海外FXの重要経済指標

海外FXで利益を上げていくためには、相場が大きく動く瞬間に注目する必要があります。

特に、重要な経済指標の発表時には全世界のFXトレーダーが注目しているため、経済指標を把握することは海外FX取引を行なっていくにあたってとても重要となるのです。

そこでこの記事では、重要な経済指標などの情報を徹底解説していきます。

スポンサーリンク

・経済指標とは?

経済指標とは、経済状況を構成する要因を数値化したものを、各国の公的機関などが行なう発表のことを言います。

重要な経済指標が発表されるとその結果に応じて相場が変化するため、経済指標を把握することができれば将来のレートの方向性を予想する事が可能となるのです。

・予想と発表の差が相場に影響

経済指標はあらかじめ「いつに発表される」という事が公表されています。

そのため、どのような結果が発表されるのかある程度の市場予想が行なわれるのです。

しかし、場合によっては予想を大きく覆すこともあり、そのようなケースがおきると相場に多大な影響を及ぼします。

ですが、大きく値動きする瞬間こそ海外FX業者の取引環境を活かすことが出来る最大のチャンスとなるのです。

・経済指標は稼ぐチャンス

経済指標は予測が難しいため、あえてポジションを持たないという方もいらっしゃいます。

しかし、相場が大きく動く時こそ海外FXは稼ぐチャンスとなるのです。

なぜならば、海外FXの最大のメリットは『ハイレバレッジ』と『ゼロカットサービス』であり、どんなに大きなレバレッジでトレードを行なっても口座の投資資金以上の損失は出ることはありません。

そのため、大きな値動きが伴う可能性が大きい経済指標の発表はむしろ大歓迎なのです。

ですが、国内FXの場合はそうはいきません。

国内FX業者には『追証』が存在するため、場合によっては大きな損失が発生し最悪借金となる可能性もあり、そのような可能性を考慮すれば、迂闊に多額のポジションを持つ事はできなくなってしまいます。

その反面、海外FXならばゼロカットサービスのおかげで思い切った取引を行なっていく事ができるのです。

スポンサーリンク

・アメリカのものは注目度が高い

経済指標は各国が発表するので、注目度が低いものを入れるとかなりの数が存在します。

ですが、その中でも一際注目を浴びる経済指標があります。

それは、アメリカが発表する経済指標です。

経済力が強く米ドルが世界の基軸通貨であることもあり、アメリカの経済指標は世界中で重要視されます。

そのため、相場へ与える影響力も大きいのです。

特に、中でも『米国雇用統計』『米国FOMC』『米国GDP』の3つの経済指標は注目度が高いので要チェックとなります。

・重要経済指標

この項目では、海外FXを行なうにあたって重要となる経済指標をご紹介していきます。

① 米雇用統計

米雇用統計とは、毎月第一金曜日のニューヨーク時間午前8時30分に発表されるアメリカの雇用に関する指標であり、発表内容は「時間当り平均賃金」や「週間労働時間」「製造業部門雇用者数」など10項目以上となっています。

また、その中でも注目すべきは以下の2項目は注目度が高いので要チェックです。

・失業率
・非農業部門雇用者数

失業率とは、その名の通り米国で失業している人の割合となります。

失業率は米労働省の労働統計局が米国の約6万世帯を対象に調査しており、当然ながら低ければ低いほどいいとされています。

非農業部門雇用者数は、自営業・農家業を含まない非農業部門に属する事業所の給与支払い帳簿を基に集められたデータです。

米国の約30%を対象とする非農業部門雇用者数は、米国の雇用情勢をするために最も必要となる指標といえます。

基本的に米雇用統計発表後の数字が良いと相場が円安に、悪いと円高に振れる傾向があります。

しかし、相場は毎回決まった動きをするわけではないので、傾向を鵜呑みにするのは危険です。

あくまで、頭の片隅に入れておく程度にしましょう。

② 小売売上高

小売売上高とは、米国全体の小売業の売り上げ調査を元に集計したデータです。

毎月第2週にアメリカの商務省が発表され、内容は小売業全体の売上高と、その中から自動車を除いた売り上げのデータが発表されます。

小売売上高は雇用統計の次点に注目される経済指標であり、この指標の結果次第で米国のGDPもある程度把握する事が可能です。

しかし、小売売上高は速報値が発表されたあとに数値が変更されることも多いので、短期的に景気動向を計ることにはあまり向かない経済指標だといえます。

③ GDP(国内総生産)

GDP(国内総生産)とは、一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額であり、発表内容から各国の今後の経済成長率を算出することができます。

また、GDPはほとんどの国や地域で発表されている経済指標であり、四半期(3ヶ月に1回)ごとに発表されます。(カナダのみ毎月)

GDPは重要な経済指標となっていますが、雇用統計などと比較すると指標発表後もそこまで相場が大きく動くことは珍しいです。

しかし、市場予想と発表内容の間で大きなズレがあったりした場合は為替相場が激しく値動きする可能性もあるので、チェックは怠らないようにしましょう。

④ 景況感指数

景況感指数とは、消費者やアナリストに現在の景気や今後の景気動向について取ったアンケート調査の結果の指標です。

景況感が良くなければ景気は良くなりません。また、景況感が低ければ消費も落ちてしまうので物が売れなくなり、結果的に景気も落ち込むので悪循環となります。

景況感指数は、他にも「景況感調査指数」や「景況調査」などと呼ばれる事がありますが、内容は変わりません。

また、景況感指数の中でも特別注目度が高いものもあり、ドイツの『ZEW景況感指数』や『IFO景況感指数』、米国の『CB消費者信頼感指数』や『ミシガン大消費者信頼感指数』などは相場に影響を与えやすいです。

ZEW景況感指数とIFO景況感指数は毎月1回発表されますが、ZEW景況感指数の方が1週早く発表されるので先行指標となります。

⑤ FOMC

FOMCとは、連邦公開市場委員会が行なう政策金利発表であり、年に8回約6週間ごとにワシントンの理事会議室で会合が行なわれ、その後声明として決定されたフェデラルファンドレート(FFレート)の誘導目標値が発表されます。

FFレートとは政策金利であり、雇用統計の結果が大きく影響する事が多いです。

雇用統計の発表内容がよければ金融緩和し金利が下げられ、雇用状況が改善している場合は、金融を引き締め金利が上げられます。

一概に毎回その通りに金利が変更されるとは限りませんが、雇用統計とFOMCの関係性は知っておいたほうがFX取引を行なうにあたって有利です。

金利というものはお金の流れを変える力があり、FOMCはその金利を直接変更する力を持っているので非常に注目度の高い経済指標となっています。

・重要な経済指標のみ把握しておく

経済指標は、FX取引で利益を上げていくための重要なポイントとなります。

しかし、経済指標の種類は大変多く、全てを把握することは厳しいです。

また、あまり無理をして許容以上のことをやろうとすれば、その分疎かになってくる部分が出てきてしまいます。

そのため、無理のないように相場に影響を及ぼしやすい重要経済指標のみ把握することをおすすめします。

特に、米国に関する経済指標は要チェックです。

経済指標というチャンスを活かし、海外FXで大きな利益を上げていきましょう!

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座