海外FXの様々なメリット紹介

FX投資家として始めるのになぜ日本国内FX会社ではなく海外FXなのか ?

FX業界には大きく分けて2つありそれは「海外FX」と「国内FX」になります。

これらはその名前の通り、国内企業のFX会社かそうでない海外企業かということで、どちらも通貨取引であることに何も変わりがありません。

では一体何がどう違うのでしょうか?

海外FXでは日本のFX会社では考えられないようなFXサービスがたくさんあります。

国内FX業者にはない多数のメリットを提供している海外FXですが、なにぶん「海外企業」ということもあり、実際にどのような内容のメリットがあるのか知らない方も多いのではないでしょうか?

例えばここで簡単に例をあげれば、ハイレバレッジ、追証なしの0カット制度、豊富なボーナス、約定力の早さなど、まだまだ数え切れないほどあり、どれを取っても日本国内FXではとても達成できないものばかりです。

また、それらについてご存知の方も、中には海外FX業者のまだまだ知らないメリットもあるかもしれません。

初心者の方は「海外企業」と聞くといかにも敷居が高そうで「一個人投資家には手が届かないのではないか」と思われる方も多いようですが、実はその逆であるということが言えます。

それらのことを含め、この記事では海外FXメリットを徹底解説していきます。

スポンサーリンク

海外FXのメリット

・海外FXはレバレッジ規制の対象外(ハイレバレッジ)

海外FXの口座を開設する日本人トレーダーの多くは、この『ハイレバレッジ』を目的としています。

では、なぜわざわざ海外FXなのか?それは、国内FX口座ではハイレバレッジ取引を行なう事が不可能だからです。

国内業者は日本の金融庁が発行したライセンスを取得しなくてはならければいけません。

そのライセンスで定めたレバレッジ規制が定められており、レバレッジ上限は最大でも「25倍まで」となっています。

それに引き換え、海外業者ならば根本的に日本の金融庁のライセンスを取得していないので、その様なレバレッジ規制を外す事ができます。

海外FXの場合、平均400~500倍がレバレッジ上限となっており、中には1,000倍を超える業者もあります。

「日本のライセンスを取得していない海外FXブローカー」と書くとなんだか危ない感じがしますが、海外FXにおいて、それは極めて普通の事であり、むしろだからこそ日本のブローカーではとても真似できない様なレバレッジ率やサービスが可能となるのです。

少額の資金でも多額の取引ができるのがFX取引の魅力であり、国内FXブローカーを利用したとしても単純に考えれば投資資金の25倍までは取引を行なう事が可能です。

しかし、上に書いた様に、国内ライセンスの規制がないため国内FXの何十倍ものレバレッジをかけることができる海外FXならば、その分大きな利益を生むこともできるようになります。

この様なシステムの違いから海外FXはたとえ資産が少なくても億万長者になることだって夢ではなくなるのです。

海外FXのハイレバレッジのさらに詳しい解説記事はコチラ→

・ロスカット水準が低いので有効証拠金の維持管理がしやすい

実は最大レバレッジだけ高かったとしてもそれだけではあまり実用的とは言えません。

なぜかというと、それはFXが「FX証拠金取引」と呼ばれていることと関係します。

例えばせっかくハイレバレッジをかけたとしてもロスカットレベルが高い業者の場合を考えてみましょう。

その場合、市場の価格がすぐに下がっただけで有効証拠金を維持できず、すぐに強制決済されてしまいなかなか思った通りの取引をすることが難しくなってしまいます。

その点、海外のFX会社では上記のハイレバレッジに加え、 国内会社に比べてもロスカット水準が非常に低いと言えます。

例えば以下で代表的な業者のロスカットレベルを挙げてみると

AXIORY: 20%以下

XM: 20%以下

TitanFX: 20%以下

LANDFX: 30%以下

FXPro: 30%以下

LandFX:30%以下

ThinkForeX: 50%以下

となります。

特に海外FXブローカーの「iForex」はなんと驚異のロスカットレベル0%という数字でサービスを提供しています。

これはどういうことかというと証拠金維持率が0%になるまで、口座資金が尽きるまでポジションを保持し、トレード可能ということになります。

ほかの業者ではpips数をいちいち計算し、「どうなったら強制ロスカットになるのか」、「どのくらいの追加証拠金が必要になるのか」ということを逐一確認しなければならないのですが、iForexではその必要がなくシンプルに「口座残高が0になったら負け」ということが可能になります。

