海外FXで稼ぐならハイレバレッジを活用

スポンサーリンク

海外FXで稼ぐポイント

・ハイレバレッジを利用する

国内FX業者と比較して海外FX口座でのFXトレードの魅力的な取引方法としてまず一番に上がるのは「ハイレバレッジ」でしょう。

さて、レバレッジはFX取引を進めていく中で非常に重要な概念となってきますが、レバレッジとはそもそもなんなのでしょうか?

FXでは取引会社に自分のお金を取引証拠金としてFX口座に預け入れることができるのですが、その証拠金の何倍かの資金で取引をすることができます。

これをレバレッジと言います。例えば10万円証拠金を預けいれてレバレッジが400倍だとしたならば4000万円の取引ができることになります。

このようなトレード方法において、もちろん取引額が多ければ多いほどリスクは大きくなるのですが、その分大きなチャンスにもなります。

このレバレッジが日本国内FX業者だとせいぜい25倍程度でレバレッジ規制がかかってしまうのですが、海外FXだと先ほど述べた400倍くらいが相場で、中には最大レバレッジ1000倍などの国内業者が真似できないようなハイレバレッジを提供する業者もあるほどです。

すごい金利ですね。

取引資金が少なくても、短期戦略で儲けたい方にはハイレバ取引は見逃せない特徴です。

・追証なし

さらに海外FX会社のもう一つの魅力として追証なしということが挙げられます。

定義的には委託証拠金率が最低保証金維持率を下回った時に追加で保証金をFX口座に預け入れなければならないことを指し、0カットシステムとしばしば同じように使われる言葉です。

ゼロカット制度(追証カット制度)とは、為替の急激な変化に対してFX業者の強制ロスカットが間に合わず、損失分を顧客に請求することを避ける仕組み、FXサービスで、通常の損切りでは間に合わないケースではこのようになります。

普通のFXならばどのような大損害をしても投資金がマイナスになってしまうことはないのですが、この仕組みがないせいで借金をしてしまうケースもあり得てしまうのです。

これもFXトレーダーにとってリスク管理の点においても歓迎される制度となります。

追証がないと安心して取引できるのでストレスも軽減されます。

日本業者では追証があるところが多いのですが、反対に海外FX業者はゼロカットシステムを採用していて、FXトレーダーが安心してトレードに集中できます。

FXで稼ぐには?

・知識をつけてコツコツやる

FXトレードと聞いて「ギャンブル好きだから始めようか」と思う方もいるかもしれません。しかし残念ながら、ギャンブル的な感覚でやりたい人にはオススメできません。

例えば最大レバレッジで全金額をそこにかけるなどのやり方をしていてはFXで勝つことはほぼ不可能でしょう。

FXはむしろ「運」よりも情報収集をしてそれを分析する能力が重要になってくるからです。

上に述べたように明確な戦略を持ってリスク管理をし、目的を持って、メンタルがあってようやく勝てるトレーダー、個人投資家となれるのです。

そのようなメンタルを身につけるにはやはり知識を身につけていくのが遠回りに見えて近道でと言えます。

スプレッドの狭さ、約定スピード、スキャルピング取引、FX自動売買トレードなどの取引システム、人をベースにしないECN口座、手数料無料、入金方法、出金方法、対応銀行口座、金融ライセンスを保有しているかどうか、信託保全をしているかどうか、日本語口座開設サポートや入金ボーナスキャンペーンなどこれらの基本的な定義をまず学習しましょう。

そしてどのようにそれぞれが関係してくるのかを自分なりに考え、デモトレードなどで積極的に試してみるなどの実験は知識をものにするために効果的なので是非試してみてください。

経験値を上げていくにはトレードの記録をつけるをつけていくことも効果的です。

トレードの記録をしっかりとつけることも大切なことです。

どの通貨ペアでどの会社でどのFX口座でどの程度の取引を何回して勝敗はどうだったのか、そしてどのくらいの勝ちや敗けだったのかを細く記していきます。

これは資金管理をすることにも繋がってきます。

そのようにトレードの記録をつけ、FX計算機などを使いチャートの比較分析をすることによって、自分の癖が見えてきて、どのようにいつも負けているのか、どのように勝っているのか、そのパターンが見えてきます。

このような地道な取り組みが血となり、肉となり、のちのFXに効いてくるのです。

両建てで稼ぐ方法

さてFXには両建てというトレード手法があります。

これは上に述べた海外FXの2大特徴であるハイレバレッジと0カットシステムを応用したトレードシステムになります。

具体的なやり方を以下で述べていきます。

・口座を2つ用意

両建てではロングポジション(買い)とショートポジション(売り)の講座をそれぞれ用意します。

FX通貨ペアはドル円、ユーロドルなど基本的なものでも構いません。

・両建てする

両建てを注文する際、入金額はどちらも同じ額で構いません。

どちらに動いても利益を獲得できるようにするためです。

これが両建てというFX手法の特徴となります。

もちろん微妙に異なる額をポジション取りすることもできますが、もしどちらかに動くのが確信できるなら普通にFX取引をした方がいいかもしれません。

・片方は利益確定

どちらにもハイレバレッジでポジションしているので、必ずどちらかの口座は勝つことになり、片方は必ず利益確定になります。

・もう片方はマイナスになっても追証なし

そしてこれも当然ですが、片方の取引口座は敗けるので、証拠金維持率が維持できなくなりマイナスになりますが、追証なしなので、どれだけ損をしても借金になることはありません。
つまり下は上限があるにもかかわらず、上はハイレバレッジでどこまででも伸びていくので、損益通算してプラスになるというのが、両建てのカラクリとなります。

・変動幅が小さいと損失が上回る

しかし例えば、思ったより利益の動きが少なく、片方の口座がロスカットにならないという場合においては損得が差し引き0さらにスプレッド、手数料合わせるとマイナスにさえなる可能性があります。

さらに中途半端な動き方をして片方の口座がロスカットになるギリギリのラインを下回るような値動きをした場合、ロスカットで0になってしまうので、大損をしてしまうことになります。

このような理由から変動幅が小さいと損失が上回るので、あらかじめアメリカ雇用統計などの重要経済指標や窓が開く市場オープンを調べて、そこを狙って目標利益を立てて両建てするのが効果的でしょう。

両建ては目標pipsを立て,ロスカット水準などをしっかりと調べ、目標利幅を計算し、戦略的にすれば効果的に儲けることができる投資手法ですが、必ず儲かる必勝法ではないことに注意しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

海外FXの最大の魅力であるハイレバレッジは短期間で稼ぐのに非常に効果的です。

そしてそのリスクをカバーしてくれるゼロカット制度も非常にトレーダーにとってはありがたい制度で、そのおかげでそれを利用した両建てという手法もできます。

しかし、それでもやはりリスク管理はしっかりとしなくてはならず、様々なFXに関する知識がいざという時に必要になってきます。

FXで稼ぐには経験と日々の勉強が必要です。

近道しようとせずコツコツと進めていきましょう。

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座