、「投資資金100万円、年利10%で10年運用した場合」という例をもとに計算してみましょう。

『単利運用』

単利運用で投資資金100万円、年利10%で10年運用した場合、発生する利益は
「年利利益10万円×10年間=総利益100万円」となります。

では、複利運用を用いた場合、どのように利益が変わってくるのでしょうか?

『複利運用』

複利運用を用いて投資資金100万円、年利10%で10年運用した場合、以下のように利益が推移していきます。

・1年目:投資資金100万円:年利10%=利益10万円
・2年目:投資資金110万円:年利10%=利益11万円
・3年目:投資資金121万円:年利10%=利益12万1千円
・4年目:投資資金133.1万円:年利10%=利益13万3千円
・5年目:投資資金146.4万円:年利10%=利益14.6万円
・6年目:投資資金160.6万円:年利10%=利益16万円
・7年目:投資資金176.6万円:年率10%=利益17万6千円
・8年目:投資資金194.2万円:年率10%=利益19万4千円
・9年目:投資資金213.6万円:年率10%=利益21万3千円
・10年目:投資資金234.9万円:年率10%=利益23万4千円

複利運用を用いると、最終的に10年間で得ることができる運用益は158万円(100円以下は切り捨て)となります。

単利運用の場合得ることができる利益は100万円となってるので、単純に考えれば複利運用は単利運用の約1.5倍もの利益を生んでいることとなるのです。
上記を見ていただいたら分かるとおり、複利運用は倍倍ゲームのように利益率が推移していくようになります。

・海外FXだからできる

国内業者のレバレッジ上限が25倍なのに対して、海外FXでは平均400倍や500倍といったレバレッジをかけてFX取引を行なう事が可能となっています。

また、そのように少額の口座資金で多額の取引を行なえる海外FXトレードだからこそ、複利運用を最大限にいかせるのです。

例えば、海外FX業者の中でも最大レバレッジが高い『XM』を利用したと仮定し、以下の条件で取引していきます。

『取引条件』

・初回入金額10万円
・1枚(ロット)10万通貨
・毎日5pipsを獲得
・かけるレバレッジは888倍

初回入金額を10万円とした場合、XMならば8.8ロッドのポジションを持つ事が可能となります。

これは、証拠金が少なくて済む海外FXだからこそできることであり、多くの取引証拠金を必要とする国内FX業者ではここまで多くのポジションを持つことは不可能です。

では、上記条件で複利運用を用いて取引を行なっていくとします。以下のように利益が推移していくのでご覧ください。

日数 枚数(ロッド数) 利益 投資資金
1日 8.8 44,248円 144,248円
2日 12.8 63,826円 208,074円
3日 18.4 92,068円 300,142円
5日 38.3 191,570円 624,519円
10日 239.3 1,196,393円 3,900,242円
19日 6469.7 32,348,672円 105,456,671円

表を見ていただいたら分かるとおり、初回入金額が10万円で毎日5pips獲得していけば19日目には総投資資金が1億円突破することが分かりますね。

しかし、これは19回連続で取引に勝利する事が大前提となっていますので、現実的には条件は非常に厳しいものとなります。

ですが、仮に7日連続で勝つことができれば総投資資金は100万円を超えてくるので、「資産が10倍になる」と考えると非常に優秀な投資法である事が分かります。
また、9pipsまでの含み損を許容しながら取引を行なっていく場合、一日あたりの勝率は70%程度となる事が予想されますので、7連勝ならばかなり現実的な数値と言えるでしょう。

スポンサーリンク

・海外FXのメリットを最大限活かす

複利運用は国内FXでも用いることは可能ですが、なぜ海外FX業者の方が効果的となるのでしょうか?

それは、海外FX業者が提供している取引環境が大きく関係してきます。

海外FX業者はトレーダーに、『ハイレバレッジ』『追証ゼロサービス』などの取引環境を提供しているのですが、これらを利用することにより借金を恐れず短期的に大きな利益を狙っていく事が可能となるのです。

例えば、初回投資資金として1万円用意し、『XM』にて500倍のレバレッジをかけて1日10pips獲得を目標に複利運用を行なうとします。
すると、5日後には総投資資金は6倍の6万円に、10日後には投資資金は約36万円まで増えます。初回入金額の約36倍まで膨れ上がるのです。

このように、「1万円という少額でもこれだけの大きな利益が狙えること」「どんなに損失が出てもマイナス額は1万円で済むこと」などを考えると、海外FXの取引環境がいかに複利運用を行なうにあたって最適かどうかがわかります。

また、何と言っても「どんな大事故に巻き込まれても大丈夫」という大きな強みは、ゼロカットサービスを採用している海外FX業者ならではといえるでしょう。

・目標pipsを設定する

海外FX会社で複利運用を用いる場合、現実的なpipsを設定しなくてはいけません。

常勝していくことが重要な複利運用は、設定するpipsのバランスが非常に重要となります。

例えば、目標を10sipsとした場合、1日単位で見れば「たった10pips」かもしれませんが、それを数十日連続となると難易度は非常に高いものとなるのです。

そのため、無理にハードルを上げず、自分のレベルに見合った設定にしなくてはいけません。自分の取引力に自信がある方は20pipsなどに上げてもいいですし、勝率重視でいきたい方は3pipsに設定しても勝ちを重ねていけば大きな利益を得ることも十分可能となります。

また、複利運用は無理に毎日取引を行なう必要はありません。

あくまで自分が目標であるpipsを獲得する事が大事ですので、より自信のある相場の時に注文は行なうようにしましょう。

・複利運用でローリスク・ハイリターンを狙う

今回、複利運用と海外FXについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

海外FXの取引環境に複利運用を用いて取引を行なっていけば、少ない投資資金しか用意できない方でも、統計上は『億』という金額の利益も狙えるようになります。

また、複利運用は一見ただの倍倍ゲームのようにみえるかもしれませんが決してそんなことはなく、しっかりと戦略を立てて的確な目標pipsを設定し、妥協せず自分の「ここなら勝てる」というポイントで取引を行なっていくことが重要となります。

ローリスクでハイリターンを求める事ができる複利運用は、海外FXの取引方法の中でも一際優秀な取引手法といえるでしょう。

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座