その他にもどれだけ含み損が増えたとしても口座資産がなくなるギリギリまで粘ってポジションを保有できるため、相場反転のチャンスを待つことが可能になります。

海外FXと聞くと「儲けが多い分すぐに損をするリスクも高い」というイメージがあります。

それは間違いではありませんがこの様な良心的なロスカット水準によりそのリスクも最低限に抑えられています。

・クイック口座開設に対応、カンタン口座開設

国内FX口座開設時にはまだまだ、フォームに多くの情報を書き込んで、身元証明のために必要書類の提出などをしなければいけないところも多いと言えるでしょう。

しかし最近の海外FXの口座開設は本当に手軽に素早くできる「クイック口座開設」制度を導入している企業が多くあります。

このクイック口座開設では口座開設時に個人情報などの必要書類の提出がありません。

さらにフォームに記載する必要条件は名前とクレジットカードの情報のみという本当に手間のないものまであります。

この様に海外FXでは口座開設から実際の取引開始までのプロセスが非常に簡単で、すぐに儲けを出す事も可能となります。

上に書いたことと合わせると「高速で口座開設してすぐに大金を手にする」といった可能性も本当にありえます。

事実、ブログや本などを読むと、そう言った方は本当にいらっしゃるということがわかるのですが、それは本当に嘘ではないのです。

・入金、出金方法はカンタンで色々あり便利

海外FX業者でトレードを始めるにあたって一番の心配ごととなるのが入金、出金に関する問題ではないでしょうか?

しかし、その心配は無用で、多くの海外FX業者では様々な出入金方法を設けているため、「新たに銀行口座を開設しなくてはならない」などの煩しさはありません。

クレジットカードをお持ちの方であればそれですぐに入金してトレードを開始できます。

それでもまだ「オンラインでお金を動かすのは心配」、「海外だと手数料がかさみそう」という声も聞かれます。

もちろんそれらの声は間違いではありませんが、それに対する解決策も続々と登場してきています。

例えば、最近ではいち早くビットコインを取り扱う業者も出てきて、さらに出入金の安全性が増してきています。

「出入金の手数料をできるだけ減らしたい」

という方にも最近は「mybitwallet」というお得なオンライン支払いサービスを選択できる業者も続々と増えています。

・海外FXの透明性の高さは国内FX業者よりも良いのか?

一般的に言える事として海外FXの方が国内FXより圧倒的にクリーンで透明性の高い取引をする事が可能となります。

一般に国内FXの取引方式はブラックボックスと呼ばれることが多く、裏で何が行われているかがわからないという意見が多く見られます。

しかしそう言ってしまえる根拠はあるのでしょうか?

それを理解するためにはまず海外FXブローカーと国内FXブローカーの取引方式を理解するところから始めていきましょう。

・NDDによる透明性の高さ

海外FXブローカーは電子取引所取引、NDD取引(ノー・ディーリング・ディスク取引)という取引方法をしています。

これはトレーダーがFX口座でちゃんと注文した通りに海外FX業者がそれを行うというごく当たり前の取引です。

トレーダー側がその通貨を売りたいとなった場合、いくらでその通貨を買いたい人がいるかを探してその売り手と買い手同士を結びつけ、その時点で取引が成立します。

このようなことから約定拒否や意図的なスリッページなどの不正行為を避けることができます。

海外FX会社のビジネスモデルとして売り手と買い手を結びつける仲介手数料を取り、そこから儲けを出しています。

このようなことから、海外FX企業は利益を出すためにトレーダー自体の数や取引量、ロット数を増やす必要があり、顧客が儲ければ儲けるほど、企業としての利益も出てくることとなります。

一方、国内口座は店頭取引(OTC取引・DD取引)という取引方法を採用しており、これはどういう事かというと投資家が注文通りの売買を「しない」というトレード方法です。

