海外FX口座開設には住所証明書類が必要

海外FX口座開設に必要な書類

デモ口座開設方法は簡単で、必要書類などはなく、IDとパスワード程度ですぐに開始できますが、リアル口座開設時には各企業毎に提出すべき必要書類があります。

・本人確認書類

FXトレードを始めるために、口座開設ボタンを押して、トレード口座開設申込みから口座開設手続きが始まります。

必要な本人確認書類としてパスポートや運転免許証、住民票などの個人情報が書かれた書類提出が一般的です。

パスポートや運転免許証は顔写真付き付きなので、それ一つで大丈夫な可能性も高くなります。

2016年からマイナンバーの導入が始まり、マイナンバーカードを皆が持つように義務づけられ、マイナンバーは本人確認書類としての機能がありそうですが、海外FX会社ではマイナンバーを提出する必要性はあまりないといえるでしょう。

なぜならばこれはあくまで日本の法律であり、海外をベースに活動しているFX証券会社にとってマイナンバーはあまり関係しないからです。
なので必要書類さえ出せば開設口座情報として取引口座開設には何の問題もないでしょう。

日本の金融庁にライセンスを登録している海外FX業者であればマイナンバーの提出は必須ですが、高いレバレッジ率を維持するためにそうでない場合が殆どです。

なので海外FX取引をする際はマイナンバーの提出は義務とはなっていないのです。

しかし反対に国内FX業者では有効な場合が多いようです。

この国が強く推し進めているマイナンバー制度の導入により、これから何か登録をする場合はマイナンバーを提出する必要がある場合が多くなりました。それはFXでも同じで国内FX業者のサイトで口座開設申請をする場合、これからはマイナンバーが必要となる場合が大多数となるでしょう。

・住所証明書類

運転免許証などで本人確認書類から住所が確認できるのであれば、別に住所証明書類は必要ない場合が多いですが、そうではない場合、FXトレーダーは住所証明書類をFX会社に提出しなければなりません。
これについては下で詳しく見ていきます。

・業者によって必要書類の数は異なる

各業者、そして同じ業者でも口座タイプによってもルールも変わってくるので必要書類の数もそれに応じ異なってきます。
大抵の場合はパスポートや運転免許証、住民票など一つでOKな所もありますが、そうでないところもあります。

例えば、無職の方が口座を開設する場合などは十分な資金があるかどうか確認するため銀行利用明細書やクレジットカード利用明細書、納税関係書類などの提出を求められる可能性があります。
取引方法が決まり、自分が口座開設をしたいと思っているFXブローカーのFX公式サイトにいき、どの書類を必要としているのか今一度比較、確認してみましょう。

住所証明書類の条件

・本人の氏名が記載

最低限本人の氏名が記載されている必要があります。
これがなければ誰の書類なのかわからないからです。

・住所の記載

住所証明書類なので住所が記載されていなければなりません。
住所が必要なのは1つは必要書類カード、その他お得な情報、重要なお知らせなど発送するためです。
もう一つは身元がはっきりしている人物かどうかを証明するためです。

・発行日の記載がある

その書類がいつ発行されたのか記載されている必要があります。
古いデータを出された場合見分けがつかず、詐欺に使われる恐れがあるからです。
なので請求日、交付日はしっかりと気をつけましょう。

・発行◯ヶ月以内

これも海外FXに限った話ではないのですが、発行した書類には期限というものがあります。
パスポートや運転免許証なら、発行年月日が記載されておりその有効期限が切れていない限り使えますが、住民票などは基本的に1~6ヶ月以内が有効期限と見ておいたほうがいいでしょう。

・日本語のままで問題ない

海外FXなので海外業者なのですが、基本的には特に記述がない限り、日本語のままで提出して大丈夫です。

多くのメジャーな海外FX企業が日本語対応で口座開設サポートサービスをしているので、たとえ日本語でメール入力したとしてもしっかりと対応をしてくれます。
中にはLive口座開設(ライブ口座開設)を日本語対応で受け付けているところもあるので確認してみてください。

書類の提出方法

・スキャンした画像をアップロード

大抵の海外ネット証券会社ならばオンラインページ上で書類の提出が完結できます。

必要書類の提出方法として一番一般的なのがプリンターでスキャンした画像を口座開設ページサイトにアップロードすることでしょう。
スキャンならば「画像が鮮明でないので受け付けない」ということが少なく、素人でも綺麗にパソコンに画像データを取り込むことができます。

・スマホで撮って送信

中にはプリンターがないという方もいると思うのでそんな方はスマホで必要書類を撮影した写真をアップロードしても大丈夫です。
この場合画像のピンボケや、見切れ、影が映ってしまって暗い、解像度が低すぎるなどはよくある失敗なので、ここに気をつけて撮影しましょう。

基本的には書類の文字が鮮明でしっかりと確認できればOKです。
逆にそうでないならば再提出などになり、2度手間となりますので、綺麗に撮るには少しテクニックが要りますが、スマホで提出は気軽なのでオススメです。

住所証明書類の例

本人確認書類に住所が記入されていない場合、別に住所証明書類が必要です。
公共料金請求などいろいろと住所証明書類になるものがあります。

・住民票

住民票は正確には住民基本台帳カードといい、日本国民としてどの街のどの家に住んでいるかということを証明する書類です。
市役所に行き申請することで混んでいなければ通常その日のうちに手に入れることができます。
各市町村によって異なりますが、発行には手数料が必要です。

・健康保険証

医療費が3割負担で済む、日本の素晴らしい制度の国民健康保険を享受できるカードです。
健康保険は日本国民なら等しく持っている書類なので住所証明書類として候補の上位に上がるでしょう。

・電気利用明細書

一世帯でどのくらいの電気を使用したかが示してある請求書です。

・ガス利用明細書

一世帯でどのくらいのガスを使用したかが示してある請求書です。

・水道利用明細書

一世帯でどのくらいの水道を使用したかが示してある請求書です。

・携帯電話代明細書

各個人がどのくらいの携帯電話を使用したかが示してある携帯電話業者利用明細書です。

・クレジットカード領収書

毎月のクレジットカードの領収書となります。

・印鑑登録証明書

その印鑑がどの個人に属しているかを証明するものとなります。

まとめ

海外FX口座開設には必ず必要書類提出が必要ですが、基本的にはそんなに大量に提出しなければならないということはなく、必要最低限の書類を提出すればスムーズに口座開設ができるはずです。

ただ現在無職、未成年、借金をした過去があるなどの場合は、口座開設条件も異なり、追加で色々な提出書類を請求される可能性があるので、しっかりと準備し、口座開設完了させましょう。
その後ログインをしてようやくFXトレード開始となります。

タイタン9つの理由

XMで資産を増やす方法

タイタンとXM対決

コメント欄

コメントを残す

*