海外FXのECN口座は取引に慣れている人向け

ほとんどの海外FX業者は、NDD方式(ディーリングディスク)による透明性の高い取引を行なう事が可能となっています。

しかし、同じNDD方式でもFXトレーダーは口座開設時に、『標準口座(STP口座)』と『ECN口座』のどちらかを選択する必要が出てきます。

中には「標準でいいや」と何も考えずに選ぶ人もいらっしゃいますが、ECN口座には様々なメリットがありますので、内容を把握せずにFX口座を選択しているということは知らぬまに「損」をしている可能性もあるのです。

そこでこの記事では、ECN口座の情報について徹底開設していきます。

スポンサーリンク

・取引方法の概要

ECN口座とは、「Electronic Communications Network(エレクトロニック・コミュニケーションズ・ネットワーク)」の略であり、和訳すれば「電子取引所取引」と訳されます。

ECN口座は、その名の通り全ての取引をインターネット上で済ます取引方式です。

そのため、物理的な取引所は存在しません。

・ECN口座はオークション形式

ECN口座とは、FX業者が取引の場所を提供し、参加者(銀行や海外ブローカー、個人トレーダーなど)がその場所で注文を出し合うこととなります。

また、各注文状況は板情報として参加者は確認しながらFX取引を行なう事が可能であり、自分が納得いった価格で注文を出し、でお互いがその価格で合意すれば売買が約定となります。

ECN方式は日本の株式投資と同様のシステムなので、株式投資の知識がある方はそちらをイメージして頂ければ分かりやすいでしょう。

この取引方式は完全に参加者同士で行なうため、海外FXブローカーが基本的に介入する事がなく透明性が非常に高い事が特徴的です。

海外FX業者も取引手数料として利益を得るので、お互いがWinWinの関係となる取引方式となっています。

・ECN口座のメリット

ECN口座には様々なメリットが存在します。

最適な口座選びを行なうためもどのようなメリットがあるかを知っておきましょう。

① 板情報がわかる

ECN口座は、板情報と気配値を見ながら取引を行なう事が可能です。

「○○円で買いたい人が△△人いる」といったように「各レートの注文量」や「カバー先の取引内容」を確認しながらFXトレードを行うことができます。

また、板情報がわかるということは、「情報が明確なため透明性が高い」「買い注文の量と売り注文の量を見ることによって、今後の値動きを予測できる」などといったメリットがあります。

買い注文が多ければ「レートが上昇しそう」、売り注文が多ければ「レートが下降しそう」といった具合に予測する事が可能です。

勿論、板情報をそのまま鵜呑みにすることは危険ですが、情報が増えることは取引を行なっていく上で大変貴重となります。

② スプレッドが狭い

ECN口座はスプレッドが狭いです。また、取引手数料を加味したとしてもSTP口座よりも安くなるケースがほとんどです。

ECN口座の手数料が安い理由としまして、インターバンクのそのままの価格で取引が行なえるというという事が第一の理由といえるでしょう。

最小スプレッドは0.0pips~という業者もありますので、かなり狭い事が分かります。

短期売買を好むトレーダーの方にとってECN口座は、特に有利な口座といえるでしょう。

③ スリッページがない

そもそもスリッページとは、為替相場の変動等によりトレーダーが注文した価格と、実際に約定した価格にかい離が生じる現象です。

しかしECN口座の場合、参加者同士で直接売買を行ない決済するため、スリッページが起きる事がありません。

そのため、ECN口座では自分が求めている価格で売買を行なう事が可能となっているのです。

④ リクオートなし

リクオートは、トレーダーが出した希望の価格での注文を業者側が拒否し、新たに業者が価格を提示してくることをいいます。

また、その場合ほとんどのケースで業者は元値よりも悪い数字を提示してくるため、当然ながらリクオートは発生しないほうが好ましいです。
ですが、スリッページと同様ECN口座ならば、リクオートも発生することはありません。

理由も同様、参加者同士で売買し業者が介入する事がないからです。

そのためECN口座なら、「スリッページ」や「リクオート」といった想定外の事が発生しないトレードを行なう事ができます。

このように、沢山のメリットがあるECN口座。

ここだけを見てみるとメリット一辺倒な口座のように見えますが、当然ながらデメリットも存在します。

では、どのようなデメリットがECN口座にはあるのでしょうか?

スポンサーリンク

・ECN口座のデメリット

① 取引手数料が有料

通常FX業者は取引手数料がかかりません。その代わりにスプレッドとして利益を徴収しており、そのためレートはスプレッドが上乗せされたものが提示されます。

しかし、ECN口座の場合取引ごとに手数料が発生します。

その分スプレッドはかなり狭くなっていますが、取引を行なう場合は手数料を含めた実質のスプレッドがどれほどなのかを把握した上で取引を行なわなくてはいけません。

基本的に、ECN口座は取引コストを加味したとしても標準口座(STP口座)と比較すると平均スプレッドは狭くなるよう設定されています。

しかし、絶対ではないので注意が必要です。

② 最低取引通貨量が大きい

ECN口座の最低取引通貨量は基本的に高めに設定されており、中には「10,000通貨」に設定されている業者もあります。

そのため、少額でコツコツ取引を行なう方や海外FX初心者の方には不向きな口座といえるでしょう。

・ECN口座が向いている人

では、一体どのような方にECN口座は向いているのでしょうか?

『ECN口座が向いている人』

① 取引通貨量が多い人

ECN方式はSTP方式と違い、ブローカーが注文をマッチングするわけではありません。

そのため、どんな大口取引でも歓迎されるのです。100万通貨以上の取引も問題なく行なえます。

しかもECN方式ならば、取引通貨量の大きいスキャルピングなども可能なのです。

② スキャルピングする人

ECN取引は、取引手数料を含めてもスプレッドは狭いといえます。

ですので、スキャルピングを行なう方にとっては非常にメリットの大きい口座なのです。

しかも、前述の通りハイレバスキャルピングを行なうことも可能であり、EA(自動売買ソフト)を利用したスキャルピングもどんどん取引できます。

・取引量が多い業者の方が有利

ECN口座は、取引量によって約定力が左右されます。

取引量が多ければ多いほど流動性が高くなり、注文がマッチングする可能性や約定スピードも上がります。

しかし、逆に取引量が少なければ理論上はいつまでも注文のマッチングは行なわれません。

勿論、そのようなケースは稀でありほとんど起きることはありませんが、ECN口座を開設するならば、口座開設数が多い海外FX業者の方がおすすめとなります。

・経済指標発表時にはECN口座が有利

STP取引口座を利用している場合、経済指標発表時にはスプレッドが広がり、スリッページが発生してしまう恐れがあります。

ですが、ECN取引口座ならばスリッページが発生する心配がないので、気にせず取引を行なう事が可能であり、しかも経済指標時には取引量も増すので流動性も高まります。

そのため、約定力もグッと上がりどんどん有利に取引できるようになるのです。

・上級者にはメリットの多いECN口座

ECN口座は、スプレッドの狭さやスリッページやリクオート無しなど非常にメリットの多い取引口座です。

最低取引量が大きいのであまり初心者には向かない口座ですが、取引に慣れている方には非常におすすめの口座となっています。

また、業者が全く介入しないので透明性が高い取引を行なう事が可能です。

ほとんどがDD方式を採用している国内FX業者には不可能なメリットを、海外FX業者は私達トレーダーに提供してくれるのです。

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座