例えば具体的にドル円で米ドル買い注文をトレーダー側から出したとしても証券会社がそのとうりに買うとは限らないということです。

これはカバー取引という方法でもあり、業者側にとって不利益となるFXトレードをカバーするという意味でこのような名前でも呼ばれます。

非常に不公平で一見するとまるで詐欺業者のように聞こえるこの方法で何が起こっているかというと、投資家が負ければ負けるほど国内FXブローカー側が儲かることになります。

なぜかというと、FXトレーダーが実際にある通貨を購入してもしそれが上昇したら、国内FX会社側からFXトレーダーにより多くの資金を支払わなければなりません。

海外FX企業のようにFXトレーダーが注文した通りにその通貨ペアで購入していれば、何の問題もなくそのままそれを払えばいいのですが、そうでない場合、国内業者はそのとうりに買っていないので、投資家が勝てば、国内証券会社の利益としてはマイナスになってしまうのです。

逆に投資家のトレンド予想が外れて、投資家の資産がマイナスとなれば、国内業者側の利益となるわけです。

つまり投資家が損をすればするほど、国内FX企業が儲かるという仕組みがOTC取引で、多くの日本業者がこれを採用しています。

そしてこのようなシステムから、絶対とは言いませんが、国内業者が投資家に損をしてもらおうとする取引操作をする可能性が0ではありません。

例えばシステムダウン、スリッページを意図的に行う、損切りの注文のため一時的に急激にレートを動かすと言ったことはすべて国内業者側の利益につながります。

証拠金を用いたレバレッジ取引も最大約25倍程度なのは顧客がたくさん儲けてもらってはビジネスモデルとして困るからという見方もできます。

このような取引のことを総じて相対取引と言い、国内FXと直接取引をするような構図となります。

以上のことから国内FXの方式はブラックボックスとされ、海外FXの方が健全で透明性の高い取引という事ができるのです。

・ECN口座が使える

海外FXでは国内FXでほぼ見られない、ECN方式のECN口座を採用している場合がほとんどです。

海外FXで多くの企業で採用されているNDD方式では、ECN口座とSTP口座(スタンダード口座)という2つの口座が通常用意されています。

ECNは英語にするとElectric Communications NetworkでFXの電子商取引ということになります。

STPは英語にするとStraight Through Processingで注文、約定、決済まで取引システムが自動で処理され、ブローカーが取引に介在しません。

FX初心者は「スタンダード口座」とい言葉につられてSTP方式にしがちですが、その違いを知っておくのも重要です。

どちらも上で述べたNDD取引ですが二つには明確な違いがあります。

STP方式の場合は:

トレーダーが注文 >

ブローカーにそれが届き >

ブローカーがカバー先のLP(=大手金融機関)

という流れでブローカー側が仲介役として登場します。

 

対してECNの場合は:

トレーダーが注文 >

ブローカーを経由「しないで」 >

インターバンク市場(各機関・大口トレーダーの注文が集まる場所)

に行きそこでその注文通貨ペアのマッチングがなされます。

ECNはそのままインターバンク市場に流しトレーダー同士での売買取引成立を模索する方法ですが、このため流動性が高くなります。

ECN方式では取引手数料がかかってしまうことがデメリットととられがちですが、その分スプレッドが狭いということが言えます。

この周りのステータスについては各業者で異なってくるので一概には言えませんが、トータルとしての取引コストは概してECN取引の方が安くなると言えます。

どちらも透明性の高いNDD方式には変わりないのですが、ECN取引の方は取引が本当に全自動となるのでより透明性が高く高速約定が可能となります。

・豊富なボーナス

国内FX、海外FXに関わらず、最近では無料口座開設などの特典は当たり前です。

それだけにとどまらず、最近の海外FXは国内FXで比べものにならないほど豪華なボーナス特典がついてきます。

FX会社でボーナスとして与えられたものはFX取引口座での証拠金として使うことができるため、ボーナスのおかげでFXトレーダーはより多くの証拠金を使って、取引方法の幅が増えるわけです。

