海外FX口座の入金でクレジットカードのポイントを貯める

海外FXは、国内FX業者と入出金方法が若干異なっています。

国内業者の場合は銀行振り込みでも問題はありませんが、海外業者の銀行送金の場合、口座への反映に時間がかかることがあり、振り込み手数料も国内業者の何倍もかかってしまいます。

しかし、クレジットカードを利用した入金ならばそのような問題もなくなり、ポイントも貯まるというメリットも増えるのでお得です。

この記事では、そんな海外FXクレジットカード入出金について徹底解説していきます。

スポンサーリンク

・クレジットカード入金のメリット

海外FX口座への入金は様々な方法がありますが、その中でもクレジットカードを利用しての入金はメリットが多く非常におすすめとなります。

クレジットカード入金を行なうことにより、以下のようなメリットがあるのでご紹介していきます。

① 反映が早い

FXトレードというのは一瞬のタイミングが勝負であり、そのタイミングを逃さないためにも入金の反映速度というのは早いにこした事はありません。
その点クレジットカード入金は、即時反映となる場合がほとんどなので問題ないといえます。

② 手数料がかからない

海外FXを利用するにあたって、FXトレーダーを悩ませる一因となるのが入金手数料です。
海外銀行送金は手数料が高いので、入金のたびに気落ちしてしまう方もいらっしゃることでしょう

しかし、クレジットカード入金の場合は手数料がかからないので、そのような悩みも払拭することができます。
入金手数料がかからないことは、海外FXを行なうにあたって非常に大きなメリットと言えます。

③ ショッピング枠扱いでポイントがたまる

海外FXでクレジットカードを利用し入金を行う場合、ショッピング枠を利用しての入金となります。

そのため、入金額に応じてどんどんポイントが貯まっていくのです。
しかも、海外FXの入金は額が大きくなる事が多いのでその分ポイントが貯まるスピードも早いです。

クレジットカード入金のメリットは、どれも魅力的なものばかりです。
しかし、クレジットカード入金に大きなデメリットはありませんが、注意すべき点はいくつかあるのでご紹介していきます。

クレジットカード入金の注意点

クレジットカード入金の注意点は以下の通りとなりますのでご紹介していきます。

① 出金時はショッピング枠のキャンセル扱いになる

海外FXでクレジットカード入金を行った場合「ショッピング枠を利用する」と前述させて頂きましたが、その後口座資金を出金する場合「ショッピング枠のキャンセル扱い」としてクレジットカード出金が優先して選択されます。

そのため、もしクレジットカード入金を10万円分行なったとしまして、その後口座資金を出金するとしても、入金分である10万円をクレジットカード出金してからしかその他の出金方法は選択できないので注意が必要です。

② キャンセル分はポイントが付かない

クレジットカード出金を行った場合、ショッピング枠のキャンセル扱いとして処理されるのでポイントが付与されません。
そのため、出金後「ポイントが反映されていない」と勘違いしないように気をつけましょう。

クレジットカードのメリットのひとつは、入金額に応じてポイントが貯まっていくことです。

しかし、出金するとキャンセル扱いとなり、「これではいつまで経ってもポイントはたまらないのでは?」と感じる方もいらっしゃるでしょう。
ですが、ちゃんとポイントが貯まる方法はあるのでご安心ください。

・ポイントを手にいれる方法

クレジットカード入金を行った場合、通常ならば入金額以上の出金を行なわなければクレジットカード出金以外の出金方法を選択する事は不可能であり、カード会社はこれによって「ポイントだけを受け取る」という行為を防いでいます。

しかし、クレジットカード入金から期間が1年経つと、キャンセル不可能となり別の出金方法を選択する事が可能となるのです。
そのため、結果的にポイントが付与され、口座資金も銀行送金などを行なう事ができるようになります。

スポンサーリンク

・ポイントをもらっても損をする可能性あり

海外FX口座へクレジットカード入金を行い、ポイントが付与されることは大きなメリットですが、一概にも「絶対お得!」とはいえません。

なぜなら場合によっては「損をしてしまう可能性」もあるからです。
では、どのようなケースで損をしてしまう可能性があるのでしょうか?

・海外FXはクレジット以外では基本的に海外送金による出金

海外FX会社で出金を行う場合、基本的には海外送金による出金となります。
すると、多額の出金手数料が取られてしまうので、へたすれば付与されるポイント以上の手数料が取られてしまいます。

ちなみに、例としまして日本のメガバンクでは以下のような手数料がかかってきます。

『海外銀行送金手数料一覧』

① 三井住友銀行:約4,000円
② 三菱東京UFJ銀行:約4,000円
③ みずほ銀行:個人の場合約2,500円、法人の場合約4,000円

海外送金を行なう場合手数料は上記のようになりますが、出金額によって多少前後してくる点には注意が必要です。

・最低でも出金手数料以上のポイントが必要

単純に考えれば、ポイントが付与されるとしても海外送金手数料以上のポイントが付与されなければお得とはいえません。
そのため、上記手数料を例とすれば、最低でも4,000ポイント以上は貯まらなければあまり意味はないといえるでしょう。

では、通常のクレジットカードのポイント率で考えると4,000ポイントとはどのくらいの規模となるのでしょうか?

今回は、会員数が1,000万人以上いる楽天カードを例にしてご説明しましょう。
楽天カードの基本的なポイント還元率は1%となっており、年間4,000ポイント貯めるには40万円分海外FXの口座へ入金する必要があります。

そのため、月平均にすると毎月約33,000円分の入金を行なうことになりますね。

このように、数値化してみると海外送金手数料の大きさが影響して、クレジットカードのポイントを狙ってクレジットカード出金を行わないのは中々効率が悪いように感じます。

勿論、利益を上げていて、尚且つ1年以上出金が不要という方はポイントの付与を受けることも可能であり、最もクレジットカード入金の恩恵を受ける事ができると言えます。

しかし、ポイントに固執しすぎると逆に損してしまう可能性もあるので注意が必要となります。

・ポイント付与はお得なのか

FXというのは投資法ですので、当然ながら100%勝てるものではありません。
特にFX初心者の方は、1年目や2年目などは年間収支がマイナスになることも少なくはないものです。

しかしその場合、銀行送金で入金を行っていて収支がマイナスとなると何も残りませんが、クレジットカード入金を行なっていれば少なくとも付与されたポイント分はプラスとなります。

そう考えるとクレジットカード入金のポイント付与は、海外FX初心者にとって大きなメリットといえるでしょう。

・ポイントはあくまでおまけ程度として考える

海外FXの入金時にクレジットカードを利用することは、もはや当たり前のことになりつつあります。
それは、大きなデメリットがなく「手数料無料」「ポイント付与」などといった恩恵を受ける事ができるためです。

しかし、銀行送金手数料を考えるとポイント付与も一概には得とは言えないので、メリットではありますが、あくまでポイントは「付いてきたらラッキー」という程度に考えておく事が得策といえます。

何にしても、海外FXへ入金を行なうならば、クレジットカードを利用しての入金が効率的なのは間違いないといえるでしょう。

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座