海外FXは追証なしで借金を背負うことはない

スポンサーリンク

追証とは?

FXはハイレバレッジトレードや狭いスプレッドによる取引手数料が魅力ですが、一方でそのリスクも覚悟しなければなりません。

今回は追証を含めたリスク回避について解説していきます。

・不足した証拠金の追加催促

追証は簡単に言えば足りなくなった口座残高を元にもどすようにFX会社がトレーダー側に請求する行為です。

FXは外国為替証拠金取引と日本語で呼ばれる通り、証拠金を根拠に取引を行っていく投資方法です。
それぞれの企業が提示する必要証拠金をFX口座に預け入れることで、最大レバレッジに合わせ取引できる金額、取引量や平均ロット数が決まってきます。

口座に最低入金額があるのもそのためで、すべてのトレーダーはすべての取引において業者の決めた必要証拠金維持率を維持する必要があります。

もしポジションしている為替の下落などにより必要証拠金維持率を満たせなくなってしまったらまた維持率を元に戻すために追証という形で証拠金を追加で催促されます。

これが俗にいうマージンコールと言うことになります。

・払わなければ強制決済

この要求に応じずに、さらにFX会社のロスカット水準を超えて証拠金維持率が下がってしまった場合、ロスカット、強制決済をFX会社側で勝手に実行されてしまいます。

できればこれはトレーダーとして避けたいものですがまだまださらに最悪のケースもあります。

・マイナス分は借金扱い

例えば追証ありの業者では、リーマンショックなどの為替市場の急激な変化に対して、そのFX会社の約定スピードを超えてFX業者の強制ロスカットや売り注文も取引システムも間に合わない場合、マイナス残高となり、その口座残高マイナス分はロスカット未収金として顧客に請求されてしまいます。

普通のFXならばどのような大損害をしても投資金を超えて資産がマイナスになってしまうことはないのですが、この仕組みのせいで借金をしてしまうケースもあり得ます。

・FXでの負債は自己破産不可

さらに厄介なことに日本の法律で、FX取引で発生した借金については自己破産の免責不許可事由により自己破産は基本的にはできません。

なのでFX口座を作って、マイナス口座となってしまい背負ってしまった借金で本当に苦しんでいる人がいるのも事実です。

もちろんその場合も弁護士に相談するなどして自己破産が認められる場合もありますが、こうなってしまっては後がただ辛いだけなので、このようなリスクはできるだけ避けるべきでしょう。

海外FXは追証なし

・ゼロカットシステム

ここまで追証という少し暗い側面について述べてきましたが、国内FX会社と比較して海外FXではあまりその心配をする必要がありません。

なぜかというとFX業界には0カットシステムというサービスを無料で受けることができるからです。

ゼロカット制度(ゼロカットサービス)とは、為替の急激な変化に対してFX業者の強制ロスカットが間に合わず、損失分を顧客に請求することを避け、FX業者側で受け持つという、FXサービスカット方式となります。

国内FXブローカーの多くが設けていないこの制度を口座開設の際にチェックすることは大切です。

・借金が発生しない

この制度のおかげで顧客、トレーダー側に借金が発生することはなくなります。

普通のFXならばどのような大損害をしても財産がマイナスになってしまうことはないのですが、この仕組みがないせいで借金をしてしまうという最悪のケースもあり得てしまうのです。

これはFXトレーダーにとってリスク管理の点においても歓迎される制度となります。
追証がないと安心して取引できるのでストレスも軽減されます。

・損失が発生しても証拠金の額まで

もちろん海外や国内FX取引では投資であり市場取引である以上、損失することは日常的に起こりますが、それはあくまで取引口座に預けた資金の範囲内ということです。

なのでFXというものは性質上、預けた証拠金をすべて失う可能性はありますが、それ以上のことは起こりません。

FXトレードで莫大な借金を負ったなどという話は記事情報サイトやFXブログの口コミでよく目や耳にしますが、ちゃんとゼロカットシステムさえ整っていれば、普通あり得ない話なのです。

スイスフランショックでの海外FX業者の対応例

スイスフランショックについて簡単に説明すると、2015年1月15日にスイス中央銀行のスイス国立銀行が行ってきた無制限為替介入を突然撤廃したことによるユーロスイス通貨取引の急変動、大暴落を指します。

ユーロスイス為替相場は一時41%ほどの大暴落をおこしました。

この際に多くのスイスフラン建てをしている投資家は大損害を被りました。
多くの日本国内業者はこの時損失分の追加請求を要求してきました。

しかしほとんどの海外FX業者は彼らの公言している0カット制度をきっちりと守りました。

例えば、海外FXブローカーの中で圧倒的ユーザー数と人気を誇るXM(エックスエム)やFxPro(エフエックス プロ)、AXIORY (アキシオリー)、ランドFX、タイタンFX、トレードトラスト、エースフォレックスなどはすべて、前々から公表していたように0カットシステムを約束通り適応し、マイナス分になったものをすべて0にリセットし、トレーダー側に追加の追証請求が行くことはありませんでした。

会社の利益よりもトレーダーの利益を尊重した素晴らしい行動、対応であったと言えます。

反面FXDDやPepperstone (ペッパーストーン)などの海外業者でも0カット政策を行わない業者もあるので、海外FX業者ならば絶対安心できるというわけではありませんので注意が必要です。

スポンサーリンク

まとめ

多くの国内企業が追証を導入する中、反対に多くの海外FXが0カットシステムを採用しています。

海外FXは人為介入せずコンピューターによって取引が処理されるECN口座やSTP口座でのECN取引、STP取引をベースに運営しているので、透明性が高いのです。

このようなリスク管理の観点から見ても海外FX業者でFX口座を開設することをオススメします。

もちろんその際もしっかりと海外の金融ライセンスを取得しているかどうか、信託保全をしているかどうか、詐欺業者でないかどうか対応FX会社をチェックしておきましょう。

FXの基本姿勢として損切りや口座資産の管理などのリスク管理、そして常に万が一のことを考えた取引方法を考えておくことが大切といえるでしょう。

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座