証拠金ボーナス

ボーナスといえども普通の会社のボーナスとは少し異なり、賞与や現金がもらえるというわけではありません。

ボーナスは大抵取引に使えるお金としての「証拠金」として使用可能となります。

FX会社からのボーナスは大きく分けると以下の4つとなります。

①口座開設ボーナス
口座を開設した際に発生するボーナス

②入金ボーナス
入金額に応じて発生するボーナス

③取引ボーナス
一定量取引を行なったら発生するボーナス

④リスクフリーボーナス
回数限定で損失を海外FX業者が負担してくれるボーナス

です。

ボーナスは海外FX業者の目玉となっていますので、業者は常に新しい種類のボーナスを提供しています。

しかし、その中でも『口座開設ボーナス』と『入金ボーナス』は代表的なボーナスで、多くの海外FX企業が盛大にボーナスプレゼントキャンペーンを開催しています。

ボーナス額も「何十ドル~何百ドル」と高額なので魅力的です。

例えば海外FX業者の中で最も有名な企業の一つであるXMは口座開設ボーナスをしただけで3000円分の証拠金ボーナスがもらえるというものを開催しています。

これは実質、トレーダーの損失リスクがないのにもかかわらずFXトレードが可能になるものとなるため、このボーナスのためだけにXMの口座開設を検討する方もいるほどです。

「ボーナス」と聞くと何か+α的な感じがしますが、海外FXにおいては業者選びにおける大きな要素となってくると言っても過言ではありません。

口座開設ボーナスについて詳しい解説はコチラ→

業者ごとのボーナスキャンペーン比較はコチラ→

・海外FXには豪華賞品・高額賞金のトレードコンテストがある

国内FX業者や海外FX比較をする中で豪華賞品・高額賞金のトレードコンテストの存在も見逃せません。

例えば、上で少し触れた日本人投資家の中で海外FXランキング人気No1.と言われている海外FXブローカーの「XM」では毎週「XMコンテスト」というものを開催しています。

大規模なものでは賞金総額が$50,000の「百万ドルFXワールドチャンピオンシップ」というものが開催されていました。

この様なトレードは無料で参加できるものも多いので、今までデモ口座でしか取引を試してこなかった初心者トレーダーにとっても、現金を獲得できる絶好の機会となるので腕試しにはもってこいとなります。

・海外FXは約定力が高くリクオートがない

海外FXは国内FXと比べものにならないくらい約定力が高くリクオートもありません。

上で述べた方式の違いなどからしても、国内FXは元々呑み注文をしている可能性が高いので、もしその様な事をしていたら「約定力」という概念も関係なくなってしまうでしょう。

その点、海外FXは約定スピードが1秒を切るのは普通で、どのブローカーも0.何秒の世界を争っています。

つまり感覚としてはボタンを押した次の瞬間に約定している感じです。

特にハイレバレッジを掛けたスキャルピング手法では0コンマの売り買いが命取りになってくる世界でもあるので、約定力の高い海外FXでの口座開設は明らかにメリットとなるのです。

また上で述べたECN取引は完全にブローカーを通さず全自動で行われるため、よっぽどシステム上の違反に引っかかる事をしなければリクオートも基本的にありえません。

リクオートとは、トレーダーが希望した価格での取引を業者が拒否し、価格を再提示してくることをいいます。

リクオートが最も発生するタイミングは、重要な経済指標時や政治的な動きなどがあって大きく為替レートが動く時です。

相場が大きく動くと、トレーダーが提示した価格で業者が注文を調達できない場合があります。

そうすると、業者側は今現在決済できる価格を再提示してくるのです。

元々リクオートは、トレーダーの利益を守るためにあるシステムというのが建前ですが、多くのケースでは本来提示した価格よりも低い価格で提示があります。

そのため、トレーダーは業者からの提示を拒否することもできるのです。

しかし、大きく値動きする瞬間こそ一刻を争うのにこのようにリクルートが発生することは大きなデメリットとしかいえないでしょう。

ですが、今回ご紹介しているこのリクルート、実は海外FX業者ではほとんど発生することはありません。

なぜなら、海外業者のほとんどはNDD方式であり、NDD方式はリクルートが発生する可能性は100%ないのです。

相場が大きく動く大事なときでも、安心して注文を出せる。それが海外FXで、この様な健全な取引体制も海外FXの人気の秘密となっています。

・海外FXには追証がない(0カットシステム)

海外FXではゼロカット制度を採用し、追証がありません。

これは具体的にどういうことかというと、例えばFXで特定の通貨ペアで売買をして予想が外れ逆の方向にトレンドが動いてしまい、大きく損をしてしまったとしましょう。

その時にあまりにも大きな損失の場合、取引口座の資金を飛び越えてマイナスの値になってしまうことも考えられます。

その際に例えば基本的な国内FX会社ならばそれがそのまま借金となってしまい、FXで負けたせいで大きな借金を背負ってしまうことになります。

「FXはリスクがあり借金を背負ってしまう」というイメージが強いのはこのためです。

一方、Fxproを含めた多くの海外FX会社ではゼロカット制度を採用しているためたとえ口座残高がマイナスになってしまったとしてもその数字が0に戻るのみでそれが借金となることはありません。

海外FXでのハイレバトレードでは大きく儲けを出せる分、損失額も大きくなるのですが、たとえ損失したとしてもFXブローカーから借金を負ってしまうことはありません。

このようなリスクをカバーしてくれる制度がある点も海外FXが評価されるポイントということができるでしょう。

追証なしについての詳しい解説記事→

0カットシステムの詳しい解説はコチラ→

・海外FXは取引をはじめるハードルも低い

上で述べた様なクイック口座開設のおかげで、出金時には提出する必要がありますが、特に必要書類がなくても取引可能なおかげで、海外FXではすぐに取引を始める事が可能です。

また国内FXでは比べものにならないほどのハイレバレッジトレードが可能となるため、少ない口座資金でも十分に儲けを出す事が可能となります。

さらに海外FXは最低取引量が低いため、FX初心者の方でも気軽にFXトレードをはじめる事が可能となっています。

いきなり「FX口座に何万円入金しなければ取引出来ません」といわれても困りますよね?海外FXならばそのようなことは無いのでご安心ください。

実は、以前まで海外FXでも取引量は「最低1万通貨から」というのが主流でした。

しかし、最近では初心者でも気軽に始められるように「マイクロ口座」や「低スプレッド口座」など、最少取引量が0.01(1,000通貨)ロットや0.0001ロット(10通貨)といった口座が増えたのです。

仮に0.0001ロットで取引を行なうとするならば、米ドル/円が100円 と考えた場合1,000円分の最低取引単位からの取引が可能となるのです。

また、海外FXが基本的な取引量を「1ロット=○○通貨」といったようにあらわすのに対し、国内FXの場合は「1枚=○○通貨」という風にあらわすので、異なる点に注意しましょう。

また国内FXと違い、取引に規制をしている業者も比較的少ないため、今トレンドで、大きく儲ける可能性のスキャルピングトレードも可能となります。

このように海外FXではどの側面でもってもFX取引を始めるハードルが非常に低くなります。

業者ごとの最低取引通貨量の比較ランキング→

・MT4が標準搭載。世界で一番普及しているトレードツールが使える

MT4(メタトレーダー4)とは元々ロシアのメタクォーツ社によって開発された高機能のプラットフォームですが、

現在では世界中の海外FX企業で最も使われ、ほぼデファクトスタンダードに定着しつつあるほど人気を集めています。

MT4に備わっているEA(Expert Adviser)というストラテジーを使えば、誰でも簡単に自動売買ができるようになっています。

しかし、FXを行なっていれば1度は聞いたことあるであろうMT4ですが、実際に提供している国内業者は少ないといえます。

そのため、国内FX業者を利用している場合「MT4の内容はあまり知らない」という方も多いかもしれません。

逆に、海外FX業者のほとんどはこのMT4をトレーダーに提供しており、海外FX業者を利用するということは「MT4を使用できる」という一つのメリットが生まれるのです。

また、MT4にはEA以外にも、「第三者のシステム開発会社が開発したMT4は不正が起きにくい」「トレード分析機能やチャート機能などの取引ツールがトップレベル」「自分が取引を行ないやすいように表示画面などの設定を柔軟にカスタマイズ可能」と

いったメリットもあるのです。

しかも、iphoneやandroidなどのスマートフォンやタブレットにも対応しているMT4は、これからもっとバージョンアップされていく事が予想されます。

FXの勝率を上げるためには、優秀なプラットフォームを利用することも重要といえるでしょう。

・海外FXは日本でも取引き可能

たまに

「海外FXは海外なのだから日本では取引禁止なのでは?」

という質問を受けることがありますが、そんなことは全然なく、日本でも取引可能です。

またこれも非常に多い質問ですが

「日本の金融ライセンスを取っていない企業で取引して本当にいいの?」

というものも受けますが、それも問題ありません。

むしろ日本のライセンスを取っていない海外企業だからこそ、規制がかからない分、様々な魅力的なサービスを展開できるのです。

もちろん、海外FX業者の中には詐欺業者もいたり、最近は日本金融庁の圧力が強まりつつあるので複数の企業がサービス撤退に追い込まれていたりと、油断を許さない場面もありますが、リスク管理を怠らず、情報をしっかりと確認すれば、海外FXで安全に資産管理することも可能です。

・最先端のプラットフォームが使える

海外FXでは国内FXよりもさらに最先端の取引プラットフォームが使用可能となります。

上で説明したMT4はもちろん海外FX会社でほぼすべてと言っていいほど使用可能となりますが、例えばFxProやAXIORYではロンドンに本拠を置く企業のSpotwareSystemLtdが開発した「cTrader」といったFX取引のための最先端取引プラットフォームが使用可能となります。

まだまだあまりメジャーではありませんが注文・決済の操作性の評価が高く、操作スピードが速いと評価を集めています。

さらに合計60種類を超えるテクニカル指標を使え、市場の元価格がそのまま表示される市場情報が板情報としてリアル反映するなどが情報ツールの多さはMT4よりも勝っている点でしょう。

また概してcTraderを使用した方がMT4よりもスプレッドが狭まるようです。

この様なプラットフォームの充実も海外FXならではと言えるでしょう。

・海外FXはスキャルピング規制もゆるい

スキャルピング取引の超短期売買となります。

指値注文スキャルピングなどのかなり細かい戦略もあります。

しかしこの手法を禁止している業者も多く、特に国内FXでやるとほぼ間違いなく取引違反となり最悪口座凍結となる可能性があります。

ただし海外FXとなると話は別で、スキャルピングについてOKな業者や、むしろそれに特化した様なスペックの口座まで続々と登場しています。

この理由としてはやはり、国内FXと海外FXでの取引方法の違いがあると思います。

上で述べた様に国内FXで主流となっているDD方式ではトレーダーが儲ければ儲けるほど、会社側にとっては損となってしまうため、トレーダーに大きく儲けられては困ってしまうためにこの様にしていると考えられます。

反対に海外FXではトレーダーが儲ければ儲けるほど会社も儲かるという仕組みを取っているので、スキャルピングをしてもらって儲けてもらいたいというスタンスの違いがあります。

この様なことから海外FXではスキャルピング規制もゆるいということができます。

・海外企業でも信託保全はあるところがほとんど

信託保全とは、例えば万が一そのFX会社が倒産してしまった場合でも、ブローカーに預けていた資金がトレーダーの手元に戻ってくる制度です。

日本のFX業者は信託保全は義務なのですが、残念ながら海外企業の場合は決して義務とはなっていません。

これはデメリットとみられがちですが、よくよく調べてみると、義務でもないにもかかわらず信託保全を採用している業者は数多くあります。

安全性はFXブローカーを選択する上で一番重要な点で、信託保全はそれにダイレクトに関わってきますが、この点において海外企業が日本国内企業より劣っていると非難するのは間違っていると言えるでしょう。

まとめ-多くのメリットがある海外FX業者

今回海外FX業者のメリットをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

海外FX業者が提供する多くのメリットの中でも『ハイレバレッジ』や『追証ゼロサービス』は、トレーダーにとって特に有益なサービスといえるでしょう。

国内FX業者では不可能な取引環境を提供することができる、それが、海外FXです。

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座